スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話1234・・・で最終回    人々よ腹をくくって霊止(ヒト)となれ

2014-11-30 Sun : 神語録 
今の人はわざと幸せにならないように努力している。
私は幸せになるように努力してきた。  
                        水木しげる

いざ子ども 狂(たわ)わざなせそ 天地の固めし国そ 大和島根は
(さあ君たち。愚劣な行為をしてはいけない。天津神、国津神が固めた国だ、この日本は。)
                        藤原仲麻呂      

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて
「長谷本」の転書も昨日で終わりましたので本日を以って、しばらく休みます。

当ブログに転書していた「長谷本」の内容は、リンク先 『ミロクの世という21世紀の新しいゲームを遊ぶ人間学』 に最初の文面から掲載していますので、引き続き読まれる方はそちらの方をご覧ください。


2014年(二重14年)=1414の年の最終コーナーで来年の鬼が笑う話(^鬼^)。
2014年の12月は地球新時代の正月だ?? という説があるとかないとか。
いずれにしても、来年はイヨイヨ、霊止(ヒト)となる決意をすべき覚悟の年になるのかも知れません。
皆様もお気づきのように、自然現象、金融経済、エネルギー問題、国際関係、はやり病、そしてスピリチャル等々・・・人類が体験すべく、あらゆる目覚めの為の混沌が更に深まっていく気配を感じます。

しかし、三次元の中には、ヒントやキッカケはあっても「答えはない」のでしょうね。
自己(心臓)との対話がますます必要になる大切な時期です。
「目には見えぬが動くなり」でしょうか。
「ワクワクドキドキの時来たる」です。

ある時、丑寅(^艮^)の方向から飛んで来た紙(^神^)に、気になる詩が書いてありましたので記しておきます。
「火の元」の息吹(この方は火であるぞ)を感じる内容です。 
火の用~心(^人^)。

 総ての釜の蓋が開く 連なる 連なる釜の蓋
 ブクブク ブクブク動き出す コロコロ コロコロ廻り出す
 八州連山火が噴いて 外の壕から波が立つ 内の壕から泡が浮く
 光の魂が雲間から 光の魂が波間から 光の魂が岩間から
 グルグル グルグル光り出す 
 く―るぞ く―るぞ その時が き―たぞ き―たぞ この時が 
 人々よ 人となれ 「霊止となれ」 腹をくくって霊止となれ

                      詠み人知らず




「時は過ぎ、穏やかなりし時のぞむ」
永い間ご訪問頂きありがとうございました。

最後に 
  ♪「入っておいで この里に」 を聞きながらお別れです。
 
                         愚喇叭


スポンサーサイト

元つ話1233     おわりに

2014-11-29 Sat : 長谷章宏語録 
おわりに


あなたは、この本を読んでどう思っただろうか。どんな反応をしただろうか。あなたがこの本を読んで体験したことは、あなたが持っている観念、価値観が産み出したものである。

あなたがどんな現実を体験しようとも、すべては、あなたの作り出した現実であり、あなたがあなたに体験させている、自業自得、自縄自縛、自作自演の物語である。その物語が天国ではないならば、それは、あなたの生き様が天国を創り出す方法ではない証拠である。今までも含めて、あなたの創り出す現実は、すべて自己選択、自己責任の結果なのである。

あなたが本当に自由になりたいならば、本当のあなたを縛っているもう一人のあなた(実は、今のあなた)と真剣に対話をし、あなたの生き様を直していくことが不可欠となる。そして、本当のあなたの本心を、自らの責任で、一言違わず実行に移すことが必要である。

あなたは、死んでも死なず、時空を超えて存在している。何が起きようとも、本当のあなたが言うことだけを忠実に実行することが、真釣り戻しであり、本当の天国への道である。

あなたの人生で生じる疑問についての唯一の正解は、あなたが出した答えである。それが誰かの意見であったとしても、あなたがそれに同意した限りにおいて、それはあなたの答えである。あなたの人生は、あなたが選択した現実の集合体であり、あなたが望んでいる現実が実現しないと思うならば、その現実を創り出す大元の源を見直してみることである。

あなたがどんな体験をしようとも、『自分が体験した(出会った)現実(見たもの)は本当なのか』という問いへの唯一の答えは、『他はどうでも、自分は今どう思うのか』である。『いいのかどうか』に対する唯一の答えは、『自分はどうなのか』である。あなたは、誰に許可を求める必要もなく、あなたが出したその正解に基づいて、あなた自身の道を歩いていけばよい。ただし、今あなたがいるのは、天国が実現しない、嘘に基づいた世界である。

あなたは今この瞬間まで、何千年もの間、嘘の真実が作り出した幻想の世界で眠っていたのである。そして、いよいよ、今までずっとあなたが待ち望んでいた本当の故郷に帰る(本当の天国に戻る)冒険に旅立つ夜明けの朝が来た。今この瞬間が本当の目覚めの時である。

あなたが本当に真剣に取り組むなら、この本はあなたが今までに出会った最高の書物となるだろう。この本を最大限に活用して、今までのあなたの人生を本当に正直に振り返り、直すべきところがあれば素直に直して、あなたが本当に望んでいる現実を手にして欲しい。

この本をどう扱うかはあなたの自由である。しかし、この本は、あなたの永遠の生死を左右する事実を書いたものである。あなた自身のために、ひいては、日本のため、世界のため、そして、万象万物のために、あなたの永遠の生死を決める最初で最後の大峠に心して望んでもらいたい。あなたが天命を果たしてミロクに戻れることを著者は切に願っている。

                           長谷章宏

元つ話1232  結果はすべて仕組み通りにあなたが体験する

2014-11-28 Fri : 長谷章宏語録 
あなたが真釣りを外さなければ、「情けと花の仕組み」は発動することはなく、何の苦も痛みもなく、嬉し楽しのミロクの幕があがったのである。すべてのすべては、あなたの真釣り外しから始まっていることを絶対に忘れないことである。大神様の真心が本当の親心であり、あなたが大神様の本当の親心をハラに入れて真コトに戻ることが、大神様の真コトに応える唯一の道なのである。天地の理法を外した我が子が自ら真コトに戻ってくれることを願い続けた、『何の罪もない』大神様が、文句一つ言わず、すべての罪を被って、闇の闇の闇に黙って封印されてきたからこそ、ミロクの道が開けたのである。何の罪もない存在が文句一つ言わないどころか、一柱でも多く永遠の天国に戻って欲しいという、言うなれば、究極のお人よしの心で、すべての冤罪を背負ってきたのである。あなたが、大神様の御心を心底からわかったならば、『自分は何も悪いことはしていないのに』とは、口が裂けても言ってはならないのである。あなたが、万象万物からの冤罪を黙って被るつもりがあるならば、大神様があなたを守護し、真釣りの真コトの型と成して、真コトの御用に使ってくれる。何があっても起こっても辛抱肝心である。日本人が、黙って耐える心を持っているのは、真コトの神民だからなのである。何があろうとも、本当の真コトの神民に戻る本当の真コトの神道を耐えに耐えて辛抱してただひたすらに歩いていけば、世界に真コトを見せる御用しながら「真コトの天命」を果たし、あなたは必ずミロクに戻ることができる。歓喜弥栄の永遠の天国、真釣りのミロクに戻れるかどうかは、あなた次第である。

以上があなたについての事実である。これをどう扱うかは、あなたが決めればよい。その結果は、すべて仕組み通りにあなたが体験する。本当の天国が訪れた時、あなたがそこにいるかどうかは、今ここでのあなたの選択で決まる。この本や著者を否定することは簡単である。理想論や空想、絵空事として片付けることもできる。著者の単なる理屈だと言うのも自由である。好きにすればよい。しかし、それは天地の掟に反する行為そのものであり、これを否定することは、本当の滅びの道への入口である。自業自得であるから、本来ならば、教える義務はない。この本に何が書かれているのか、あなたに何を知らせているのか、あなたがそのたった一つの要点を見落とせば、本当の命取りになることだけは肝に銘じておいて欲しい。この先も、そのまま同じことを続けるならば、あなたは永遠に滅ぶ。

この本に書かれたことは、今のあなたが何と言おうとも、すべて紛れもない事実である。

                            ナムウ

元つ話1231 大神様が鬼となったのは至誠至愛のゆえである

2014-11-27 Thu : 長谷章宏語録 
元つ真釣りの大神様は、真釣りそのものであり、苦(悪)の響きは一切ない。三千世界は真釣りのみであるから、本来ならば、魔釣りの響きはありえない。従って、もし大神様の真コトの情けがなかったならば、真釣り戻しの仕組みは作られることはなく、現代社会(神仏も含めた人類史)も、この本も、存在することはなかったのである。つまり、今のあなたにとっては、大神様の情けがなければ、万古末代ミロクの花は咲くことはなかったということである。あなたがどんなに絶えがたい屈辱を味わったとしても、それは、あなたの真釣り外しのゆえであり、あなたにそのことを知らせるための大神様の情けであることを肝に銘じておいて欲しい。大神様が鬼となったのは、至誠至愛のゆえであり、今のあなたが存在するのは、大神様の本当の親心、我が子を思う真コトの情けのお陰であることを、最初で最後の大祓いに望むにあたってシッカリとハラに納めておくことが大切である。大神様と同じ心で生きることが本当の意味での「神への祈り(意乗り)」、真の神人合一へのただ一つの道であり、人類が望んでいた「永遠の天国」への唯一のパスポートなのである。

真釣りそのものである大神様は、真釣り外した我が子を真釣りのミロクに戻すために、背負わなくてもよい艱難辛苦を自ら背負って、「情けと花の仕組み」を構えてくれたのだという事実を、例え死んでも、絶対に、決して、忘れないで欲しい。本来ならば背負う必要のない、生きとし生けるものすべての苦をご一柱で背負われて、一柱でも多くの身魂がミロクに戻ってくれることを心底から願って、艱難辛苦の裏舞台で支えてくれた大神。真釣りの始めは神であり、万象万物は真釣りそのものであり、すべてが神なるがゆえである。善も悪も大神自らの愛し子であるがゆえの真コトの親心の顕現なのである。「悪くなくても殺される」のが、今の世である。理不尽なことかもしれないが、それが、情けと花の仕組みの中で起こる現実なのである。『何で自分がこんな苦しみを・・・』と言い続け、自らの楽ばかりを追いかける今のあなたにとっては、到底、承服しがたい事実かもしれない。しかし、「何の罪もない」と思っても、決してそれを口にしないことが、ミロクへの鍵なのである。

                             ナムウ

元つ話1230 手を変え品を変え 同じことが繰り返し書かれている

2014-11-26 Wed : 長谷章宏語録 
この本に書かれていることは、すべて事実である。あなたが今生きている世界の裏舞台を明かしたものである。あなたが心の深奥に封印していた事実でもある。今のあなたから見れば、後ろの正面であり、存在しない世界であるから、今はどうにでも否定することができる。しかし、魔釣り世が続くように見えるのは、最後の仕上げの大掃除の舞台づくりをしているからである。今の世がこれからも続くと思って、真コトを捨てていい加減なことをしていると、あなた自身が、残念無念では済まない本当に大変なことになるということをわかっておくことである。これが真実でないならば、もうどこを探そうとも真実はない。

この本に書かれているのは、一つ残らず、すべてのすべてが、あなたについての話である。元つ真釣りを完全に闇に葬って、アヤマ知の世界で快楽やお金を追いかけて右往左往している今のあなたに、三千世界を統べ真釣る真コトを持つ神であることの自覚を促すために、今のあなたにでもわかる表現で、手を変え品を変え、同じことが繰り返し書かれているのである。『自分には関係のない他人事か神事の話だ』などと軽く考えたら、あなたは天国からその場で落ちる。本当の天国に帰る機会を永遠に失うことになる。あなたがこの本の事実を、すべて、心底から、完全に認めない限り、あなたは「永遠の滅び」の時を迎えることになる。

                            ナムウ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。