スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆お結び 1 【オフレ】

2010-12-26 Sun : 逆お結び 
【実践・日本真道】 長谷 章宏 著 より 
(P81~82)
政教分離、公立学校の宗教教育禁止は、神仏を大切にする心は良いが、その思想を実行するのは許さない、ということである。戦前の国家神道が日本帝国主義を産んだという理由で、政治、教育と神道を分離し、天皇に人間宣言をさせ、平和と民主主義と人権の憲法に基づいた国づくりを進めた日本国。進歩、発展、科学教育、市場主義経済、民主主義、戦争放棄の国家運営をした結果、現代日本がどうなっているか。神道が悪いといって封印した側の思想を実行した帰結である。今の日本国は、三千年に渡って巧妙に仕組まれた、神国日本の響きを葬り去ろうとする魔釣りのアヤマ知の毒牙に完全に冒されている。ここから立て直すには、真釣り戻し以外の手はなく、その歩みは、苦難の連続となるだろう。戦前の大日本帝国の振る舞いは、神道が悪いのではなく、天皇を利用して国家支配を企む政治家や軍部の根底にある魔釣りの響きがもたらした歴史の必然である。参考までに、元つ大神から、昭和19年に、岡本天明氏を通して、「日月(ひふみ)神示」が降ろされている。これは、黒住、金光、天理、大本と、近現代日本を通じて、元つ大神が、時代に合わせて世界の親であるヒノモトに向けて降ろした、真コトの神仕組みと世の立て替え立て直しを予告する一連の神示の流れの預言である。平成4年には「火水伝文」が、現代の日本人に分かる文章で降ろされている。著者のこの本は、その集大成であることをお伝えしておく。


【火水伝文】 我空 徳生   降り筆より
(P1-3)
 時いよいよ現れ来たりたぞ。これより先、新しき世に至るまで暫しの年月、辛抱肝心ぞ。人民様、程度の差こそあれ業火の死、遂げる者、生き残り塗炭の苦しみ、受くる者。二つに一つになりたぞよ。人ごとでないぞ、汝も同じぞ。悪人、善人らちもない。死に行かれる者も、残し置かれる者も聞くのざぞ。
 この度は地球最後の転生の時、天意転換の時ぞ。それ由の厳しさぞ。全人類、己が囚われ積みしケガレ、一点の曇り無きまで払い清めせなならんから、数多の民、死ぬる者も残りし者も相等しく、阿鼻叫喚の地獄の如き洗礼をその身に受けねばならんのぞ。女、子供辛きこと哀れであるが、一人とてこれ避けること出来んから、早よう魂磨きてくれよと申してきたであろうが。
 遅し、神、既に動きたぞ。浮かれ暮らす人民様、この度のこと取り違えおれば末期の不覚となりぬるぞ。しっかと世情見ていて下されよ。現界の荒らぶる現象いよいよ混乱狂気となりておろうが。正邪、背徳、驕者の膿、様々なる形なさして世に噴出させておろうが。これ予兆ぞ。既に世界はウラにて一つになりたぞよ。真中を過ぎし不測の時、世界の悪勢一挙に入り来たり全土を一つと七つに分け占めて修羅の地獄と化さしめん。これ、こたび始めの神仕組みなり。これ日本の事ぞ。マコトぞ。仕組みありて、真先に日本払い清めせなならんからぞ。国、土台から破壊され。ケガレし権力潰えしも外なるケガレ逆巻きて内なるケガレ払うのぞ。私有財産壊滅し、衣食住にも窮迫し、国民同士の戦ある。人と獣の分かれ目ぞ。ケガレしものの消ゆるまで、三歳苦難の道行きぞ。こは神仕組み神ハタラキなれど、汝等人民様の招きしことなるぞ。汝の欲心甘やかし来たりたであろうが。しただけのことは拒ばめぬぞ。神恨むでないぞ。
 しかあれ、人民様の苦しき死、残り苦しむ様。神、望みてないぞ。既に遅けれど、このワケ、縁ある者に伝え置く。この度死ぬる者はこのワケ聞いて肝に入れ、生き戻れるように死んで下されよ。死んでも頑張りて下されよ。残されし者も同じぞ。死に急ぎなさるなよ。よくよく頑張りて下されよ。よいな、三年の間ぞ。三年の間、汝等の心魂、修羅場と化せしその地にて絶え難きを耐え魂磨くのぞ。死して逃れんと欲っせしも、異界にて万倍の地獄飲まなならんのぞ。神、頼むぞ。汝蒔いた種なればこらえにこらえて三真釣り持ち行け。


【現代社会の極楽トンボくんたちへ】 長谷 章宏 著 より
(P107-108)
 何万年も先のことじゃなくって、後数年の出来事なんだぜ。君たちが想像してる「一番悲惨な状況」がもう目の前まで迫ってるんだよ。神さまの大掃除は避けられないんだよ。どんな体験をするかは一人一人違うけど、全員が大掃除の対象なんだぜ。一人として逃げられないんだよ。君がちゃんと神さまの生き方をしてりゃ何が起きても何にも関係ないけどさ。君がФのままなら、たとえ何万年後のことだって、君はその体験を避けられないんだよ。君は今の宗教を信じたままで生まれ変わって再びその時代に生まれるんだからね。今ここで長谷先生の言うことを無視してるようじゃ、もう改心の見込みはないな。君はФのまま『問題を解決しよう』『悪を退治して天国を創ろう』『自分の損は誰かのせいにしよう』ってし続けるから、本当のことに気づかないどころか、ますます世を悲惨な状況にするだけなんだ。問題が問題を呼ぶ堂々巡りがますます加速していくだけなんだよな。

 な~んて言ったって、もうそんなことはないんだよな。君たちは今世が最期の生まれ変わりなのさ。⦿しない限りは、もう生まれ変われないんだよ。「時代錯誤」もいいところだぜ。偽の天国にボケて錯覚して時代の見方を誤ってるんだよ。Фの見方(科学や宗教)で今の形の映像を分析したって21世紀は見えないんだよ。Фの思考で想像したってФの21世紀が見えるだけだよ。21世紀は本当の天国だぞ。完全自由の平和な世界だぜ。『そんなことはできるわけない』ってのは神さまを無視してる証拠だからもう終わりだな。その前に悪の世の大掃除があるんだよ。本当の「洗霊」だよ。魔釣りФの霊の命の残り時間はあと4年弱さ。地球滅亡まであと4年。じゃなくて、君の滅亡まであと4年さ。宇宙戦艦ヤマト(君)がイスカンダル(君自身)に放射能Ф除去装置(⦿)を取りにいかなくちゃ地球(君の現実/イノチ)は全滅だよ。今度の大掃除が終われば、君は永遠の天国で永遠に遊べるんだよ。あと何年かの今の苦しみなんて ・ (チョン)だろ。ゼロと同じだろ。

 長谷先生は、人間の肉体をもって、人間の世界の言葉、人間の世界の言葉のイメージ、人間の世界の取り違い、人間の世界の材料を使って、人間の肉体から見た神さまの世界を語って、人間のお掃除を手伝う役目の魂なんだよ。神さまの意志を人間に伝える役目なんだな。神さまの意志を現代人の肉体の感覚やイメージで伝えなけりゃ君たち現代人にはわからないだろ。今までは「宗教」って形だったけど、最期の最期は人間と人間が語ってミロクへの準備をするんだよ。この手紙は、君たち「Ф人間」から見てわかるように、「世界全員」にわかるようにしてあるんだよ。神さま⦿がいるのは日本で、Фのやり方を一番形にしてるのも日本だから、現代日本語でФを教材にして伝えるのが「神さまの伝道計画」の総仕上げなんだよ。長谷先生は、東京に生まれて、現代文明の大都会でФのやり方を体験して、⦿をФに伝える訓練を終えて、今この手紙を書いてるんだよ。日本語を外国語に翻訳すれば、それで全世界に伝わるだろ。長谷先生は君たちの言う宗教じゃなくて、日常生活で修行して日常語で君たちに伝えるのが役目なんだ。「神示」じゃ、日本人の一部にしかわからないからね。長谷先生は日本語で原本を出すだけ。後のことは通訳や翻訳の専門家に任せるよ。全人類への神さまからの最期のオフレ(警告/通牒)の告示だぞ。


(参照)
   「ミロクの世という21世紀の新しいゲームを遊ぶ人間学」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。