スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮び上る縮図 (カタ示し)

2009-12-31 Thu : 浮び上る縮図 
久しぶりに我ブログに向かい来年の事に思いを馳せることにしました。
2009年も終わり、来年2010年からはイヨイヨ変化が激しくなる年になりそうです。
これから2012年までの向こう約3年間は文明の節分け期間となる可能性が出てきました。
言っておきますが、一部に言われるような「人類最後の時」ではありません。
つまり
「今までの文明は一旦ここで終焉し、新しい服に着替えて新しい設計図に基づき、新しい思考と行動で新たな文明を築き上げて行きなさい。霊的進化の道を歩みなさい。」と言う天命が下る時期が到来したと言うことです。

既に気候変動、政治や経済の転換、ウイルス発生、異常事件等々挙げたらキリが無いほどの時代となって来ました。
このことは我々人類が積み重ねてきた結果をボチボチ刈取る時期が近付いた事を意味します。
デンマークでの「COP15」の失敗は人類の知恵をエゴが圧倒的に上回った象徴です。
地球の扶養力は既に臨界点に到達しているようです。これからは大きな変化を招くでしょう、それに伴い人心の乱れも更に加速していく事でしょう。

この様な時期には何か普通では考えられない「特別な役割を持った新しいヒト」が現れている筈です。私はそのことを捜していました。古いものの中には無い、古い価値観のままではいつまでたっても「地獄の地球の連鎖」ですからね。

きっと新しいエネルギーの中にある筈であると思い宗教団体や色々なグループを当たってみました。
そして、ここにきてその「何か特別なもの」を見つけることが出来ましたました。
それは今までとは異なる「真逆の価値観」の中にあったのです。
真逆の価値・・・それは「ある事件」によりこれから大きく取り上げられく可能性を含んでいます。

例えば「大本事件」、私は大本教とは一切関係ありませんが・・・この「ある事件」は目立ってはいませんが、静かに深く浮び上る事件です。太平洋戦争前の「大本弾圧事件」に類似する内容かもしれません。
大本事件の後には結果として・・・日本が背負った敗戦そして、繁栄と見えたがここに来て明らかにアメリカの属国としての役割を今終わろうとする日本(ウマイ汁が無くなれば魅力のない日本は切り捨てられる)運命があります。

これは「ヒナ型」の型示し・・・つまり当時の大本教が日本の役で、旧軍部がアメリカの役です。
「大本事件」は「神仕組みのヒナ型」と解釈できます。「神芝居」です。
結果的に旧日本軍が「大本教弾圧」をする事で、日本を敗戦に導いた原因を作ったと考えられるのです。

「日本地図が世界地図のヒナ型」である様に「この世で特定された人の出来事」もヒナ型として発生すのです。


次からはその、「ある事件」の内容を表現は難しいのですが出来るだけ分りやすい様に紹介していこうと考えています。

それではよいお年をお迎えください。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。