スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトとケモノの分れ

2010-04-28 Wed : お知らせ 
         新時代のヒトへの進化
   ≪1414 ヒトとケモノの人員整理の始まりか?≫

新しい時代を迎える準備(あと数年で5次元世界へ移行)の為に、いよいよ、色んなことが生じ始めていますので情報としてお伝えする時期が来たかと思い、下記の内容を箇条書きで簡潔に要点だけを記しました。

皆さんお気づきのように、更に大きく外の現象が変化してきています。今年からです。
これからは気候変動、天変地異、経済、政治、国際問題、事故、事件、病気等々予期せぬできごとがニュースでも追いつけない程にどんどん発生していくでしょう。これも人類の「メグリの清算」の為です。

  <以下は宗教ではありませんが、適当な言葉がありませんので・・・>
・今回の「生」は、今まで(過去3000年)の輪廻転生での最後の最終転生です。
・自分の肉体は「ヌイグルミ」であり、それぞれのメグリ(カルマ)を解消する目的で、神様から貸し出されたレンタルボディーです。(新時代には半霊半物のボディーになります)
・人間はこのレンタルボディーを使って地上で各自のメグリを解消する使命があります。
 ① 神からのレンタルだから勝手に殺人や自殺をした場合は地獄が待っています。
   辛くても最後までやりぬく事です。
 ② 各自それぞれにピッタリ合ったメグリ解消のための肉体を持って生まれてきています。
 ③ 家族構成も必然的にその為の組み合わせです。
・メグリが無ければ肉体をもって生まれることはありません。必然的に生を受けているのです。
・外に現れる現象は自分のメグリを知らせるための「鏡」です。つまり自分の姿です。(自分が外を創っている)
・メグリは今世だけのことではありません。過去世で自分がやってきたことも混在しています。
・今回は最終転生ですから、やり直しは効きません。メグリを解消しなければ本当の消滅です。
 (今までは何度も輪廻転生という執行猶予で実刑は免れてきましたが、今回は最後=最終判決になります。)
・今世でメグリ解消出来なければ、死んでも続きます。死んでからの修行は肉体がある時よりキビシイでしょう。肉体がある内にメグリを外しておくことです。
・「苦」を感じるということはメグリの知らせです。文句(苦情等)を言わず、耐えることです。
 (「苦」あれば感謝、負けるが勝ち、損するが得、「ムッ」としたら感謝)
・「ココロが体になる時代」となります。嘘は通用しなくなります。(嘘は存在できない。)
・ヒノモトの民には本来特別な使命があることを、殆どの日本のヒノモトの民は忘れ去っている。
・今までの宗教に囚われていると、「ケモノ道」に迷い込んでしまいますからご注意ください。


今回は、天と地で動いています。しかし、他力で簡単にアセンションできる人間は少ないでしょう。
意識の転換が必要です。

ということで、しばらく一部の「長谷本」の転写に取り掛かっていますので下記ブログもご覧下さい。
<メグリ解消のノウハウを記しています。>

「ミロクという21世紀の新しいゲームを遊ぶ人間学」      http://wolflow4403.blog3.fc2.com/

 (追記)
※闇の世界では人間の「恐怖」を食い物にする世界支配の動きが最終段階に入っているようですね。
※西暦には隠された意味が含まれ、14年の差があるとの情報があります。この情報に基づくと今年2010年は1996年ということになります。(ノストラダムスの予言が思いだされます。)

スポンサーサイト

戦争反対の方程式

2010-03-07 Sun : お知らせ 
人類は平和を望んでいるのに、いつまでたっても無くならない戦争。なぜ?
結論からいえば、今の人類がアベコベの世界を創って、心の中で無意識に戦争を引き寄せているからです。
戦い、経済戦争、宗教戦争、権力闘争、出世争い、土地、金、地位、人種、物、環境(水、空気、汚染)等々ありとあらゆるものに善悪戦争の対立を創っています。

自分の外側にある過酷な現実・・・外にあるものは自分の内の鏡です。
外は自分の映し彼我身(鏡)、彼我身の我を内に入れると外は彼身(カミ、神)、カミが自分の姿を外に映して見せてくれているのです。従って、外の争いは自分の内の心の現れということです。
今までの思考では理解できにくいかも知れませんが、これを方程式に例えると

≪戦争反対の方程式≫
(外の現れ) X   (戦争反対運動=内なる戦争=葛藤)
  戦争   X   戦争反対運動 0  =戦争無意味の方向、次第に調和に向かう
  戦争   X   戦争反対運動 1  =1つの戦争発生
  戦争   X   戦争反対運動 2  =2つの戦争発生
             ↓ 
  戦争   X   戦争反対運動100 =100の戦争発生
             ↓
  戦争   X   戦争反対運動 ∞  = ∞に、永遠に戦争が発生

戦争に反対する運動をすればするほど戦争が広がる作用が働くことになります。心の中に葛藤をもって戦争反対の運動をしても想念のエネルギーがアチコチに争いの火種を創るだけです。
つまり、<戦争と戦争している戦争反対運動>という構図ができあがります。

もともと調和であった世界に、人類はエゴ社会を創り上げ、エゴから「善悪2元の世界」を当り前として競争原理が出来上がり、その連鎖で現在の地球の末期的現象を生み出してしまいました。


  真のヒトになるための生き方(上)長谷章宏著より(P80~82)
このフミは、この方のお子であるそなたら全員に宛てた、そなたらの身魂を産み産んだ大元の親神からの、神から人まですべての世界、神幽現、三千世界を産み生んだ元つ真釣りの真コトの大神からの、最後の最後の真コトの助け舟、本当の本当にこれが最後の、真コトを出してアヤマチ解く、真コトを伝える真コトのオフレ紙でござるから、ここに書いてあることを真コト素直にハイハイと聴いてくだされよ。

魔釣りの魔コトの神と申しても、悪魔ではござらんぞ。今のままではそなたらが消えてしまうから、身魂のイノチが無くなるから、ミロクの世に生き返ることは出来んから、そなたらが楽に走って調和を乱し、自らも人も滅びる道に居ることを教えるために、楽に走ったそなたらに苦を与え、内にある悪を表に見せて、一人でも多くの者が、自ら気づいて真コトに改心してくれることを願って、今の今も、叩かれても蹴られても否定されても消されても、何と言われようとも、自ら悪者となりて、自ら悪魔となりて、何も文句を申さずに、真コト黙ってご苦労されて居る、この方が産み生んだ尊き神々様でござるのぞ。そなたらは何も知らんから、何でもかんでも自らを悪くするものは悪だと思っているから、真コトの神々様を悪魔じゃ等と申すことになるのでござるぞ。外が悪くなるのはそなたらの魔釣りが原因でござるのぞ。そなたらの、善悪分ける心のせいでござる。そなたら自身が悪魔を産む悪の根源でござるのぞ。そなたらが申す悪魔はマコトは天使でござるぞ。

そうとは知らぬそなたらは、魔釣りに釣られたそなたらは、元つ真釣りの何たるかをキレイサッパリと忘れ、外に見える苦を避けて、厄を祓って不幸を避けて、悪を裁いて封じ込め、怖いものには蓋をして、見て見ぬふりを決め込んで、我は悪いことはしておらん等と申して、それが魔釣りの証とも知らず、一向に改心の気配なし、それどころか、悪が自らの内にあるとも気づかず、善人を気取って、平気で悪を責め、悪を排除し、悪を避け、少しでも早く苦から逃れんと、苦労をせずに楽に成ろうと、アレコレと策略を巡らして、楽なもの便利なものへと進み行き、ますます悪の世を進めるばかりでござる。今今の世には、悪を潰して善を創れる、戦争を批判して平和を創れると思っている大タワケ者ばかりがウヨウヨしておるぞ。真コトを知らぬ大アホばかりでござるから、悪を裁くが善である等と申す者のタワケタ教えに見事に騙され踊らされ、人も自分も世界も消えて行く魔釣りの世をどんどん進めることになるのじゃ。そなたに悪を語るその者自身、真釣りを外した身魂でござるのぞ。自らも滅びる教えを説いて居るとは露とも知らず、自らが正しいと思い込んでそなたに善を語り居る、何も知らない大タワケ者でござるのぞ。そなたがその者について行けばそなたも同じでござるぞ。そなたが真釣りに居れば、そのようなタワケタた戯れ言は、笑い飛ばして無視出来るのでござるぞ。

そなたが外の者に騙されるのはそなたの魔釣りのせいでござるぞ。そなたがどうなろうとそれはそなたのしたことでござる。誰のせいでもござらんぞ。人に責任を押し付けるそなたは、自らの無知をさらけ出して居るのでござるぞ。神成る調和の身魂としては、何とも恥ずかしきことよのう。



争いをやりたい人間には疲れ果てるまで(心いくまで)やらせておけばいいのです。
いずれ疲れ果てて気づく時が来るでしょう。ホットケ・・・とはいっても・・・
宇宙を創った創造主は今回の人類のテストの時間制限(3000年)を決めていたものですから、いよいよ制限時間の合図(ご自分で感じているハズ)が鳴っています。
合格者は人数制限なし、落第者は自動的に自分で決めるシステムです。


そなたらの魔釣りが創りだした相対二元の善悪で闘っても、何も答えは出んぞ。そなたらは、元の元をわかっておらんから、どんなに議論しようと何も解結いたさん。これから始まる闘いは元つ真釣りと中つ魔釣りの闘いぞ。元と中の闘いぞ。ハラとアタマの闘いぞ。中つ魔釣りの神々は、元つ真釣りののこの方が産み生んだ神々でござるのぞ。元つ最後の一厘を、綺麗サッパリ忘れて居るから、今今の混乱の世を創りだして居るのでござろうが、最後の最後はどちらが勝つのかは明白でござるぞ。いい加減にアタマを下げてこの方の申す通りに素直になさるが宜しかろう。最後の最後で気づいても、もう取り返しが付かんから、そなたらが、何も見えんから信じられんと申して居る今今から、こうしてしつこくうるさく厳しく申して居るのでござるぞ。真コトの親心を分かって下されよ。


いずれ戦争好きの人類に、神々が「最初で最後のハラとアタマの闘い」を見せてくれるそうです。

人間は心の赴かないままにガンバッテ・・・マジメに戦争して・・・何やってんの?
そうか、アベコベがしたいんだ。
・・・・・

「蛍の光」のメロディーが流れ続けています。・・・時代が分かりますね。
『外のことはもういい(もう無理だ)から、「自分の心の掃除だけ」をしなさい。』・・・と元つ神はシツコク言っておられます。



・・・ということは、経済戦争の反対運動はしないから、経済は衰退していくのかな???
ンー? チョット違うか。
でも試しに「経済戦争ハンターイ」なんて一度試してみてはいかがでしょう。経済が良くなるかも・・・。



<追記>
      真のヒトになるための生き方(下)長谷章宏著より(P10)
そなたの問題は、そなたの悩みは、そなたの課題は、そなたの葛藤は、そなたの疑問は、そなたの洗濯は、そなた自身のことであるから、人に聞いても何も解結致さんぞ。この方の申すことを聞いて、素直に実行致すことだけが、そなた自身がしてきた魔釣りを真釣りに戻す方法ぞ。すべてのすべてを明かしてあるから、そなたが分かるようにおいしいところだけを教えてあるから、何をしたらよいかを語ってあるから、自らのすべきことをこのフミ読んで考えよ。そなたが自分で考えよ。すべきことはないのではないかと申す者、そなたは真コトが分かっておるか。真釣りがそなたのすべきことでござるのぞ。魔釣りの世でそなたがすべきことは真釣りでござるぞ。真釣りに生きておれば、すべきことはないのぞ。真釣りが当り前でござるから、何をしたらよいかと申す問いはいらんからな。


啓示板(身魂のそうじ)

2010-02-28 Sun : お知らせ 
        元つ神からの啓示板 その1(身魂のそうじ)

 これから語ることは、そなたら人間として生まれている者一人残らず全員に伝えておくべき大切な大切なことでござるぞ。そなたらのこれからの永遠のイノチに係わる、そなたの魂(肉体ではないぞ)の生死を決める重大事でござるよ。今までのように、このフミの表面だけを見て「自分とは係わりない神事である」などと、早合点していい加減に扱っていると、それこそ取り返しがつかなくなるから、そのつもりで読むことぞ。今度ばかりは今までとは違うのぞ。非常に大事なことであるから、もう後がないから、聞く聞かないは別にして、どうあっても人間になっているすべての身魂に伝えねば成らぬことでござる。この方(元つ神)の言うことを聞かず、アタマで着て、アタマで食べて、アタマで住んで平然としている、曇りに曇った今今のそなたらでも分かるように、嫌でもやらざるを得なくなるように、今この時代を生きて、今この時代の中でこの方の言う通りに修行を終えたこの者(著者)を通して、あやま知の世界の人間の為に改めて語るフミであるぞ。「神の真理(神理)」「神の仕組み」「神の計画」「人生のカラクリ」のすべてのすべてを伝えるから耳の穴をよくほじくって、ココロして聞くのぞ。今までの宗教や哲学と同じだと思ったら大間違いであるから、くれぐれも取り違いなさらぬよう、最初に注意しておくぞ。

 そなたは身魂の掃除なくして新しい世の民になることはできないのであるぞ。そなたが掃除をするかしないかでそなたの身魂の永遠の生死が決まるのであるぞ。そなたの身魂が死ねばそなたは永遠に消えるのであるぞ。肉体の生死、財産、地位、名誉、金、信用、世間体云々どころの話ではなくなるのぞ。そんな小さなことにこだわっているとそなたはいなくなるのであるぞ。取り返しのつかないことになるぞ。疑えば疑うほどそなたは死に近づくのであるぞ。新しい世へのプログラムは決まっているのであるぞ。掃除を先に延ばせば延ばすほど厳しくなるのであるぞ。大変になるのであるぞ。最後はすべての人間が掃除を体験することになるのぞ。そなたがたよっている外のものををすべて壊して、いやでも掃除せねばならない状況を創るのであるぞ。今そなたの回りで起きている転変地異や事故や問題はすべてその前兆であるぞ。少しずつ体験させているのであるぞ。今までのやり方で何とかしようとすればますます泥沼にはまるのであるぞ。そなたの今までの見方では怖いことばかりおきるのであるぞ。最後の最後には身魂の掃除ができたかできてないかの身魂改めがあるのであるぞ。そなたの身魂が生まれて以来初めての関所であるぞ。関所の通行手形は「掃除の終わった(神ゴコロに戻った)身魂」であるぞ。今度の今度だけは裏工作もワイロも学問も知識も地位も財産も何も通用しないのであるぞ。すべての者が平等にできることであるぞ。最後の最後に必要なのは「掃除が終了した身魂」だけであるぞ。
                  
                 「西暦2000年ミロクの世が開かれる」 長谷章宏著より


人間のすることは金儲けや環境問題ではありません。
いくら頑張っても人間の力ではどうにもならない時代に入りました。
外の掃除は神にお任せし、人間は「自分の身魂のそうじ」だけを行う事です。各自にそれぞれ必要な課題はどう逃げようとも必然的に与えられます。

新しい世に移行する為の、身魂の掃除の方法は「自分の直感」に沿って行動していくことです。そうすると、必然的にいろいろな事が起きて来ます。
それを他人のせいにしないで、つらいことも辛抱して、自分のメグリ(カルマ)の清算をしていく事がポイントです。

その為の基本として、次の「五つの杖」が挙げられています。
 1、本来「喜び」しか渡されてない 
 2、自分のものは何もない
 3、偶然は無い、全てが必然
 4、中今(今この瞬間)に生きる
 5、非害者はだれもいない
                    
                      「新しい時代を生きる人間学」 長谷章宏著より

「身魂のそうじ」は生きている間に済ましている方が楽なのだそうです。死んでからでは大変キビシイでしょう。


「Kの科学」の宣伝に思う

2010-02-21 Sun : お知らせ 
土曜日、あさの6時半ごろラジオ関西から流れていた宗教団体「Kの科学」の宣伝文句

  「日本の繁栄は絶対に揺るがない」 「日本経済に沈没などあり得ない」
??一体いつの時代の事を語っているのだろうか?・・・違和感を感じた。何か半世紀程前の話みたいだ。
既に文明が切り変わる兆候を示している今、ましてや欲望だらけの今の経済システムなど立て直しても意味がない。
しかも歴史上、人類はデフレを克服した実績は無くデフレの後は戦争の道のりしか辿っていない。
今回の経済不況は神仕組みの現れで「金で金を潰す世」が具現化しているのであり、残念ながら経済の回復は望めない。
Kの科学は一体どの方向を目指しているのだろうか。「プラス思考」を煽る事で会員を増やしたいのだろううか。

実は私も一時、Kの科学の会員でした。
世界統一宗教を目指すという目的の元、モーゼ、キリスト、孔子、マホメッド、天照大神、坂本龍馬・・・・そして教祖は仏陀様、ありとあらゆる世界中の歴史上の人物のそろい踏みでした。
お経よりパワーが有ると言う正心法語「白はキリスト愛の色、赤はモーゼの正義色、黄色は仏陀法の色・・・。」や「大天使ミカエルの元、光の戦士よ集合せよ」なんて檄も飛びました。
それから、愛の発展段階(愛する愛、生かす愛、与える愛、存在の愛だったかな?)の理論なども教えて頂きました。当時はそれなりに勉強になりましたので感謝はしております。

ただ、私はある事をきっかけに退会しました。
殆どの宗教に見られる「善悪教」の「裁き」をKの科学にも感じたからです。
「我のみ高し」です。
Kの科学では「自分の外は鏡」と言うことも教えていた様に思いますが、教義と実際の行動とは異なっていた様です。
「悪い様に見える事」は自分の悪の心が「鏡」として外に現象化し、自分の分離した心を教えてくれているという事を会員の皆さんは理解していたはずです。
でも自分の事となれば棚に上げていたフシが感じられました。
そういえば「悪霊追放祈願」というのもありました。悪霊が憑くのは波調同通の原理で自分に何かを教えてくれているのだという事だったのですが、それならば「悪を抱き参らせる」レベルまで指導すべきだったと思います。
悪霊を追放するだけですと、波調同通で又戻ってきて悪さをしますからね。結局、ご利益追求だったのでしょう。

それから、今の人類は「善悪二元論」までしか到達できない。「善一元」は仏陀やキリストのレベルでなければ困難である・・という意味の事も話されていた様です。
ということは「Kの科学の教えでは永遠に戦争は無くならない」と言うことになります。

決定的に私の思考と異なる点は
・今生が「最終転生」であるにも関わらず、未だに「輪廻転生」を唱えている点
・Kの科学での霊界(四次元~十次元理論)は所詮、幽界次元での天国と地獄であること
・今の三次元の物質世界が未だ続く考えだが、あと数年で次元転換が起きる。その現象はあらゆるところで既に発生している


でも、他の宗教とは違い教祖(主催先生)が自ら表に出て来られる点はよいと思いました。

私が退会した時、会員の一部の人は「Kの科学の光に耐えられなくなって出て行った。悪魔に魅入られたのだ。」などと言う方もおられた様です。そうです、誰かさんのアタマがまぶしかったのです。
そして今、私は大天使ミカエルの愛より更に深い、ルシファーの「底無し沼の愛」を研究しています。
ルシファーは人類の「悪」の部分をお知らせする為に自らが「悪魔として悪役」を演じていた最大の「御用の悪」だったのです。

さて、宗教人の皆さんはご自分が「善人」である事を疑ってないでしょうから「善と悪」の本来の意味の部分を記しておきます。

  真のヒトになるための生き方(上) 長谷章宏著(P-85)
そなたらが善人で居られるのもあと少しの間ぞ。善人で居れば居るほど苦しくなっていくから、覚悟いたせよ。そなたが善人でござれば、そなたの外は悪人ということになる。そなたの外が悪であると申すそなたは、自らの真釣り外しを白状しておるのを知り居るか。自らが犯罪を犯して居るのを自白しておるのでござるぞ。そなたの外に悪があるのはそなたの内の悪の証ぞ。そなたが悪を裁いて居るのはそなたが悪を持ちたるからぞ。そなたが悪人を裁くのは、そなたが悪を持ちたる証でござるから、そなたが調和を乱す悪人でござるのぞ。悪人の仲間入りを避けるのが、そなたらの善悪で申す善人の性でござるから、一度善人だと思い込めば最後、悪人にならないようにアレコレと屁理屈を申して策略を致すから、善人を改心させるが一番難しいのでござる。そなたが何と申そうとも、この方から見ればすべて丸見えでござるのぞ。相対二元の善悪教の信者は誤魔化せても、この方は誤魔化せんぞ。自らが自らに騙されて居るのをご存じか。この方とそなたは善悪の基準が違うのでござるぞ。調和乱すが悪ぞ。
  西暦2000年ミロクの世が開かれる 長谷章宏著(P-153)
すべてのすべての始めは「元つ神」であるぞ。すべてのすべては「元つ神」であるこの方が自らの内に産み生んだものであるぞ。そなたらも、中の神々、宇宙も、すべてこの方の中であるぞ。元つ神であるこの方をそなたらの外に創りだすことはできないのぞ。そなたらが神と言っているのはそなたが創りだした自分勝手な神であるぞ。神が外にいるという宗教、自分の神だけを信じろという宗教はこの方の宗教ではないぞ。

善悪二元の世界では調和はござらんぞ。戦いの素は善悪分離する心でござるぞ。
そなたが、平和や調和や自由や天国を求めても、元の元が違って居るからいくらやっても思いのままにはいかんのじゃ。

「善人ほど改心しにくい。ヤレヤレ神も閉口ぞ。」ですと・・・。


「君が代」と「日の丸」

2010-02-17 Wed : お知らせ 
”冬季オリンピック”に絡めて「君が代」と「日の丸」の起源について記しておきます。

  「西暦2000年ミロクの世が開かれる」長谷章宏著より(P-202、264、265)
「君が代」は霊と体、気と身、キとミの代であるぞ。キミの世であるぞ。キとミが一つにナル代であるぞ。千代に八千代にさざれ意志のイはオとなるのぞ。アイウエオがアオウエイになるぞ。イはオとなるのぞ。アベコベになるのぞ。こけのむすまで永遠に神の代になるのぞ。「君が代」は戦争の歌ではないぞ。神のお知らせぞ。国歌はこの方の歌ぞ。国旗はこの方の旗ぞ。日の丸はヒ(霊)のマル(○)ぞ。ヒ(一)の(○)ぞ。十であるぞ。神のしるしぞ。ヒノモトのしるしぞ。国歌国旗の是非を論じるのはあやま知のゲームであるぞ。そなたの思惑で、そなたの都合で勝手に意味を付けているぞ。そなたの善悪で自分勝手な理屈を創って争っているぞ。世界のありとあらゆるものすべてが神の現れであるぞ。すべてが神ぞ。神の型示しぞ。この方はすべてを形にして教えているぞ。型で教えているのぞ。真実を明かしているのぞ。この方の言っていることを聞けば見えてくるのぞ。この方の言っていることを聞かなければ見えないのぞ。この方の言うことを聞くか聞かないか二つに一つであるぞ。この方の言っていることを素直に聞けよ。この方の言うことを人間心出して判断するなよ。そなたが滅びるぞ。イザナギとイザナミが一つになるぞ。ヒノモトの童謡や昔話はこの方のメッセージであるぞ。「カゴメ、カゴメ、カゴの中のトリ(十理、神のコトワリ)はいついつ出やる、夜(「やゆよ」が明ける晩、らりるれろの世界が)明けの晩に、ツルとカメがすべった(統べった/滑った)後ろの正面だーれ。」そなたの後ろの正面がそなたの前に映っているだけであるぞ。烏はトリにあと一歩の鳥。

日本の国土は国常立の神の御神体であるぞ。日本は神のキいずる唯一の国なるぞ。ヒノモトぞ。霊(ヒ)の元(モト)なるぞ。日本と世界は似ているぞ。日本先世界後ぞ。ヒノモト創って世界を創ったのぞ。ヒノモト変わらなければ世界は変わらんのぞ。そなたが変わらなければそなたの外は変わらんのぞ。すべてのすべてが同じ仕組みであるぞ。

日本が親で世界が子ぞ。兄弟ではないぞ。幹あって枝あるぞ。親あって子あるぞ。神あって人あるぞ。幹が枝の真似をしてどうするのぞ。世界の人民は神の子ではあるが、日本が親で世界が子ぞ。五体は五大陸ぞ。日本がハラぞ。五体はハラが統べ真釣るのぞ。ハラは一つぞ。後は対であるぞ。頭は左右分けているぞ。アタマでは統べ真釣れんのぞ。アタマでやるとアベコベになるぞ。アタマでは魔釣りになるぞ。すべてのすべてに型示しあるぞ。ハラで栄養とるようになっているであろうが。

この方の構えた宇宙の出産が始まっているぞ。そなたは産道にいるのぞ。九の道ぞ。九九路、ココロぞ。ココロの世界の出産であるぞ。そなたらの世は「12345678」の世であるぞ。神の型になる仮の型であるぞ。神の真型は「○12345678九十」ぞ。神の型とそなたの型の差を取るのが「悟り」であるぞ。○九十(マコト)は1~8の外にあるのぞ。そなたが誠を語ることはできないのぞ。マコトは一人ひとりのココロにあるのであるぞ。良いことをするのがマコトではないぞ。神ゴコロがマコトであるぞ。外から中へ伝わるぞ。神は想念に入るぞ。この方との臍の緒がココロであるぞ。

そなたの議論している宇宙は神の子宮の中ぞ。出産はただ一度ぞ。今までの知識イランぞ。邪魔であるぞ。そなたの知識では理解できんのであるぞ。この方の言う通りにしていれば安産であるぞ。臍の緒切るのぞ。九九パーセント逆子ぞ。帝王切開するぞ。


さて冬季リンピックで世界中が浮かれてますが、終わった後の世界はどの様に変わっていくでしょう。某経済学者の情報では「バンクーバーオリンピック」の後からイシヤの活動が裏で活発になるとの事です。
「外から中へ伝わるぞ。」日本人は外からのお知らせがなければ、気づきが無いようです。親である日本の責任は重い、大掃除はまず日本から始まるそうです。
 (連想ゲーム)
   ツルとカメが滑る??・・・ツルだったマークとカメ印貯金箱のことか?
   今までの知識イランぞ・・・知識イスラとイランの様子も怪しいか?

赤ん坊が産道を通る時は苦しい。できれば安産を望みたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。