スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆お結び42 心の掃除急ぐのぞ(24・おわり)

2011-06-30 Thu : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

自分自身が神のココロになる掃除をすることが次の世で生き返る唯一の方法である
P69
 ここまで読んでくれば、もう、殺人ゲームや足の引っ張り合いゲームや自分だけ勝手ゲームやお助け合いゲームはできなくなるはずですが、いかがなものでしょうか? まだ、アレコレ言っている方は、神様のココロというものを、「伝えフミ」から直接、神様の話を聞いて、改めて考えてみてください。いずれにしても、今ここが、皆さんという魂の大きな分岐点だということを肝に銘じて、大掃除を進めてください。
 皆さんが今まで信じていたものが、神のココロとまったくアベコベのものであるとしたら、そのままでは、皆さんという存在は、今世で終わりです。ここには「終わりにならないようにするため」の方法、「天国の方法」が満載されています。次の世界を構える大神様が直接、語ってくれています。今まで学んだものを一旦白紙にして、素直に始めから学び直すことだけが、次の世界への切符になります。
 「天国への切符」を手にすることを決めたと神様が判断すれば、皆さんの大掃除はどんどん進み、どんどん楽になっていくでしょう。結果として「楽になるの」であって、「楽にする」のではありません。楽にしようとすると苦しくなりますから、念のために申し添えておきます。
 皆さんの魂は、神様の語っていることをすべて知っています。皆さんのココロの掃除をすることが今回の目的です。ココロの掃除が済めば、もともと晴れている空の雲が取れて、快晴の空(神の世界)を見ることができるようになります。(天気というのは神様の仕組みを教えてくれている型示しの一つです)。
 見ようとするのは掃除していない証拠です。見えていないのはまだ掃除のない証拠であることを知っておいてください。できたときがするときです。見えたときが見るときです。楽になったときが成るときです。しようとするのはやめて、葛藤が見えたら掃除をするという繰り返しをコツコツとやってください。苦しいのは、皆さんが今まで掃除をさぼっていたツケですから、文句を言えば、掃除は済みません(自分のしたことに文句を言っても何も解決しませんので悪しからず)。
 神の苦労は必ず結果がでます。人の苦労は騙されます。皆さんは何も知らないのですから、神様の言うとおりに、素直に勉強しなおすことです。それが「天国への方法」の要点でもあります。
 いろいろと書いてきましたが、皆さんの人生というのは、自分自身が認めている、信じている、選んでいる「宗教」「哲学」に基づいて行動した結果を体験しているだけなのです。そして、ここで最も大切なことは、「人の考え方」を批判している基準自体が、自分自身だけの「宗教」であるということを覚えておくことです。

 第二章の「前置き」をはさんで、第三章からいよいよ「伝えフミ」が始まります。この章は、「伝えフミ」を読むための予備知識のようなものだったわけです。皆さんがここまでに学んだことを基にして、素直に読み進めてみてください。それが皆さんにとっての最初の「お掃除」なのです。この章の最後に、これから提案される「新しい宗教(実はオオモトの宗教)」を選ぶか選ばないかで、皆さんの今後が、まったく相反する人生(新しい世界に生き返るか、そのまま滅びるか)になるということをここでお伝えして、この章の私の話は終わりにしたいと思います。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P174
 新しい世界は「神の世」であるぞ。そなたのココロが神のココロにならなければそなたはいられないのぞ。次の世界の肉体には神のココロでないと入れないのであるぞ。そなたは神のココロになる修行をしているのであるぞ。そなたが見ているものを使ってそなたの中の○×を見つけて消していくのぞ。そなたが○×をやめれば神がその通りに形にして見せるのぞ。人を批判するのも神のせいにするのも勝手だが、そなた自身が「神ゴコロ」にならなければ何をしても駄目であるぞ。お金でも学でも財産でもだめぞ。どこにも逃げるところはないのぞ。今回の大変は肉体で助かろうとすると助からないのぞ。人の邪魔をするとそなたが危ないぞ。神ゴコロになることだけがそなたが助かる道であるぞ。

 世紀末に何が起きるかを知っても何の意味もないぞ。何が起きるかを心配してもそれは肉体の世界のことであるぞ。そなたが神ゴコロになれば、肉体の世界で何が起きようと関係ないのであるぞ。何の影響もないのであるぞ。そなたの身魂が神ゴコロになれば、何が起きても大丈夫であるぞ。この方とこの方の家来が守護するのであるぞ。最後の最後の大掃除の後には、神ゴコロになった者もならない者も、そなたらの肉体は、一旦お召し上げであるぞ。そなたの身魂を改めた上で、神ゴコロになった者だけを新しい肉体に入れるのであるぞ。これがそなたの言っている閻魔様の審判の真実であるぞ。裁くのではないぞ。そなたが神ゴコロになっているかどうかを見るのであるぞ。そなたがそなたを見るのであるぞ。そなたは今ここで閻魔様の審判の結果が分かるのであるぞ。そなたがここで天国になれば、思いどおりの現実を体験すれば、そなたは新しい世の神に成るのであるぞ。
P175
 そなたが心配しているのは物質世界の大変であるぞ。そなたの身魂が神ゴコロであれば、噴火も地震も津波も戦争も放射能も人食いも、たとえ肉体がバラバラになっても関係ないのぞ。そなたの魂は、新しい世で新しい肉体を得るぞ。そなたの心配している「死」は関係ないぞ。そなたが心配している「死」は肉体の死であるぞ。肉体がなくなってもそなたはいるのであるぞ。そなたの他の人間からそなたが見えなくなるだけであるぞ。そなたが今までの死を避けようとしていると魂がアウトになるぞ。身魂の掃除が終われば肉体で何が起きても関係ないぞ。怖くないのぞ。肉体を去っても神ゴコロならばOKであるぞ。食べるものが無くなっても毒と言われるものを食べても関係ないぞ。そなたが神ゴコロになることだけが必要なことであるぞ。最後の大掃除ではそなたの回りは地獄の如き状況になるのぞ。ナマ物を食らうことになるぞ。衣食住なくなるぞ。身魂の掃除ができていれば何の影響もないのぞ。そなたが助かるための神の最後の一厘であるぞ。

スポンサーサイト

逆お結び41 心の掃除急ぐのぞ(23)

2011-06-28 Tue : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

新しい世界は、永遠に続く、悪も闇も存在できない、自分の責任をとる神の世である
P66
 次の世界は、永遠に続く、悪も闇も存在できない神の世です。永遠に続く天国です。今回の大掃除では、魂の掃除が終わった者も、すべて一旦は、今世の肉体を解かれます。そして、今回は「何も裁いていない」「すべてを許している」神様と同じココロになって、それをそのまま行動できるようになった魂だけが、次の時代、永遠の天国に生き返るのです。これが、身魂改め、閻魔大王の裁き(実は、一つになったかならないかを見るだけで、○×をするわけではありません。「閻魔様も裁いている」なんて言っている方は、あなた自身が裁いていることに気づいていません。天国に行くためには、非常に大変な大掃除が必要です)と言われていることの真実です。これは、最後の最後の最後のすべての大掃除が終わった後に起きることですから、今このことを心配している方は、早急に自分の大掃除を始めたほうがよさそうです。閻魔様がいるかいないか、善か悪かの議論をしている場合ではありません。
 皆さんの中に○×の戦いがあると、最後の最後は、肉体を消し合うことで、自分の目の前から自分に反抗するものを消して、自分を残すという愚かなゲームに発展することになります。自分に反抗するものが目の前から一時的に消えたとしても、内側の○×は残っていますから、残念ながら、何回でもそれは現れてくることになります。本当のところ、「邪魔者は消せ」ゲームは、最後の最後に皆さん自身を自分自身で消すことになる「オレを消せ」ゲームであることを知っておいてください。自分のしていることは自分の一人芝居であり、すべてその結果は自分自身に返ってくるのです。
 この先の皆さんは、「すべては自分に戻ってくる」ということをハッキリと、イヤというほど身を以って体験することになるでしょう。内側の戦いを持っている魂は、神の世界には必要ないのです。そういう魂は、肉体もろとも最後の最後の大掃除で大掃除することになっています。最後の最後の大掃除でお互いの共食い(消し合い)が始まり、最後は自分で自分自身の頭を潰すことになります。今まで続いた競争、勝ち負けのゲームはもう終わりです。「○×の知識」、「二つに分ける知恵」(「ヘビの知」)、「保身」はもう通用しないばかりか、どんどん自分の首を締めることになるだけなのです。外側にあるヘビのゲームは神様が担当しますから、皆さんはそれらに戦いを挑んでいるその皆さんの内側の掃除をしてください。
 「あの集団は悪だから皆のためにならないから潰さなければならない」などと言っていると自分自身が潰れることになります。皆さんも、その集団も悪でも善でもありません。皆さんが正しいわけでもありません。戦うこと自体が神のココロから外れているのです。どっちもどっちです。その集団が何を目的にしていても関係はありません。「悪だから」と思っている(決めている)のは自分だけであり、勝手に戦っているのも自分だけなのです。外側にどんな大きなヘビがいても、掃除ができている人にとっては関係ありません。まずは、人のことを心配する前に、人に口出しする前に、自分のお世話(自分のお掃除)をしっかりとすることです。皆さんが言っていることは自分自身のことなのです。
 ヘビは頭を潰さないと死にません。今ここで、自分の「あやま知」のアタマを潰して、ハラで生き始めることです。皆さんが天国へ上がるには、龍の智慧が必要なのです。ヘビはそのままでは龍になれません。自分の大掃除をして、最後の一皮をむくことで、龍になるのです。

 ここに上げたような人は、私のこの本や私とも戦うことになりますので覚悟しておいてください。もし戦いたいならば、それでも構いませんが、この本と戦うということは「元の神」と戦うことを意味しますのでココロしてかかって来てください。「勝ち」はありません。例え、皆さんが戦っていたとしても、こちらは遊んでいますので、その辺りはご了承ください。皆さんが戦っているのは、皆さん自身なのです。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P155
 「どれが元つ神のやり方か」「どれが本物であるか」「どうすれば神が生きられるか」「どうすれば神のルールから外れないか」「どうすれば天国になれるのか」などと言っている者は、この方の言うことを分かっていないぞ。この方にこういう質問をすること自体がこの方のやり方から外れているのぞ。損得○×善悪判断ゲームをしている者、人をコントロールしようとしている者、ある特定の見方(常識等々)しか認めないと言っている者、自分は正しいと言って他を排除している者、自分の外の神に頼っている者、人のすることに口出しする者は、この方を知らない者であるぞ。そなたが同じことをするならば、そなたも同じであるぞ。この方のやり方を知らない人間に答えを求めてもこの方は語らないのであるぞ。そなたがこの方を知らないならばこの方は判断できないのであるぞ。
P156
 この方は、そなたの想念と対話するのであるぞ。そなたの内側に問いかけなければこの方は答えないのぞ。この方のやり方は天国であるぞ。そなたは内なる声に従って一つ一つやればよいだけであるぞ。この方には、損得も善悪も○×もないのぞ。この方に判断はないのぞ。そなたがそなたの内側の声を判断するならばこの方の声は聞けないのぞ。この方の言うことを聞くだけではなくてこの方の言う通りにやることが必要であるぞ。この方は、体験で分かる神であるぞ。この方のやり方は実際に体験して初めて分かるのであるぞ。特別なことではないぞ。そなたの行動指針というものを取り替えるだけであるぞ。今まで学んだものをこの方の言うことに交換するだけであるぞ。神の生き方と言っても特別なものではないのぞ。人に頼っていて文句を言うでないぞ。人のすることに口出しするでないぞ。人のすることを判断するでないぞ。自分の体験を人の責任にするでないぞ。そなたがこの方のやり方をやっているならば、外のものは関係なくなるのぞ。

 神のルールというのは「自分のしたことは自分で責任をとる」ということであるぞ。そなたのしたことはすべてそなたの選択の結果であるぞ。人や神や社会のせいにしている者、人や神や社会に頼っている者、人や神や社会を善悪○×損得で判断している者、自分の外側に神を探している者は、改心(改神)が必要であるぞ。人や社会が何と言おうとそなたが人の責任にせずにやればよいのであるぞ。神に善悪、○×はないのぞ。神に失敗はないのぞ。何をしてもよいと言っても、殺人や泥棒やいじめ等々は「人の責任ゲーム」の結果であるぞ。そなたのしたことを判断している者と議論するならば、そなたは神のルールではないぞ。迷惑というものはないのぞ。人のしていることを善悪○×損得で判断することが迷惑であるぞ。皆自分勝手であるぞ。神の自分勝手をすることであるぞ。
P157
 神のルールに反していればそなたは神には成れんのぞ。人間が創った「法律」違反どころの話ではないのぞ。そなたは調和を創りだす神のルールを破っているのぞ。そなたは神の犯罪人であるぞ。犯罪人を責めているそなたが神から見たら犯罪人であるぞ。この道理分かるか。厳しいが、そなたのために言っているのであるぞ。神成る修行の身であるそなたらは、神成る修行をすることが使命であるぞ。人のせいにしていた部分、○×の争いをしていた部分を無くすことが神なる修行であるぞ。今までのすべての人生で「自分の責任をとっていなかった部分」を清算するのが修行であるぞ。そなたの身に振りかかるように見える出来事、病気や事故や怪我や損や家族の死や失業等々の「不幸」と言われるものは、そなたが今までの人生での神のルール違反を自らの痛みで清算し、教えてくれているものであるぞ。そなたの苦は、そなたの今までやった「真釣り外し(神のルール違反)」を肉体を通して清算するための出来事であるぞ。そなたの葛藤や悩みは「神のルール以外のもの」を選んでいる証拠であるぞ。

逆お結び40 心の掃除急ぐのぞ(22)

2011-06-26 Sun : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

助ける助けてあげるの宗教教団は、みんなそろって助からない集団である
P64
 今ここで、自分自身の「内側の大掃除」をすることだけが天国への切符であり、自分が助かる唯一の方法であることをシッカリと覚えておいてください。
 自分が人を助けられると思っている人は「大掃除」が必要です。本来、宗教団体というものは、まったくアベコベの結果をもたらす幻想に過ぎません。かえって混乱を創りだしている現状がその証明でもあります。助かるというのは最後の最後のことであり、病気や怪我が治ったり、お金が儲かったり、結婚できたり、といった今ここだけの利益を追いかけていると大きな落とし穴に嵌まって二度と出てこられなくなりますので、ココロしてここに書いてあることを読んでください。
 自分を助けられるのは自分だけです。最後の最後は「自分ひとり」になりますから、外にたよることはできません。助けてあげる、何かが助けてくれる、と思っているならば、皆さんは助かりません。そういうことを人に言っている宗教も、皆さんを助けてくれません。その宗教の教祖様も信者も助かりません。これを読んで怒っている方々も、助かりません。自分が自分で自分の首を締めることになります。
「 自分が天国になりたい」と思えば、「内側の大掃除」が必要になりますから、外側のものへの口出し、判断はできません。人を救うなどと言うことはできないことが分かりますから、勧誘や人集めはできなくなります。それをやっていると自分が「危ない」ことも分かりますから、宗教団体は自然になくなります。だからといって、グループや集団がよくないのかと早合点しないでください。一人ひとりがこのことを知って、結果として、お互いを高め合う、学び合う関係で、集まるのは別に構わないのです。
 本当の天国へ行く方法を実行すれば、「自分勝手をやって迷惑をかけない」ことになります。自分勝手をやって、したいことをして、最後は皆のためになるということです。
 皆さんの外側には何もありません。皆さんを助けてくれるものもありません。皆さんのすることは、皆さん自身の大掃除です。皆さんのココロは皆さんにしか見えません。皆さんが皆さんの目の前のものを使って皆さん自身の大掃除をするのです。これから皆さんがやることはこれしかありません。
 外側に何が起きようとも「自分教」に従っていくことです。自分の中は自分で掃除するしかないのです。皆さんの外側に楽にしてくれるものがあるときは要注意です。皆さんは掃除が終わらない限り、天国はないのです。今ここで笑える人は一人もいないのです。そこのところを勘違いしないようにしてください。皆さんの外側のものに頼っても、皆さんは救われません。今までの学問や教えや常識に惑わされないようにしてください。早く「自立」(自分がきめて自分が動く態度を身につける)することです。
 「これを信じるしかあなたが救われる道はない」と、自らだけが正しいと主張する宗教や、外の宗教を排除する宗教や、外側のものを分類している宗教や、戦っている宗教を信じれば、皆さん自身もそうなりますから「戦い」や「裁き」や「判断」をもったままです。掃除のない魂はトラブルを創りだすだけで、次の世ではジャマですから、そういう皆さんは、最後の最後にまとめてお掃除されてしまいます。
 神様は、掃除をさぼって楽をしようとする魂がいることを知っていて、大掃除をするための舞台作りとして、「楽しようとする、責任を取らない魂」を引っかけるための仕組みを用意しています。次の世は神の世です。皆さんは神に成る修行をしているのです。皆さんというのは、自分で自分のしたことを自覚して責任をとれるようにならないと次の世には行けないのです。「責任をとらないで楽しようとする魂」は次の世では必要ないのです。皆さんが、自分の内側の掃除が済んでいないのに、すぐに楽になろうとしている時は気をつけることです。「楽なものを外に探す」「早く終わらそう」とするのは掃除が終わっていない証拠に他なりません。

 皆さんが外側に求めているから、騙されるのです。皆さんの外側には何もないことを肝に銘じて、この先の内側の掃除を進めていくことです。皆さんの掃除が済めば、皆さんの肉体がどうなろうと、皆さんは新しい時代の新しい肉体をもって生き返ることができるのです。皆さんが今欲しいと思っているすべてを手に入れることができます。その前に、最初で最後の「大仕事」、本当の「苦労」をすることが必要なのです。本物は楽しては手に入りません。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P122
 そなたがそなたを曇らせたのぞ。そなたにしかそなたの曇りは祓えないのぞ。人は人、自分は自分ぞ。この方の家来が一人ひとりについて掃除を手伝うから、人の掃除にちょっかい出している暇があったらそなた自身の掃除をすることぞ。人に口出しするのは、この方を疑っているのと同じであるぞ。この方に任せていないのと同じであるぞ。人の掃除を邪魔しているのと同じであるぞ。人の掃除道具を取っているのと同じであるぞ。迷惑であるぞ。人の天国を邪魔しているのであるぞ。自分の天国も邪魔しているのであるぞ。そなたがしたことがすべてそなたに返るのぞ。そなたがどんなに邪魔しようと、世話しようと、そなたとは関係なしに掃除が進むのぞ。そなたも同じであるぞ。人が邪魔しようと世話しようとそなたは関係ないのぞ。こだわっているのは気にしているのはそなたであるぞ。最後の最後は、掃除なきそなただけがサヨナラになるぞ。

 今までの仕組み、悪の仕組みが続くように見えるのは、大掃除の舞台造りであるぞ。そなたが囚われているとそなたも一緒に大掃除されるぞ。人のことより自分のことを心配せよ。外の掃除はこの方に任せよ。このままでは全世界が滅びるから、ミロクが創れないから、この方が響きで表に出てきて大掃除をするのであるぞ。こうなることは始めから分かっていたのぞ。だから、間に合うようにお知らせする仕組みを創ったのであるぞ。最後の最後ですべてを明かし、最後の最後でどんでん返しをするのであるぞ。
P123
 このフミの真偽やこの者の真偽を研究していては間に合わないのぞ。疑いのココロをいれる暇がないように仕組んでいるのであるぞ。今までのやり方は通用しないように創ってあるのぞ。この方の言うとおりにすればよいだけであるぞ。神なる修行は一人ひとりのすることであるぞ。神の心になることだけが自分も人も助かる唯一の道であるぞ。人の掃除にちょっかいを出している暇はないぞ。今度の今度は殺さなならん者はどこまでも追いかけて殺すのぞ。生かさなならん者はどこまでも何があっても守るのぞ。生きて掃除する者と死んで掃除する者とがあるのぞ。死ぬかどうかは関係ないことであるぞ。

 肉体の生死や安全は捨てて、すべてこの方に任せて、今ここにあるものを使って掃除に励むことぞ。食べなくても死なないぞ。健康管理を完璧にしても死ぬぞ。一人ひとり違うのぞ。人は関係ないぞ。今までの常識関係ないぞ。生死はこの方に預けよ。人のこともこの方に預けよ。家族も他人もこの方の子であるぞ。形の関係は掃除には邪魔であるぞ。この度は身魂の掃除であるぞ。掃除なき人間に聞いても何も分からないぞ。掃除できなくなるぞ。すべてこの方の言う通りにやってみよ。身魂は一つであるぞ。神の世と人の世は合わせ鏡であるぞ。身魂の掃除相応に思い通りになってくるぞ。人を責めたり、支配したり、脅かしたりしなくても思い通りに成ってくるぞ。楽しむために苦しめよ。そなたがやったことぞ。自分で自分におとしまえをつけるのぞ。

逆お結び39 心の掃除急ぐのぞ(21)

2011-06-24 Fri : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

「人事を尽くして天命を待つ」とは内側のお掃除をして準備をすることである
P61
 最後の最後には、一人ひとりが自分自身を助けることになるのです。神様はそれを手伝ってくれるだけです。自分の掃除なしで神様にお願いしてもそれは無視されます。ズルイというのはお掃除ない証拠です。自分がすることをしてから頼んでください。
 神様は「自分だけで助かろうとするなよ。自分の掃除をして神を頼ってくるものは喜んで助けるぞ」と言っています。今ここで、何をすれば人事を尽くすことになるのか、ちゃんと示してくれているのですから、さぼっている人に関しては綺麗さっぱり無視です。神様はホンネしか見ていません。フリをしても駄目です。地位やお金や学やコネは一切通用しません。神様は、何がどうなるかわからなくても(人間に分かるはずがありません。わからないから探しているのです。探していても分かるはずがない人間が答えを持っているはずはありませんから永遠に見つかりません。答えは皆さんの内側にあるのです。この本は、皆さんの内側を探すための鏡として提供されています)、素直に神様の言うことを聞いて掃除を進めることだけを求めているのです。「正直者こそ、バカを見ないで天国にいける」のです。これが、「人事を尽くして天命を待つ」の本当の意味です。
 「助けてあげる」「助けてもらう」というゲームでは皆そろってアウトです。神様は掃除なくして頼ってきても助けられないと言っていますから、そこのところを間違えないようにしてください。口だけで改心しても、今回は役に立ちませんからそのつもりで掃除を進めてください。外側のものを分類したり、探したりしている時は掃除できていないことに気づいて、自分の内側に視点を戻してください。今までとはすべてアベコベです。
 外側のものに頼る宗教はもう通用しません。人を助けてやろうとしている教祖様たちや、カウンセラーや医者や宗教家の方々(実は、教師や親や、真実を知らないで、人を教育したり、裁いたりしている方々すべてにいえることです。そして、自分自身を裁いて落ち込んだり、悩んだりしている方々も同じことをしているのです)は、自分のしていることが、自分自身だけでなく、人をも一緒に滅ぼすことになるということに気づいてください。
 「何でそんなことが分かるんだ」「おれのしていることに口出しするのか」「人を助けることが何故悪いんだ」「あんたこそ危ないんじゃないのか」云々と言う方は、ここに書いていることをもう一度よく読み直してみてください。自分の外側を見ていること自体が、自分の内側の○×に基づいて、すでに「裁いている」ということに気づいてください。私やこの本を裁くことは一向に構いませんが、「裁くココロ」を捨てないと、皆さん自身を含めて、皆アウトなのです。

 皆さんが外側にあるものにイチイチ反応している時は、皆さんの内側の掃除は終わっていません。外側に何かを探していたり、楽になる方法を探していたり、外側にあるものを善悪損得で見ていたりするときは、内側の掃除は終わっていません。そういう時の皆さんは自分の肉体を助けるものを探しているのです。人に口出ししたくなったり、人を助けたくなったり、人を可哀相だと思ったりするときも同じです。これが皆さんのお掃除をする時のチェックポイントです。
 自分が助かる方法を外に探している「保身」をもっている限り、逆に、最後の最後には助かりません。皆さんを助けるのは自分だけなのです。助かりたいなら、今までの人生で学んできた価値基準、手に入れたものをすべてを捨てる覚悟をすることです。このことをしっかりと今ここで確認しておくことが非常に大切です。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P117
 古い教えでは天国はこないのぞ。古い教えを裁く者にも天国はないのぞ。何でもかんでもこの方の言う通りにすることであるぞ。今ここがそなたのスタートであるぞ。そなたらが創りだしてきたものを使って掃除をするのであるぞ。批判していたら今ここにいるそなたを批判することになるのぞ。今までの思考では地球の環境はますます破壊されるだけであるぞ。外の掃除はこの方がやるから、そなたは自分の掃除をすすめることぞ。天災というものはないのぞ。そなたらのしてきた結果ぞ。愚痴や苦情を慎めよ。迷惑であるぞ。人のすることに口出ししている暇があったら自分の掃除をしなされよ。愚痴も責任追及もお世話も同じことであるぞ。可哀想な身魂はないぞ。すべてのすべてが自業自得であるぞ。
P118
 取り合いのゲームでは神なる修行はできないのぞ。お互いの足らざるを満たし合って神になる修行をするのであるぞ。正直に行動せよ。正直に表現せよ。自らの掃除だけが自らも人も助けるのであるぞ。血統の関係は手放せよ。家族も他人も関係ないぞ。新しい関係で満たし合って掃除をするのぞ。そなたの人間関係を広げることが鍵ぞ。そなたに悪あれば排除するゲームが続くぞ。そなたに保身あれば近づく人間が限られるぞ。そなたが限るのぞ。そなたは死んでもそなたであるぞ。どんな考えの者もいるぞ。一人になることはないぞ。みんな足りない人間であるぞ。人の足りないものを持っているぞ。足りないものを満たし合って掃除するのであるぞ。そなたが動けばそなたが足りないものを持っている者がいるぞ。そなたが持っているものが足りない者がいるぞ。お互いに提供して欲しいものを手に入れるのであるぞ。交換し合うのであるぞ。誰も傷つかないやり方ぞ。取るのではないぞ。損も得もないのであるぞ。自分も人も満たされるのが神のやり方であるぞ。

 自らと対話することは神と対話することであるぞ。人に頼るから騙されるのであるぞ。すべてはそなたが決めているのぞ。人に聞こうがそなたが決めようが、そなたの責任であるぞ。自分で決めて自分で動けよ。駄目なら別のやり方をせよ。人を責めるのは自分勝手であるぞ。できないことはないぞ。しないだけぞ。この方はすべて許しているぞ。この方がついているから何でもやってみればよいぞ。この方は素直な者には仏であるぞ。仏であるが、自分がしただけの苦しみは辛抱しろよ。そなたがしたことであるから愚痴は認めんぞ。人には責任はないのぞ。そなたが掃除しただけそなたの思うようにしてやるぞ。
P119
 この方は逆らう者には鬼に見えるぞ。そなたが鬼であるぞ。この方はそなたらが見たいように見えるのであるぞ。そなたがこの方に見ているものはすべて自らのことであると自覚せよ。そなたが人に見ているものは自らのことであるとも言えるのぞ。人に言っていることは自らのことであるぞ。人を鏡にして自分の態度を正せよ。そなたが人にするなと言っていることはそなたもするなよ。人にするなと言ってしているぞ。自分勝手をするなと言う自分勝手をしているのぞ。人の気持ちを考えろと言って考えていないぞ。そなたが言ったことを寸分の狂いなくそなたがすることぞ。そうすることがお掃除を進めることになるぞ。この方の仕組みを知らずともお掃除ができるぞ。そなたがそなたをできないようにしているのぞ。人は関係ないぞ。コントロールは迷惑以外の何者でもないのぞ。

怪奇月食

2011-06-18 Sat : 浮び上る縮図 
満月の皆既月食の日に長谷夫妻はこの娑婆から姿を隠された。



神示に基づいた脚本通りの演技を日本はうまく演じている。

もうすぐ、演技結果の発表と表彰状の授与、そしてご褒美がもらえる。


<結果発表>
  日本は実に上手に期末のマ釣り演技を演じました。その結果は・・・

   魔釣り 100点    真釣り 0点




  表 彰 状

【最期の最期はそなたの肉体もそなたの栄養になるようにしてあるぞ。自らが食料を持って居るでござろうが。土もまんじゅう。泥水も飲める。土の混ざった水が泥。この方は土。きたないのはそなたのФ心。そなたの肉は死んでもそなたは生きておるぞ。掃除終わればそなたの肉はお召し上げぞ。掃除終われば時空ない永遠の天国ぞ。そなたのイノチはこの方が管理して居るから、そなたの都合では死ねんぞ。魔釣りで創りたメグリ相応に苦しみ痛みをお渡しして、清算して頂くのぞ。死避けても死ぬぞ。死にたくても死ねんぞ。地震や台風や核戦争で大騒ぎをして居るようでは⦿は遠いぞ。万が一の準備をするより、災害を避けるより、身魂の掃除をしてくれよ。悪避けようとするそなたは内に悪あるぞ。自らが悪くなりたくないと申すそなたはФでござるから、悪くなって清算してくだされよ。悪を持つ心は悪Фぞ。何日分食料を備蓄しようと無駄なことでござる。そなたは壊れるこの世界で生き残りたいのか。ここで生き残るということはこの世界と共に死ぬということでござるのぞ。そなたが生きるところは⦿ミロクしかござらんぞ。そなたの食料、肉の身はこの方のものでござる。どんな頑丈な建物も簡単に潰せるのでござるぞ。大地震、大洪水見せても、今までと違うこと見せてもまだわからんのか。そなたらはこの方には勝てんぞ。永遠に死ぬぞ。三年間天変地異が続いたらどうするつもりでござるのか。最期は大掃除ぞ。そんなことありえないと申すそなたはミロクはないと思えよ。肉の身守るものはФでござるぞ。⦿にならんとミロクはない。そなたの肉の身はこの方の貸しもの。そなたの身魂がそなたの真のイノチ。そなたに⦿あれば死はない仕組み。核戦争で残るのは身魂だけぞ。核(⦿Ф)の戦争ぞ。⦿が勝ち。】
    真のヒトになるための生き方(下)244 長谷章宏著



  ご褒美目録

政治 経済 暴動 国際問題 侵略 あらゆる自然現象 レイ現象 時間の縮小感 事件 事故 乱心 飢餓 地球の静止 方角逆転 etc...........。。。
そして、ギャ~~~???



音声による緊急メッセージ

2011-06-15 Wed : 浮び上る縮図 
音声による声明です。

一刻を争う
「国家の存亡にかかわる緊急声明」ですので下の音声をお聞きください。
そして、お知り合いの方々へ至急お知らせください。

 国家の存亡と結理くん事件の関係 


キリストの「磔」と同様のことが日本で行われようとしています。
もし、このまま進めば「東日本大震災以上」のことが起こる可能性があります。


国会議員の皆さまへ

2011-06-14 Tue : 浮び上る縮図 


音声による緊急メッセージ
  【国家の存亡と結理くん事件の関係】


         ≪急ぎの進言≫


    国会議員の皆さまへ

急ぎの件に付き、下記の要件のみ申し上げます。

福島原子力発電所の問題は頭の良い学者さん達が何十万人集まろうとも、収束することはないでしょう。

国家国民のことを思えば、早急に解決させる必要があります。
ここに、情報として提供させて頂きます。

「一つの可能な条件」付きで、福島原発問題を収束に向かわせる事ができる人物が京都に存在します。下記にご連絡くだされば対応させて頂きます。


この情報がウソであると思われましたら必ずご一報下さい。
あなた方の「知恵」にはない「智慧」を得ることができるでしょう。

(連絡先)
    TRBオクトワールド  
    長谷夫妻を支援する会
           
連絡タイムリミット 6月15日の15時まで
事を急ぐため、議員ご本人の連絡に限ります。



緊急声明

2011-06-10 Fri : 浮び上る縮図 
       全国民への緊急メッセージ

   「結理くん事件」の真実の声 OCTCHANNEL


長谷夫妻の元へ届けられた出頭命令(出頭日6月16日)に関し、懸念されることをお伝えしておく。

  <出頭時点から日本壊滅が始まることが予想される>

        【緊急声明】

          【告】


現に・・・
3月11日には東日本大震災、福島原発事故が現実問題となって発生した。
このような大惨事が起こる恐れがある事に関しては、国(裁判所)に対して
最高裁判所の、3月10日付け「控訴棄却」の最終判決が出る以前から警告してきた。


「日本国そして世界を救う人物」に対し・・・
アヤマチを認めず国家権力で事を運ぶということであれば、国の土台から消え去る運命を国家自らが選ぶ事になることを知らなければならない。
国家は国民を巻き込んだ自殺行為をしてはいけない。

キリストの「磔」を繰返してはならない。


「ヒノモト、地のへを守護する日本を預かる者共のハラが腐りて居る由に、結果を自らが選ぶことの現れにお気づきあれよ」である。



もし、長谷夫妻が収監される事態となれば、想像外の天変地異、人為的な事柄、霊的な事柄、等々あらゆる大異変の発生が予想される。
以上のことだけは、全国民にお伝えしておく。
                      
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一刻を争います。
長谷夫妻解放に向けてご協力できる方は下記へご連絡下さい。
  長谷章宏・真由美夫妻を支援する会

  TRB OCT WORLD


(追記)

【実践・日本真道】 長谷章宏 著より
P269
これから始まる、ヒノモト(世界)に本当の天国=真釣りのミロクを顕現する草薙の剣(真コト)渡す大神のプロジェクトのお手伝いを、一人でも多くの志ある方にお願いしたい。著者の上げた指に止まるかどうかは、各自が決めることであるが、最後の仕上げの大掃除を前にして、できるだけ多くの方々に真コトがあることをお伝えすることがこのプロジェクトの目的である。真釣り戻しをするしないは別にして、すべてが逆さまだったこと(真釣りの真コト)を知って大掃除に突入すれば、最後の最後のギリギリのところで、ミロクに戻る機会を得ることができるのである。最後の命綱があることを知っていれば、身魂相応の艱難辛苦はあるにせよ、滑り込みでミロクに生き戻ることもできるのである。三千世界が真釣り戻った時、果たして、あなたは残っているだろうか。

パイレーツ

2011-06-08 Wed : 浮び上る縮図 
            ギャグ国家の崩壊

最新の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最初のシーンを借りてお伝えしたい。
判事に変装したジャック・スパローが被告ギブス(海賊の相棒)に対して、ギャグで判決を言い渡す時の言葉・・・「ジャック・スパローでなかったことがお前の犯した罪だ」=「犯人でないことが、犯罪者だ」=「無罪であることが有罪だ」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・

このたとえ話は、我々がいる「地球牢獄」という犯罪者ばかりの世界では、犯罪者でないことが犯罪者となるトリックが違和感なく出来上がっているということのギャグである。
裏を返せばこの世での本当の犯罪者は犯罪者ではないという矛盾。

それが、冤罪事件が多発している現代日本の裁判の実体である。さらに言えば、現代の日本国の犯罪者になりたくない者は裁判官、検察、警察という職業を選ぶ。そして、それを許し、権力側に都合の良い法律を作る政治家も同類である。

このトリックの中では、罪のない人物をムリヤリ犯人に仕立て上げた場合、一旦、「有罪」というストーリーを作れば、仕組みとして自分では止められない、という催眠にかかりその、「裁判ゴッコ」を不本意ながら疑問も持たずに進めていくことになる。・・・自分たちの保身の為に。
それは己の出世と保身が全てであり、その為には「人を罪人に陥れて」でも必死に自分の身を守る。


でも、ここは仮の世界だと分かっているのか?
まるで、植木等のスーダラ節のギャグの世界である。
♪「わかっちゃいるけどやめられない♪」・・・か。

このようなギャグを演じて、真面目に進歩発展(衰退破滅と裏腹)を願いそれに邁進(迷信)している国。
国民をどこに扇動しているのかも分かっていない指導者たち。
上から下まで「ギャグ信者」である。

その結果が遠からず、壮大な滝壺に真逆さまに落ちることには気づいていない。

この「ギャグ思想」が本当の天国への道を閉ざし、今まで「神の国」を侵略してきた。
まさに、99.9%までこの国はそのギャグ思想国家になっている。



   中心を封じ込めた日本は崩壊の道を辿っている


「長谷夫妻の裁判」で、この裁判の取り扱い次第では大変な出来事が起きる事、(今のところは東日本大震災、福島原発事故)の「真の原因」を再三に渡り警告してきたにもかかわらず、完全無視で己の保身と組織の維持のためのパフォーマンスを演じている悲しき裁きのピエロ達。

人権を高らかに歌い上げているフリをして、「国家の宝」としての人材を罪人に仕立て上げ、国民を地獄の滝壺に扇動する権力者たち・・・その結果はどうなるか。遠からず結果は出る。

日本国・・・この国は指導者から知識人、マスコミまで「真の宝」が分からない。天国を目指してはいるものの真実を忘却した痴呆患者である。



           <日本国の罪状>
長谷ファミリーの出来事で見えないエネルギーを認識していながら、認知しなかった事による認知症は重い。
今後の改神の見込みが見えない。よって神無き神の国「痴呆国家」と判断し、始源の元に戻すこととする。
新しい世のスタートに当たり、数はいらないものとする。

               <主文>
長谷ファミリーは人類の核である。「超法規的手段で完全解放」しない限り、天変地異を含め、政治経済、国際問題等、あらゆる大問題が発生し、更なる惨状を招くこと必定。
            「国家の対応次第で日本壊滅」
                                         以上




(報道センターより)
「日本の裁判のギャグ的側面」がハッキリした判決みたいで・・・この世はやっぱりギャグでした。今までの世は出来が悪いため、「古くて新しいストーリで作り直すことが同時進行する」との判決が下りました。
新しい世のスタートに当たっては、人数は少なくてよいようです。

******************************

   追加参考資料
<動画> 検証! 検察の大罪
テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル第35弾」5月22日放送より


******************************

逆お結び38 心の掃除急ぐのぞ⑳

2011-06-08 Wed : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

今までのような人助けの宗教は自分も人も滅びる道を歩むことになる
P56
 この先、混乱が進むにつれて、たくさんの宗教が出てきますが、皆さんが外側に探していると騙されることになります。教祖様たちは正しいと思ってやっているのですから、悪くありません。一人ひとりが、本当のことに気づくか気づかないかです。皆さんが本当に天国に行きたいならば、今ここで「真理」を知って、自分の内側の掃除をすることです。本当のことを知ったら、人を助けるというものがオカシイことや、人のことなどに構っている場合ではないことが分かるでしょう。外側に求めないことが、騙されないヒケツです。自分が外側を探していて気づかずに最後の最後に気づいてもそれは自分のしたことですから、そうならないように、しっかりと真実の目を開いて、これから始まる「大掃除への準備」をしてください。
 皆さんのすることは、外側のものを分類することでも、これから何が起きるか教えてくれる情報を探すことでもなく、自分自身の内側の大掃除をすることだけです。神様のことを知っても、過去世を知っても、一時の現世利益を得ても、何の意味もありません。皆さんが、今ここで求めるものは、現世利益を得る方法ではなくて、新しい時代に生き返る方法なのです。そして、それは、実は、一人ひとりの内側にあるのです。だから、外の宗教では何も見つからないのです。この本はそのことを教えるための一つの教材ですが、単に、皆さんの外側に向いている視線を内側に向ける鏡に過ぎません。この本の内容が本当に分かったら、この本はいらなくなるのです。自分が自分を救う教祖様であると知ったら、もう外には何もいらなくなるのです。
 この本は、「自分教とはなんぞや?」「自分教の教祖になるには?」「内側の掃除をスムーズに進める法」等々を語った本でもあるのです。くれぐれも、この本や私を教祖にしないようにしてください。改めてお断りしておきますが、この本は、強制でも何でもありません。外側を見ている皆さん一人ひとりのお掃除の教材を提供しているだけです。神様はどっちの選択でも許していますから、選択の基準は、皆さん自身がどうなりたいかということだけです。自分のしたことが最後の最後に自分に戻ってくるだけです。
 皆さんという魂の今までの歴史は、今ここで皆さんが持っている内側の宗教が創りだしたものなのです。今この瞬間に過去のすべてのカルマを解消する材料があるのです。今ここからお掃除をしていくことで、カルマの解消は自動的に済むのです。カルマを解消する方法や楽になる方法を探しているとますますカルマを積むことになりますから、注意してください。そういうものを教えている方々も、ここで自分のしていることを改めて振り返ってみてください(その上で、そのまま続けたいならば続けても構いませんが、最後の最後でどうなるかは保証はありません)。
 皆さんは今ここですべてを掃除しなければ、次の「永遠の天国である神の世」には生き残れないのです。これは、一人残らず、世界中のすべての人間に言えることです。人が創った神の言うことを聞かなくても祟りはありません。「神を信じなければ祟りがある」などという宗教は、教祖様も含めて、信者すべてが最後の最後に外側の大掃除に巻き込まれてしまいます。本当の神様の言うことを聞かなければ、皆さんが最後の最後に天国に行けないだけのことです。そして、神様は、そういう選択をすることも許しています。
 全体の大掃除は神様がやります。そして、自分の大掃除が済んでいる人間だけを次の世のヒトにします。皆さんには、本当の神様を語ることができません。本当の神様を説明することはできません。本当の神様は、皆さん一人ひとりの内側に語りかけているのです。ここで言っているのは、別に、祟りとか裁きとかいうものがあるのではなく、単に、自分がどうしたいかという問題であるということです。皆さんが、今までのゲームを続けるならば、ただ、皆さんという魂がいなくなるだけのことです。
 「死ぬぞ」「殺すぞ」「家族はどうなってもいいのか」「先祖の祟りが」「悪霊が」云々という「脅し」を使ったコントロールに引っ掛かったら、皆さん自身がアウトになるだけのことです。そして、そういうことを言っている教祖様方は、騙すつもりはなくても、自分自身もアウトになるということを知っておいてください。実は、これを許しているのは、神様の最後の大掃除への舞台作りであり、「神様の仕組んだワナ」なのです。でも、そのワナに引っ掛からない方法もちゃんと示してくれているのですから、皆さんの掃除ができていれば引っ掛からないのですから、引っ掛かったら皆さん自身のせいだということになりますから、悪しからず。
P59
 皆さんが恐れているから見えるだけなのです。恐れているということは見たいといっているのと同じなのです。神様は、皆さんが見たいものは何でも見せてくれますから、そのことをよく覚えておいてください。皆さんが見たものは自分の内側の反映なのです。内側を見るために外側に創りだしてくれたのです。自分の姿を見て怖がっているようなものなのです。皆さんの内側の掃除をしなければ、いつまでも見えつづけることになります。内側にあるものが外側にあるのです。外側にあるものは内側にあるものです。この道理をよく心得ておくことが掃除を進める際のポイントになります。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P138
 そなたがアレコレ心配しているのは物質世界の大変であるぞ。そなたは肉体が無くなることを心配しているぞ。そなたは肉体ではないのぞ。そなたの本質は魂であるぞ。肉体が無くなっても魂は残るのぞ。魂は物質世界のどんな危険も毒もまったく関係ないのぞ。そなたの魂が神ゴコロであれば、噴火も地震も放射能も肉体がバラバラになっても関係ないぞ。そなたの魂は新しい肉体を得るぞ。そなたの心配している死は関係ないぞ。そなたが今までの死を避けようとしていると魂がアウトになるぞ。魂の掃除あれば、肉体で何が起きても関係ないぞ。何も怖くないぞ。肉体去っても神ゴコロならばOKであるぞ。食べるもの無くなっても毒食べても関係ないぞ。そなたが神ゴコロになることだけが必要なことであるぞ。神の最後の一厘であるぞ。そなたが嵌まっているトリックであるぞ。
P139
 そなたが学んだ今までの教えとはアベコベであるぞ。この道理わからねば、そなただけがアウトぞ。だれが助かるかは外からみてもわからんぞ。このフミはこのことを教えるための最後のフミであるぞ。これが最後の本当の真実であるぞ。人を頼る教や人を助けようとする教や争っている教についていくとアウトであるぞ。何が起きるか知れば知るほどそなたは危ないのぞ。これは真実であるぞ。これが真実かどうかと判断するのは嵌まっている証拠であるぞ。神の知識をいくら持っていても、目くそ鼻くそであるぞ。学や知や教や金では今回の大掃除は超えられないのであるぞ。そなたが自分がどうなるか心配しているとそなたが心配していることが起きるのぞ。心配するほど心配することになるぞ。


*******************************

     【告】

+++++++++++++++++++++++++++++++

 気になる 関連リンク集

*******************************

逆お結び37 心の掃除急ぐのぞ⑲

2011-06-07 Tue : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

皆さんを救うのは、皆さん自身が皆さん自身を救う「自分教」だけである
P55
 皆さんを助けるのは、「自分教」だけです。皆さんの内側が戦っている(それは、外側が戦っているように見える、という結果で分かります)ならば、皆さんは一つになりませんから、皆さんは分裂したまま「最後の時」を迎えることになるのです。実を言うと、「悪」を裁くココロを持っている魂(つまり、一つになっていない魂)は、新しい時代に行くことはできないのです。だから、今回は、自分の中の「○×」「善悪」を消す大掃除をする必要があるのです。
 皆さんの目の前のものを鏡にして、自分の中の「偏見」「偏り」「裁き」を一つにしていく修行が必要なのです。皆さんの目の前のものを裁いていたら、いつまでたっても掃除は完了しません。外側を責めたくなったら、外側の悪を排除したくなったら、それは自分の内側の戦いが映っているものであると気づくことです。内側の戦いをやめることで、外側の戦いを終わらせることができます。いつまでも人を責めたり、恨んだり、戦ったり、分類したりしていると、自分自身が「危ない」ことを自覚しておくことです。

 皆さんの外側には皆さんを救ってくれるものは何もないのです。自分のココロという目には見えないものを綺麗にしていくお掃除が、皆さんを救う唯一の宗教なのです。このお掃除は、自分が自分をチェックするという作業ですから、一人ひとりにしかできないものなのです。自分のココロの戦い、ココロの葛藤を見ることができるのは自分だけです。これが分かっている人は、「助けてあげる」などとはいいません。人が自分を責めても、責め返すことはせず、それがその人の内側の現れであることを教えるだけのことです。自分しか自分を助けるものはないのですから、自分以外の人やモノや偶像や神様が助けてくれることはないのです。今回は、神様も「掃除なき者は助けられない」と言っていますから、勘違いなさらないようにしてください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P233
 そなたが掃除をすればこの方がすべて必要なものを与えるのであるぞ。この方は掃除の道具も与えるのであるぞ。そなたから見て苦に見えるものはこの方が与えた掃除の道具であるぞ。そなたが使わないで文句言って否定して避けている限り、そなたには天国はないのであるぞ。そなたがすべてやっているのだとしたら思い通りにいかないのはいかなることであるか。そなたが思い通りに行かないのはそなたのせいであるぞ。人のせいにしているから思い通りにいかないのぞ。その通りになっているであろうが。そなたが自分のせいであると認めて行動すればすべてわかることであるぞ。言い訳、反論、議論をしているならば人のせいにしていることを白状していることになるぞ。神に素直でない者は神のやり方はいつまでも体験できんのであるぞ。いつまでも混乱のゲームをしているがよいぞ。地獄のゲームがいやならば、ツベコベ理屈を言っていないでこの方の言う通りに素直にやってみるがよいぞ。できるかできないかを議論している限りそなたはできないのであるぞ。そなたができるかできないか議論しているからできないのであるぞ。そなたのしたいことは議論することであるぞ。そうでないといってもそなたがしていることが証拠であるぞ。

 この方のやり方を始めたならば、そなたの想いがすべて形になるまでやることぞ。「もう無理だ」「まだできない」と言っているのはそなたがやめているだけであるぞ。そなたが外を見ている証拠であるぞ。そなたが外をさがしている証拠であるぞ。そなたの内側の掃除が進めば進むほど、今までのそなたから見れば奇跡に見えるやり方で簡単にお望みのものを提供するのであるぞ。そなたはもともとは天国なのであるぞ。そなたがとらわれた快欲が、あやま知が、そなたの天国を曇らせているのであるぞ。今のそなたから見ればこの方のやり方は怖いぞ。怖いからこの方を信頼していないと手を放せないのであるぞ。そなたが言ったことを行動に移したとき信頼と引換えにそなたの望み通りに与えるのであるぞ。行動したら戻れないから、行動することで信頼していると認めるのであるぞ。神のテストは口先だけでは駄目なのであるぞ。そなたのシナリオを形で見せてくれればこの方も次の教材を与えるのであるぞ。今ならお陰をもらいながら一つずつ掃除できるぞ。最後の最後は掃除終わるまでお陰渡さないのぞ。どっちがよいか今ここで決めて行動せよ。
P234
 そなたに○×なければそなたは何でもできるのであるぞ。言い訳も責任転嫁もしなくてよいのであるぞ。文句もでないのであるぞ。そういうものを口に出したりココロで思ったりしているのは○×がある証拠であるぞ。○×は自分の保身が前提であるぞ。自分が損しないようにするにはどうしたらよいかを見ているのであるぞ。損しないと得はないのであるが知っているか。得ばかりでは偏ってしまうのであるぞ。そなたがしたいことを形になるまでやればこの方のことが分かってくるのであるぞ。人がどう言うかを気にしているときはできないぞ。人の言うことに文句言うとできないぞ。人を説得しながらやろうとすると遅くなるぞ。そなたがたとえ死んだとしてもそれはそれでメグリの清算ができたのであるぞ。魂のそなたが掃除できていればいつでも肉体を持てるのであるぞ。そなたは何を怖がっているのか。怖がっている間は何もできないのであるぞ。そなたが守っているものは崩れるものであるぞ。そなたがどんなに抵抗しようとこの方の言うことを疑ったり批判したりしているならば、そなたはこの方のことを知っているのであるぞ。そなたは何を批判しているのか。そなたがそれをやらないだけであるぞ。想念は消せないのであるぞ。そなたが想像できるもの否定できるものはすべてあるのであるぞ。後はそなたが選ぶか選ばないかであるぞ。言い訳はそなた自身にしているのであるぞ。


*******************************

     【告】

+++++++++++++++++++++++++++++++

 気になる 関連リンク集

*******************************

逆お結び36 心の掃除急ぐのぞ⑱

2011-06-06 Mon : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

皆さんがやることは、皆さんの外側のものを道具にして内側の掃除をすることだけ
P54
 皆さんの外側には「悪」というものはないのです。皆さんが選んでいる「悪」という基準で外側を裁いているのです。自分の「善」「正しさ」を証明するために「悪」を否定するゲームをしているのです。自分だけを守るために、自分以外を排除して、自分を残すゲームをしているつもりになっているのです。「善」と「悪」というのは、それはどちらも自分の中にある、自分の持ち物であることに気づいてください。片方を排除しようとすることは、自分の中を二つに分けていることになるのです。これでは皆さんの内側は、永遠に一つになりません。皆さんの外側も一つになりません。「天国」は永遠にできません。
 戦っている宗教では、皆さんは救われることはありません。これから必要なのは、皆さん一人ひとりが自分の内側を掃除することだけです。一人ひとりが自分の内側を一つにすることです。「善」も「悪」もなくすことです。すべて認めることです。すべてを許すことです。神様のココロになることです。それを実行することです。それだけが、皆さんを助けることになるだけでなく、皆さん以外の人も助けることになるのです。人を助けたかったら、自分を助けることです。人を助けたかったら、助けようとしないことです。
 自分が人を掃除することはできませんし、人が自分を掃除してくれることもありません。内側の葛藤は自分自身しかわからないのです。外にある「誰か」や「何か」が自分を助けてくれることもありません。一人ひとりが自分の内側を掃除するのです。外側にある「宗教」は要注意です。もっとも、皆さんが「自分の掃除」のことを知っていれば、外側を探しませんから、騙されたり、引っ掛かったりすることはありませんが。もし、騙されたとしても、それはその教祖様が悪いのではなく、皆さん自身の責任です。皆さんが外側を探していたのが原因です。教祖様を責めるのは、掃除が出来ていない証拠です。その「善悪」の基準、自分勝手、裁くココロを掃除することが実は、「内側の大掃除」なのです。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P164
 この方が語るのは、そなたがずっと探していた「夢を実現する方法」であるぞ。みなが嬉し嬉しになる「天国を創る方法」であるぞ。今の今の今今も、肉の体を脱いだ(死んだ)あとも天国でいつづける方法であるぞ。天国を創りだす唯一の真理であるぞ。そなたが今まで無視してきたから、そなたには天国がなかったのであるぞ。形の上では平和に見えてもそなたのココロは地獄なのであるぞ。そなたのココロに戦いがある限り、そなたの外側の戦いはなくならないのであるぞ。そなたの内を掃除しなければ、そなたの外にあるものは何一つ変わらないのであるぞ。そなたの内にあるものを神が見せているからであるぞ。そなたが見ているものはそなたの内にあるものであるぞ。外側にあるものを責めたり変えようとしたりしているといつまでもそのままであるぞ。
P165
 そなたは神に取りつかれているのぞ。そなたが人間として動けるのは、そなたの想念に応じて神が働くからであるぞ。そなたはいつもなんらかの神に取りつかれているのぞ。幽霊や悪霊に取りつかれている云々と人を批判したりバカにしたりするそなたもそういう神に取りつかれているのであるぞ。そなたがどの神に取りつかれたいかを決めているのであるぞ。そなたが人間のゲームに取りつかれて身欲や保身に走ったときに、そなたと同調して知らせる神もいるのぞ。そなたがこの方を無視すればこの方の生んだ「悪神」に引っ掛かるのぞ。「悪神」も新しい世では神になる「神」であるぞ。「悪神」に取りつかれたそなただけが新しい世にいけなくなるのであるぞ。「悪神」にはこの方がすべて教えてあるから、自分のしていることをすべて知っているぞ。「悪神」はすべてを知っていてそなたを引っ掛けているのであるぞ。「騙した騙された」というゲームをやるでないぞ。この方はこうやってすべて教えているのぞ。もう知らないという言い訳は通用しないのぞ。人のせいにも神のせいにもできないぞ。今までもそなたの心掛け次第でこの方やこの方の家来の神に取りつかれて天国になることもできたのであるぞ。すべてのすべてはそなたの責任であるぞ。責任はそなたにしかないのであるぞ。責任追及ゲームは幻想であるぞ。

 そなたがこの方を知らずにそなたの理屈で外を変えようとすると、ますます思惑と逆の方向へ進むのであるぞ。この方が表に出ている今今は、このことをハッキリと分からせるぞ。この方が許さないから今までのゲームはできないのであるぞ。そなたが人を変えることはできないのぞ。人が変わったのは人が変わることを選んだからであるぞ。そなたが変えたのではないぞ。いつまでもアベコベの幻想にとらわれていないで、この方が訓練したこの者の言うことをよく聞いて自らの嵌まっているトリックに気づいてくれよ。この者はこの方のやり方を人間としてすべて知っているのぞ。この方の天国の方法をマスターしているのぞ。今すぐにでも神の世界へ行ける身魂であるぞ。この者の肉体を消せば、そなたらがこの方のやり方が分からなくなるだけであるぞ。この者はこの方が守護しているから手出しするとそなたが危ないのであるぞ。そなたが新しい世界へいけなくなるだけであるぞ。教祖様、支配者様、権力者様、この方を知らぬ宗教を創って人民を地獄のゲームに誘うのはもうやめてくれよ。いい加減に目を覚ましてくだされよ。皆がそろってアウトになるのぞ。そなた自身もアウトになるのぞ。それでもよいのか。今ここで決めろよ。


*******************************

     【告】
+++++++++++++++++++++++++++++++

 気になる 関連リンク集

*******************************

逆お結び35 心の掃除急ぐのぞ⑰

2011-06-05 Sun : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

皆さんの言う「宗教」や「哲学」こそ人生上の体験を創りだす「物理学」である
P51
 皆さん一人ひとりが持っている「見方」「考え方」「行動指針」「方針」「基準」「ルール」「観念」「道徳」「マナー」「しきたり」「常識」「社会通念」等々といっているようなものは、たとえ皆さんが「哲学」や「宗教」という分類をしていても、すべて、皆さんが生まれてこのかた、親や学校や世間やテレビや噂や本などから教えられたものの中から、皆さん自身が自分の都合に合わせて選んだものであり、皆さんの人生の体験を創りだしている「物理学」なのです。「宗教」や「哲学」という分類をしているのも、皆さん自身の「宗教」に基づく、「自分勝手」なゲームなのです。
 見方を変えれば、皆さんの解釈や認識や現実を創りだす、すべての「考え方」、すべての「基準」が、皆さんがいっている「宗教」であるともいえるのです。皆さんが「宗教」であるとかないとか分類する基準そのものが皆さんの信じている(選んでいる)「宗教」であり、皆さんが皆さん自身の基準で、「自分の考え方は宗教ではない」と思い込んでいるだけなのです。
 皆さんの人生の体験というのは、皆さんが選択しているものに基づいて皆さんが体験しているゲームであり、皆さんが「その考えは選ばない」という選択を選んでいることで、その考えを選ばなかったときの、今、皆さんが選んでいる「宗教」に基づいて、その通りの結果を体験しているのです。
 実際のところ、「神様」も「仏様」も「常識」も、先ほどの「自分は~」のセリフも、すべて皆さん自身が創りだしているものであり、いうなれば、皆さん一人ひとりのもっている「オレの考え方」というものが、「宗教」そのものなのです。つまり、「宗教だ」「哲学だ」ということ自体が、皆さんの「宗教」であり、「哲学」なのです。議論というのは、「オレの考え方」と「オレの考え方」の正しさの戦いであり、お互いに「自分は正しい」「自分は善いことをしている」と思っているから、終わりがないのです。
 戦いというのは「善と悪」ではなくて、「善と善のぶつかりあい」なのです。みんな「正しい」から際限がないゲームになるというわけです。みんな「善人」だから、相手を「悪人」にして争いになるのです。相手を悪くすることで自分を善人にして、勝ったつもり、守ったつもりになっているだけです。

 皆さんが外側に「悪」を見ているとき、それは、皆さんの中にある「悪」を映しているのです。皆さんが外の「悪」と戦っている限り、外側の「悪」を排除しようとしている限り、皆さんは今回のハラとアタマの戦いに「勝つ」ことはできません。今回は、今までのような勝ち負けではなく、一つになった者が「勝ち」なのです。内側の戦いを終わらせた全員が勝つのです。その結果が、外でもない「天国」です。外側に戦いを挑んでいる限り、皆さんは永遠に勝つことはないのです。それどころか、戦いを挑んでいる皆さんは、最後の最後は全員負けることになります。これが「負けるが勝ち」の本当の意味です。勝ち負けゲームすらも、今までと全くアベコベの結果になるのです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P124
 すべてを一つに戻す大掃除の仕組みが加速しているのぞ。今までのやり方はもう通用しないばかりか、先に行くほど危なくなるのぞ。宗教も科学も一つであるぞ。このまま争いを続ければすべての魂が滅びるぞ。100パーセント自分自身に正直に生きる自分勝手だけが、元つ神の真意に従う生き方ぞ。「すべての身魂が助かる唯一の道」であるぞ。自分のことは自分で決めよ。今までの常識は混乱を造りだすだけの破壊への道、地獄への道であるぞ。今ここだけのイノチか、永遠のイノチかどっちか選べと言えば、答えは一つであろうが。永遠の地獄はないぞ。滅びか天国かであるぞ。神の世には悪はないのぞ。今ここも悪はないのぞ。そなたが欲を出すから悪が形になるのぞ。そなたの身欲を引っかけて気づかせるための仕組みであったのぞ。そなたが欲しいものが形になるのぞ。無くそうとするならば、そなたが欲しがるのをやめることであるぞ。今の今も悪の影はないのであるぞ。

 二十一世紀は神の心になった身魂のみが生き残れる嬉し楽しの天国であるぞ。そなたが長い間待ち望んでいた世界であるぞ。そなたは始源の時、この方と共にあったのであるぞ。時来りて元の神世に戻すのであるぞ。そなたの曇りを早くとれるようにこの方はあらゆる手段を使っていたのであるぞ。悪もって悪祓う仕組みぞ。そなたに悪見せて悪心に気づかせる仕組みであるぞ。悪裁いていては掃除はできないぞ。そなたの見ているものはそなたであるぞ。悪の神がそなたの悪の心を見せるべく、メグリ相応の者を出会わせているのであるぞ。殺す方も殺される方もメグリ会いであるぞ。自業自得であるぞ。
P125
 すべての出会いはお互いの欲しいものを交換しただけであるぞ。殺人も強盗も誘拐も戦争もいじめもすべてのすべてがメグリ会いであるぞ。どっちも悪くないぞ。どっちも正しくないぞ。お互いが自分自身のしたことの結果であるぞ。形の善悪はないのぞ。「そういう見方はよくない。人間じゃない」と言う者、そなたは裁いていることにお気づきか。自分のしていることをわかっているか。メグリなければ、犯罪も苦しみも悩みもないのであるぞ。そなたには何も裁くものはないのであるぞ。裁きたくなるのはメグリある証拠であるぞ。あやま知に囚われているぞ。いい加減に目を覚ませよ。最後の最後で消しゴムで消してしまうぞ。この方が消すのでないぞ。そなたがそなたを消すのぞ。この方は滅びる方法も助かる方法も見せているのぞ。そなたがしたことがそなたの体験になるのぞ。この方が消したというのはそなたが人のせいにしている証拠であるぞ。早く改心しろよ。

 二つに分ける知恵では一つにする神の心にはなれないのぞ。「分かつ知」「我善し」を捨てることが神の世に生きることになるぞ。本当かどうか疑うのは「分かつ知」を持っている証ぞ。損得の「保身」を持っている証拠ぞ。神に反して造りだした形あるものはすべて壊れる仕組みであるぞ。最後の最後は全員が肉体を去ることになるのぞ。仮死の状態にして掃除できた身魂だけを救いあげてミロクの民に致すのであるぞ。今までの学や知や教は綺麗サッパリ捨てて掃除をすることぞ。このフミを黙って読むことが最初の掃除であるぞ。判断が出てきたら捨てろよ。赤子になって出直せよ。今までのそなたのしてきた借金を一気に返す方法を教えているのであるぞ。元つ神でなければできないのぞ。何億の人間がいようとこの方にとっては簡単なことであるぞ。


 ******************************

  長谷章宏氏 最終メッセージ(召喚前)
        奥蜻蛉通信.net

 
 長谷夫妻をご支援して頂ける方は下記「長谷夫妻を支援する会」をクリックお願いいたします。そして、まずは日本を救う熱意でご協力頂ければ幸いです。
       長谷夫妻を支援する会


  <上記に関するリンク先>
「長谷章宏歴史資料館」「実録 人生というゲームの新しい遊び方」 「speed」 「TRBオクトワールド」
当ブログのカテゴリー「浮び上る縮図」

  <参考ブログ>
        全ての全てが逆さまなのだ!
        メッセージ
        浮び上る縮図 その2
        日本復興のための緊急メッセージ
        「長谷結理君事件」における裁判の真実 
             
******************************

   追加参考資料
<動画> 検証! 検察の大罪
テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル第35弾」5月22日放送より


******************************

逆お結び34 心の掃除急ぐのぞ⑯

2011-06-04 Sat : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

新しい時代を知るには「宗教」についての認識を新たにすることが不可欠である
P50
 私が、本の冒頭で、かくもしつこく「宗教」の話をもちだしたのは、実は、皆さんの間で、時代を超えて常に議論の対象となっている「宗教」や「哲学」というものについての真実を知ること。「宗教」や「神様」というものについての認識を新たにすることが、新しい時代に向けての出来事、人間というものの真実を知る上で欠くことができない非常に重要なことだからです。
 これは、私自身が四年間かけて、私自身、何度も何度も疑いながらも「新しいゲーム」(大掃除のプロセス)を実践し続けた結果、自分自身の体験から導き出した結論であり、この先もこの話題については、手を変え品を変え、しつこいくらいに何度も何度も書くことになりますので「またか」などと言わずに、復習のつもりで「辛抱して」読んでください。何度も何度も実際に繰り返すこと(ドリル)が、新しいことを体験から身につけるための有効な手段ですから。
 皆さんは、これから、いわば、全く新しいゲームのルールをマスターするというゲームを始めるわけで、今までマスターしたルール(「あやま知」)をキレイサッパリ入換えて、癖を直していくことが必要なのです。皆さんに「修行」と言うと、特別な行為を思い浮かべると思いますが、実を言うと、こういうプロセス自体が、「人生の修行」そのものであり、「悟り」の境地というのは、自分の外側は自分の内側であるということに気づき、自分の内側と外側を一つにすることで初めて得られるものなのです。「悟り」を知らない皆さんには、基準がありませんから、「悟った」かどうかは分からないのです。
 本当の「悟り」は「内側の大掃除」をしない限り得られないものであり、日常生活を教材にして「自分の内側」を鏡に映して「○×の掃除」を進めるという自分自身の修行、体験を通してしか得られないものなのです。「修行」は皆さんの日常生活の体験でできるもの、いや、日常生活でしかできないものなのです。日常生活でできなければ、どこへいってもできないのです。皆さんの人生の質そのものを高めていくというレッスンなのですから、特殊な状況で「悟り」を開いても意味がないのです。実は、ここからが皆さんの本当の人生勉強なのです。

 このように、「宗教」と「科学」の論争を解結すること、今までの「錯覚」に気づいて「真実」を知ることが、新しい時代へ向けて避けては通れない関門であり、実は、私が今までやっていたことは、「宗教」と「科学」を一つに統合する作業だったといってもよく、「宗教」という内なる世界の「科学」について知ることが、すべての真実を知るカギであると言っても過言ではありません。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P264
 この方の構えた宇宙の出産が始まっているぞ。そなたは産道にいるのぞ。九の道ぞ。九九路、ココロぞ。ココロの世界の出産であるぞ。そなたらの世は「12345678」の世であるぞ。神の型になる仮の型であるぞ。神の真型は「〇12345678九十」ぞ。神の型とそなたの型の差を取るのが「悟り」であるぞ。〇九十(マコト)は1~8の外にあるのぞ。そなたが誠を語ることはできないのぞ。マコトは一人ひとりのココロにあるのであるぞ。良いことをするのがマコトではないぞ。神ゴコロがマコトであるぞ。外から中へ伝わるぞ。神は想念に入るぞ。この方との臍の緒がココロであるぞ。
P265
 日本の国土は国常立の神の御神体であるぞ。日本は神のキいずる唯一の国なるぞ。ヒノモトぞ。霊(ヒ)の元(モト)なるぞ。日本と世界は似ているぞ。日本先世界後ぞ。ヒノモト創って世界を創ったのぞ。ヒノモト変わらなければ世界は変わらんのぞ。そなたが変わらなければそなたの外は変わらんのぞ。すべてのすべてが同じ仕組みであるぞ。

 日本が親で世界が子ぞ。兄弟ではないぞ。幹あって枝あるぞ。親あって子あるぞ。神あって人あるぞ。幹が枝の真似をしてどうするのぞ。世界の人民は神の子ではあるが、日本が親で世界が子ぞ。五体は五大陸ぞ。日本がハラぞ。五体はハラが統べ真釣るのぞ。ハラは一つぞ。後は対であるぞ。頭は左右分けているぞ。アタマでは統べ真釣れんのぞ。アタマでやるとアベコベになるぞ。アタマでは魔釣りになるぞ。すべてのすべてに型示しあるぞ。ハラで栄養とるようになっているであろうが。

 そなたの議論している宇宙は神の子宮の中ぞ。出産はただ一度ぞ。今までの知識イランぞ。邪魔であるぞ。そなたの知識では理解できんのであるぞ。この方の言う通りにしていれば安産であるぞ。臍の緒切るのぞ。九九パーセント逆子ぞ。帝王切開するぞ。

 障害者はそなたらのしていることの型示しぞ。そなたらが偏っていることを教えているのぞ。障害持ってメグリを清算することを選んだものが肉体をもってきているのぞ。難病も同じであるぞ。年齢は関係ないぞ。メグリ相応の形になるのぞ。形は不平等ぞ。取り違えするでないぞ。
 頭は頭、足は足それぞれ役目もって動いて始めて調和ぞ。形の平等ないぞ。目が鼻になりたいと言ったらそなたの顔はどうなるぞ。区別大切ぞ。差別でないぞ。区別タテワケしないことが差別ぞ。「天地」ではないぞ。「元つ天/地/小天」ぞ。「霊心体」ぞ。霊先体後ぞ。神先人後ぞ。霊界先現界後ぞ。合わせ鏡であるぞ。
P266
 人間性は神そのものぞ。人間は真実知らんぞ。マコトの智慧はこの方だけが知っているのぞ。そなたの想念を通していつでも教えるぞ。メグリ掃除すれば与えるぞ。自分のしただけのことは返せよ。人間というのは「ヒトの間」ぞ。「ヒト」は「一十」ぞ。○12345678九十が神の真型ぞ。1から十を統べ奉る神がヒトぞ。そなたは1~8の世界にいるのぞ。九は産道ぞ。十への準備ぞ。異常出るぞ。八の世の知識では分からんことばかりであるぞ。人間はヒトではないぞ。人になる間であるぞ。

 ○~十は元つ神ぞ。012345678九十(表)と十九876543210(裏)全部で22あるぞ。表と裏が一つになって22を産むぞ。22(フツ)産(ウ)ぞ。フツウは神ぞ。人間はフツウでないぞ。上下に並べてそれぞれを足すと「十」になるぞ。表と裏が一つになって神が形になるぞ。すべてのすべてが神であるぞ。「火」と「水」の十字であるぞ。十が傾いているから×になるのぞ。「火水」は「秘密」ぞ。神は形になるぞ。
 表面上は不平等ぞ。一人ひとりのメグリによって「病気」や「事故」や「怪我」や「損」や「死」は違うのぞ。不平不満言うなよ。人と形を比べるなよ。うらやましいとか不公平だとかいうなよ。納得できなくてもそれは自分のしたことぞ。形の平等はつくれんぞ。掃除するまでできんぞ。自分のしたことだけは拒めないのぞ。神恨むのは逆恨みぞ。逆恨みは自分にカエルぞ。自分のしたことの結果を人のせいにするなよ。自分勝手であるぞ。
P267
 形にあることはすべて自分のした結果ぞ。今度のタテカエタテナオシもそなたらがしたことを元に戻すための計画であるぞ。そなたはもともと、この方の嬉しの世界にいたのぞ。そなたが神の法はずさなければ今度の「世紀末」は嬉し嬉しで神代となったのぞ。大掃除無かったのであるぞ。すべてのすべてはそなたが創りだしたことであるぞ。この方はそなたらのしたことのしりぬぐいをしているのであるぞ。そなたらにはもうどうにもできないことであるからこの方がやるのであるぞ。この方は大掃除をやる前にすべてを教えているのであるぞ。予言ではないぞ。警告であるぞ。予告であるぞ。今までの知にとらわれるでないぞ。このフミは今までの予言書とは違うのぞ。マゼコゼにすると残念がでるぞ。


 ******************************

  長谷章宏氏 最終メッセージ(召喚前)
        奥蜻蛉通信.net

 
 長谷夫妻をご支援して頂ける方は下記「長谷夫妻を支援する会」をクリックお願いいたします。そして、まずは日本を救う熱意でご協力頂ければ幸いです。
       長谷夫妻を支援する会


  <上記に関するリンク先>
「長谷章宏歴史資料館」「実録 人生というゲームの新しい遊び方」 「speed」 「TRBオクトワールド」
当ブログのカテゴリー「浮び上る縮図」

  <参考ブログ>
        全ての全てが逆さまなのだ!
        メッセージ
        浮び上る縮図 その2
        日本復興のための緊急メッセージ
        「長谷結理君事件」における裁判の真実 
             
******************************

   追加参考資料
<動画> 検証! 検察の大罪
テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル第35弾」5月22日放送より


******************************

逆お結び33 心の掃除急ぐのぞ⑮

2011-06-03 Fri : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

皆さんの内側の「宗教」が「議論」や「争い」を創りだす原因である
P48
 皆さんは、実際のところ、人間というものについての真実は何も知りません。今まで学んできたことは、そのほとんどが、人間という存在の真実を覆い隠してしまうものなのです。だからこそ、皆さんは、死を恐れ、「悩み」や「葛藤」を感じつづけ、「トラブル」や「問題」を創りだし続け、「平和」や「幸福」や「平等」を探し続けても、一向に見つからないばかりか、ますます思惑とは反対の方向へと進んでいっているのです。
 いうなれば、皆さんは目隠しをして、人間というゲームを歩み、目の前に現れた現象(トラブルも善いことも)を、自分の学んできた知識を使って、自分の都合のいいように解釈しているだけに過ぎないのです。皆さんは、その「知識」が本当に真実かどうかを確認しないまま、自分のシナリオに取り入れてきたのです。
 本当は、皆さんの外側には一つの「現象」がただ存在しているだけであって、「科学」も「宗教」も「常識」も「非常識」も「奇跡」も「偶然」も「善いこと」も「悪いこと」も一切ないのです。皆さんの内側で感じていることについても、「正常」とか「異常」とかいうことは一切なく、誰が何と言おうとも、皆さんが見ているもの、感じているものはすべて真実なのです。つまり、皆さんが外側に見ている「人の意見」とか「人の行動」とかいうものは、その人の内側を表現したものですから、「正常」とか「異常」とかいうものは一切ないのです。「正常なフリ」するというゲームは、皆さん自身が外側を分類するゲームをしている結果、自分を守るため、批判されないために必要だと思い込んでいるだけのことに過ぎません。実際は、自分を守る必要はないのですが。

 「科学か宗教か」「存在するかしないか」「本当か嘘か」といった議論を創りだしている本当の原因というのは、皆さんの外側にあるのではなく、皆さん一人ひとりが選んで、一人ひとりが創りだしている「宗教」にあるのだということ、そして、そのお互いの「基準」自体を、またまたお互いの「宗教」で判断しあうことで、堂々巡りの、出口のない、いつまでやっても結論の出ない、議論や争いを創り続ける結果になっていることに気づいてください(この見方は、今この本を読んでいる皆さん自身にもあてはまるものですので、この先も、そのつもりで読み進めてください)。そのことに気づかない限り、これから先、皆さんは、何が何だかわからなくなっていくでしょう。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P187
 神の法則に従うことを「神に真釣ろう」というのぞ。「真釣り」というのぞ。神の法則に反することを「魔つり」というのぞ。両方とも同じ「マ釣り」であるが、全くアベコベの結果になるのぞ。「真釣り」は永遠の繁栄、「魔釣り」は永遠の滅びであるぞ。この方のヒノモトの言葉はこういうふうに違いが分かるようにしてあるのぞ。そなたは今まで「魔釣りの世」で生きていたのであるぞ。そなたが今持っているものは「魔釣り」のやり方であるぞ。そなたが今まで学んだものを持ちつづけると最後は滅びることになるのであるぞ。新しい世は神の世であるぞ。神の世は「真釣り」のみであるぞ。「魔釣り」はないのであるぞ。神が最後の最後に「魔釣ろう形」をすべて掃除するのであるぞ。そなたが「真釣り」に生きることを始めなければそなたには次の世界はないのであるぞ。

 神なくて人あると思うなよ。そなたはまず想念が先にあって行動は後であるぞ。魂が先にあり、肉体が後であるぞ。そなたは考えてから行動するのであるぞ。神が先で人が後、霊界があって現界(物理次元、物質世界、現実)があるのであるぞ。この順番をまぜこぜにするとすべてのすべてが狂うのであるぞ。天国を創るためにはこの方が創った順序通りにすることが必要であるぞ。そなたが「天地」といっているのがそもそもアベコベであるぞ。この方がいる「元つ天」が初めにあったのぞ。次にこの方は「大地」を創ったのぞ。最後に大地を守護する「中つ天(小天)」を創ったのぞ。そなたらは「元つ天」と「中つ天」をまぜこぜにして「天」「地」としていたのであるぞ。この順番が狂えばすべてが狂うのであるぞ。神の法則に従えば、現界でも天国を体験できるのであるぞ。現界が天国でなければ、そなたは何らかの神の法則外し(真釣り外し)をやっているのぞ。自分がしたことを人のせいにしているのであるぞ。そなたには神成る身の自覚がないぞ。
P188
 人は食らう量限りあるぞ。天恵は無限であるぞ。「資源は有限である」というのは、あやま知であるぞ。この方は何でも創りだせるのであるぞ。そなたは「あやま知」を使ってそなたらを支配しようとしていた者たちに騙されていたのであるぞ。その者たちも自分たちが真釣り外しをしていることを知らないのであるぞ。最後の最後には両方ともアウトであるぞ。この方が今ここで教えているのであるから素直に改心しろよ。「あやま知」に基づいて創られる観念はすべて神の法則に反しているのであるぞ。だから、問題が生じることになるのぞ。そのままやれば永遠に天国はないのであるぞ。そなたはお金を集める商売にせいを出しているが、そなたが扱っているものはすべて資源がなければアウトのものばかりであるぞ。資源は神が創りだしたものであるぞ。「神はいない」「神は信じない」と言っているならば、資源を引き上げられたらそなたがどうなるか考えてみやれよ。お金が神になっているぞ。お金がなければすべてないような錯覚にとらわれているぞ。経済制裁が効くのは過ちの世だけのことであるぞ。神に真釣ろえば、お金の脅しは効かないことがわかるぞ。そなたが神に真釣ろえば、お金でも食べ物でも何でも与えるのであるぞ。魔釣りの世でも真釣りに生きることができるのであるぞ。一人ひとりが天国になれるのぞ。
P189
 「神を信じない」という者は何を信じるのか。そなたの本体は想念であるぞ。想念は神の分身であるぞ。想念というのは魂を肉体で感じているものであるぞ。そなたは「地の日月の神成る身(日月地の神成る身)」であるぞ。そなたは「神」に成る身であるぞ。そなたは神の掟に反することはできないのぞ。人間のルールは人間だけのものであるぞ。この方は神の掟を押しつけるつもりはないが、このフミをよく読んで決めろよ。このフミを議論しているのは「あやま知」に囚われし証であるぞ。今の世の道徳には、クサキものたくさんあるのぞ。そなたは苦があるのを当り前と思ってないか。神は喜びであるぞ。神の世に悪はないのぞ。悪を見ているのはそなたぞ。苦は真釣り外しをしたそなたが創ったものであるぞ。自らが創ったものを外のせいにするからますます真釣り外しするのぞ。


 ******************************

  長谷章宏氏 最終メッセージ(召喚前)
        奥蜻蛉通信.net

 
 長谷夫妻をご支援して頂ける方は下記「長谷夫妻を支援する会」をクリックお願いいたします。そして、まずは日本を救う熱意でご協力頂ければ幸いです。
       長谷夫妻を支援する会


  <上記に関するリンク先>
「長谷章宏歴史資料館」「実録 人生というゲームの新しい遊び方」 「speed」 「TRBオクトワールド」
当ブログのカテゴリー「浮び上る縮図」

  <参考ブログ>
        メッセージ
        浮び上る縮図 その2
        日本復興のための緊急メッセージ
        「長谷結理君事件」における裁判の真実 
             
******************************

   追加参考資料
<動画> 検証! 検察の大罪
テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル第35弾」5月22日放送より


******************************

逆お結び32 心の掃除急ぐのぞ⑭

2011-06-02 Thu : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

皆さんは一人残らず「宗教に狂っている人間」である
P46
 皆さんの人生には、「絶対に正しいこと」とか、「ありえないこと」とか、「現実ばなれしていること」とか、そういうものはありません。皆さんに、そういうものが見えているならば、それは、皆さんが、「自分の見ている現実の中で生きよう」「自分の見ている現実だけが正しいのだ」という枠を自分自身に嵌めて、その通りに行動している結果、そういうふうに錯覚しているだけなのです。皆さんが、自分自身の選んだ結果体験していることを基準にして、目の前で起きていることを「判断」しているゲームに過ぎません。
 皆さんのその体験を創りだしているのは、皆さん独自の「宗教」であり、その「宗教」に枠があれば、皆さんの体験にも枠があることになり、その枠の外のものが現れると、「ありえない」「起きるはずがない」と見えるというわけです。「皆がやっているから」というのも「宗教」の一つですから、いやならば、選択する必要はないのです。
 皆さんが「ありえないから」といって、それを排除していると、皆さんの体験として、いつまでも「ありえない」ままになってしまうのです。
皆さんが「現実は」「社会は」「常識は」と言っているものは、そういうものが「存在する」という幻想を皆さん自身が創りだしているだけに過ぎません。いわば、皆さんが皆さん自身をトリックに嵌めているようなものです。皆さん自身が「そんなことは起きるはずがない」という前提を決めて、すべてのものごとを処理しているのです。
皆さんが、「できるはずがない」と思えば、皆さんはそれをしませんから、いつまでたっても「できるはずがない」のです。「できるはずがない」理由も、これまた、皆さんが創りだしている幻想なのです。
 この見方について、アレコレ議論をすることもできますが、永遠に並行線のまま、結論はでないでしょう。最後には「こいつは宗教に狂っているから、言っても仕方ない」と言いだすのがおちです。その議論を創りだすのも、そういう議論を導きだすのも、皆さんが皆さんの選んだ「宗教」に狂っている証拠なのです。
 皆さんが、目の前の何かを否定したり、批判したりしたくなったとしたら、それは皆さんが、そういう見方をしているだけであって、その「何か」は○でも×でもないのです。その「何か」に決まった意味があるとしたら、議論というゲームは成立しません。皆同じものを見ますから、議論の余地はないのです。
 皆さんが「否定しているもの」は、存在します。皆さんは「自分が何かを見て否定している」という、その「何か」があることを忘れています。ですから、何を議論しているかといえば、その「何か」をどう見るかという、お互いの「見方(宗教)」の正当性です。皆さんがやっているのは、「あんたと私のどっちの見方が正しいか」「どっちの見方をする人が数が多いか」というゲームなのです。これは、この見方自体の議論についても成り立ちます。この議論は、どっちかが折れない限り、どっちかが肉体的にいなくならない限り、永遠に続くことになります。
 皆さんがそういうふうに見ていること自体、皆さん自身の「宗教」そのものであり、皆さんは一人残らず、すべて「宗教に狂っている」のです。実際のところは、「心理学」も「哲学」も「宗教」も「常識」も「非常識」もすべて一つのものなのです。すべては、皆さんが、皆さんの外側にある「誰かが言っている意見」や「目の前で起きている出来事」を皆さん自身の内側の「基準」で分類しているだけで、すべて、「自分教」の正当性を主張する、「自分教」の押しつけ合戦に過ぎないのです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P214
 どっちがよいか、どっちが得かのゲームは問題を創るだけであるぞ。物事を二つに分け続けるだけであるぞ。ねずみ講であるぞ。どんどんワケが分からなくなっていくだけであるぞ。そなたらは分けに分けてそなたとこの方の関係まで見えなくなってしまったのであるぞ。宗教とか哲学とか言って学問や他力本願の対象にしてしまったのであるぞ。この方を忘れてしまって、自分が何をしているかわからなくなってしまったから「問題の山」を前にして途方に暮れてしまっているのであるぞ。そなたらは自分で問題を創って自分で悩んでいるのであるぞ。これ以上「あやま知」に占領されたアタマを使って外側の情報を創りだしては神の世界がますます見えなくなるだけであるぞ。ますます混乱が進むだけであるぞ。ますます思惑とは反対の方向に行くだけであるぞ。平和も平等も自由も安全も全部遠くなっていくぞ。分けがわからなくなるだけであるぞ。何とかしようとするほど何とかならなくなるのであるぞ。人間にはもう何も解結できないのであるぞ。今ある問題は、神の世界を創る大掃除の序曲であると同時に、そなたらの魂のお掃除をするための材料であるぞ。神の視点になる訓練をする教室であるぞ。そなた次第でゴミにも宝にもなるぞ。

 そなたがすることは今までのあやま知をきれいさっぱり捨て去って、調和を創る神の仕組みを生きることであるぞ。生きる基準を変えることであるぞ。そなたの魂のお掃除を始めれば今起きていることが見えてくるのぞ。今起きていることがそなたとは関係なくなるのぞ。そなたが見方を変えなければどんどん怖いことになっていくのぞ。そなたが今までのゲームを続ければ続けるほどそなたが危なくなるのぞ。そなたとそなたの回りとは関係ないのぞ。そなたが掃除済めば、何が起きようが気にしないで遊べるのであるぞ。そなたがメグリ持っている分だけ遊べないのであるぞ。「遊べない」「できない」と言っているからずっとできないのであるぞ。そなたは物質を使って遊ぶ魂であるぞ。今世はメグリなければ嬉し楽しの遊び場であるぞ。
P215
 外を探していても何も答えはないぞ。二十一世紀というのは全く別の世界になるのぞ。魂の世界と物質の世界が半分ずつの世界になるのであるぞ。今のそなたが想像しても分からないのであるぞ。想像するよりも掃除をすることぞ。掃除をすれば見えてくるのぞ。どうなるか、何が起きるか、どうすれば助かるか、をやっていると助からんぞ。何もわからんぞ。肉体を守っても魂がなければ何もないのぞ。肉体の死を恐れていると魂が死ぬのぞ。神の世界の規則通りに生きればそなたに死はないのぞ。肉体の死はあってもそなたに死はないのぞ。そなたは物質ではないぞ。そなたは魂であって肉体であるぞ。そなたが守っているものは今までの遊び場で与えられた遊び道具であるぞ。今までの遊び道具を握っていると新しい遊び道具を渡すことができないのぞ。新しい道具がほしいならば今までの道具を放すことであるぞ。新しい世界は今の肉体では遊べないのであるぞ。一度肉体を脱いで新しい肉体(服)を着る必要があるのぞ。そなたという魂が新しい世に合った行動をしていないと新しい服は着られないのであるぞ。


 ******************************

  長谷章宏氏 最終メッセージ(召喚前)
        奥蜻蛉通信.net

 
 長谷夫妻をご支援して頂ける方は下記「長谷夫妻を支援する会」をクリックお願いいたします。そして、まずは日本を救う熱意でご協力頂ければ幸いです。
       長谷夫妻を支援する会


  <上記に関するリンク先>
「長谷章宏歴史資料館」「実録 人生というゲームの新しい遊び方」 「speed」 「TRBオクトワールド」

  <参考ブログ>
        メッセージ
        浮び上る縮図 その2
        日本復興のための緊急メッセージ
        「長谷結理君事件」における裁判の真実 
             
******************************

   追加参考資料
<動画> 検証! 検察の大罪
テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル第35弾」5月22日放送より


******************************

逆お結び31 心の掃除急ぐのぞ⑬

2011-06-01 Wed : 逆お結び 
【西暦2000年ミロクの世が開かれる】 長谷章宏 著

皆さんの多くは「あやま知」という「宗教」に狂っている
P42
 多くの皆さんは、「教祖様」が言っていることや、「○○教」の言っていることや、「神様」という言葉が出てくるものや、「目に見えない世界」のことが出てくるものを「宗教だ」と定義付けしているようですが、皆さんの回りの人が言っていることや、皆さん自身が「世の中は甘くない」云々と言っているものも、すべて「宗教」なのです。
 「人生どう生きるべきか」「自分の見たものをどう解釈するか」という表現のものを「哲学」と定義付けしているようですが、これもまた「宗教」なのです。そして、他でもなく、「これは哲学、これは宗教」云々、と定義付けしている皆さんのその定義自体が「宗教」なのです。皆さんは、その基準に従って、目の前のものを見て、解釈して、動いて、形にしていっているということですから、その結果は、すべて皆さん自身の責任です。
 皆さんが、「宗教」を特別な人がやる神様ごとであるとか、「哲学」を単なる学問であるとか、人のやっていることを見て、「変な宗教に狂っている」などと思っているとしたら、それも皆さん自身の「宗教」であることはもちろんですが、皆さんは大きな取り違いをしていることにもなります。実は、そういう「宗教」で、ある「宗教」(自分が認めていること以外の見方、考え方、「宗教」)を拒否しているから、皆さんは真実を知る機会もなく、未だに混乱の中にいるのです。神様から見れば、皆さんは、ご自分のなさっていることを全くわかっていないという証明を自分自身でしていることになります。
 これは、今まで学んできたことでは、納得できないかもしれませんが、それは、今まで学んできたことが、そういうことに気づくことができない、まったくアベコベの「大きな宗教(あやま知)」だからです。つまり、納得できないということは、皆さんが「あやま知」を選択している証拠なのです。皆さんがこれを認めないと、話が進まないばかりか、この先の自分自身の人生にも大きな影響がでてくることになります。
 ここに書いてあることと今まで学んできた「あやま知」とは「裏と表」の関係です。つまり、皆さんがここに書いてあることについて「批判」や「判断」を始めること自体が、「あやま知」に囚われている証拠であり、「あやま知」を選んでいることを自分自身で白状していることになるのです。「私は違う」と言っても、それも自分の正当性の主張ですから同じことです。
 皆さんは本来、いちいち自分が何を選択しているかを人に説明する必要はないのです。皆さんの言ったこと、したことを「批判」したり、「判断」したりすることを始める人は、「あやま知」の中にいますから、それにまた反論するならば、相手と同じことをしているだけでなく、皆さんは永遠にその中から出られなくなります。
 そして、皆さんが、そういうゲームをしている限り、もう一つの現実を見ることはできません。今回の分岐点は、一方をキレイサッパリ捨てて、もう一方を選ぶという「どっちの宗教に狂うか」という、どっちか一つの選択です。
 皆さんの外側にはもともと○も×もないのです。皆さんが「判断というゲーム」ができるのは、皆さんの内側に○や×を持っているからです。そして、その○や×は「ある」のではなくて、皆さんが「選んだ」ものなのです。皆さんが、○か×か何方かを選んでいるのです。ということは、皆さんの目の前のものには○と×の二つの見方がある(言い方を換えると、目の前のものには意味はない)ということになります。
 皆さんが「○×は外側にある」という「宗教」を選んでいれば、その現実がいつまでも続くだけです。実際は、皆さんが二つの見方の片方を選んで、それにしがみついているだけのことなのです。「見ているものは同じなのに相反する二つの見方がある」というのはオカシイことだと気づいてください。「あいつの方がおかしいんだ」と言ったところで、「相反する見方」の方は消すことはできませんから、悪しからず。
 皆さんが、今まで、半ば「しかたなく」「あるのが当然のこととして」やっていた、「議論」も「裁判」も「話し合い」も「喧嘩」も「戦争」も、すべて、皆さん一人ひとりの「内側の○×」が創りだす幻想ゲームだったのです。皆さんが、今まで、人から学んできたり、人に教えたりしている「あやま知」というのは「○か×か」の二元論であり、それにしがみついている限り、絶対に結論はでないのです。そして、それは、「当たり前のこと」でも「真実」でもなかったのですから、本来は「強制力」はないのです。「あやま知」の創りだした「恐れ」を使って、力という幻想を創りだしていただけなのです。
 皆さんは、今まで、「三次元(立体)」に生きていながら、「二次元(平面)」のゲームを楽しんでいた(苦しんでいた)というわけです。そして、この先は、もう、そのゲームを続ける必要はないということを今ここで提案しているのです。あとは、皆さん一人ひとりが、どういう選択をするか、を決めればよいだけなのです。「でも~」と言うのは、「あやま知」の選択ですから、そのつもりで。

    ・・・・・・・・・・・・・・
P136
 そなたは、神の法則を無私して、神を知らぬ人間の法則に従っていたから悩みを創りだしたのぞ。そなた自身が悩みを創りだしたのぞ。自分で創っておいて神に頼っているぞ。自分でしたことを人の責任にしているぞ。そなたが頼っている神は人間が創った神であるぞ。そなたの創りだした神はそなたの外にいるのぞ。外の神では悩みはなくならんのぞ。そなたの創った神はそなたの外にいるぞ。本当はそなたと神は一体であるぞ。神が外にあるという宗教、外を信じろという宗教はすべてウソであるぞ。そなたは、そなたの外に神を創りだして悩んでいたのぞ。そなたの外にいる神とそなたの境はどこにあるのぞ。そなたは自分で創った悩みを外の責任にするから悩みがいつまでも消えんのであるぞ。そなたが神を創ったのなら、そなたが神の神であるぞ。そなたは神であるのに、なぜに不満や文句を言うのか。神は何でもできるのであるぞ。神には悩みはないのぞ。そなたが神の子であるからそなたは悩みでも喜びでも創れるのぞ。神がそなたのお望み通りのものを与えるからぞ。外にある神を信じれば悩みがなくなるなどということはないのであるぞ。内と外を分けていてなぜ一つになるのぞ。悩みは分けているからあるものであるぞ。

 神は歓喜弥栄であるぞ。神には喜びしかないのぞ。神は100パーセント喜びであるぞ。一時の喜びではないぞ。全部喜びにならないと神ではないのぞ。現世利益を求めるのは構わないが、神の言うとおり生きればすべて望みが叶うようになるのぞ。神を生きれば、御利益がすべて叶うから御利益を求めることはないのぞ。そなたが何かを求めている時、そなたは神の生き方していないのぞ。そなたの望みが叶っていないから求めることになるのぞ。そなたの欲しいものを外に探しても何も叶わないのぞ。そなたの内にすべての鍵があるのぞ。そなたの内にあるものが外に見えているのぞ。そなたの外に見えているものはそなたの内にあるものであるぞ。そなたの内を変えなければ、外に見えるものは変わらないのぞ。そなたの姿があるかぎり、鏡を割っても何回でもそなたが映るのと同じであるぞ。外の鏡を割っても何も消えないのぞ。そなたの姿を変えれば、映るものが変わるのぞ。


 ******************************

  長谷章宏氏 最終メッセージ(召喚前)
        奥蜻蛉通信.net

 
 長谷夫妻をご支援して頂ける方は下記「長谷夫妻を支援する会」をクリックお願いいたします。そして、まずは日本を救う熱意でご協力頂ければ幸いです。
       長谷夫妻を支援する会


  <上記に関するリンク先>
「長谷章宏歴史資料館」「実録 人生というゲームの新しい遊び方」 「speed」 「TRBオクトワールド」

  <参考ブログ>
        メッセージ
        浮び上る縮図 その2
        日本復興のための緊急メッセージ
        「長谷結理君事件」における裁判の真実 
             
******************************

   追加参考資料
<動画> 検証! 検察の大罪
テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル第35弾」5月22日放送より


******************************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。