スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 504 悪が許されないものならば、悪を裁くあなたは存在し得ない

2012-11-30 Fri : 長谷章宏語録 
この本は、今のあなたにとっては、見たくないこと、都合の悪いこと、認められないこと、恐れを感じること、許しがたいこと、ありえないことの類を、視覚で見える文章という形で提示している。今までの視点で価値判断をすれば、批判、否定、怒り、混乱の感情を呼び起こす材料になるのは当然のことである。しかし、それらの反応をしてもここに書かれていることを抹消することはできない。その反応をすることが、実は、ここに書かれていることの正しさの証明でもある。あなたが、その感情を呼び起こすのはなぜなのか。あなたが分裂思考を持っていないならば、あなたには『許せない』という感情はない。神と悪魔が同じものであるとわかっているならば、あなたは、今で言う否定的な反応をすることはありえない。文章を読むということは、心で読む、心に書く、自分に語る、自分が聞く、ということである。ここに書かれていることは、あなたが自分自身と対話し、あなたの世界を根底から変えるための材料である。すべてを始めの初めからもう一度やり直す、その決心をすることが、あなたが本当の天国へ戻る冒険のスタートラインに立つ条件である。

まずは、すべての価値判断を一旦棚上げにして、赤ん坊に戻ってあなたの世界をゼロから作り直す積もりで最後まで読み終えることである。この本に書かれている世界には価値判断はありえない。比較の基準がないからである。『善悪はない』ならば、善も悪も感じることはない。「裁き」というのは『悪を許さない』という感情である。あなたが悪を裁けるのは、悪を作り出しているあなたを許しているからである。悪が許されないものならば、悪を裁くあなたは存在し得ない。従って、本当の天国を見るためには、『許さない』という言葉は禁句なのである。あなたが、価値判断を入れた瞬間、すべてが、認められないもの、許せないもの、ありえないもの、いらつかせるもの、おかしいものに見えてくる。あなたの世界が今までの世界に逆戻りする。あなたにとってこの本の世界は闇の中に消える。何も見えなくなる。全くアベコベであるから、少しでも油断をすれば、すぐ元に戻ってしまう。あなたの出口は一つだけである。どう見えようとも、他はすべて滅びへの入口である。

この本は、あなたが探していた正解を提示する、あなたを本当の天国に導く正書である。あなたがこの本をどう扱うか、それは自由である。しかし、あなたが本当に正直にならない限り、本当の天国は闇の中に消え去る。この本からあなたが得られる恩恵はただ一つだけである。あなたがそれを手にしない限り、あなたは本当の天国を体験することはできない。あなたが今見ているものは幻想である。本当の天国は、あなたの裏側にある。あなたの探しているものは、あなた自身が持っている。この本は、あなたがそれを使えるようにするための道具、あなたが錆びつかせた本当のあなたを再び動かすための潤滑油である。

あなたがすべての鍵を握っている。あなたがすべての現実を作る源である。あなたの世界はあなたの思い込みが作り出す世界である。この本は、現代社会に隠されたすべてのからくりを解明し、あなたの嵌まっているトリックの種明かしをしたものである。著者の勝手な空想の世界などではない。著者がこの本の視点ですべてを実行し、実際に体験した現実に基づいて書いた事実である。著者の体験で証明された真実である。著者の体験で証明された真実である。著者を通してあなたに贈られた真実の言霊である。あなたがすべての呪縛を取り払った時、あなたは本当の自由を手にすることができる。『いいのかな』と思った時『いいんだ』と言うための根拠となる材料、あなたがすべての支配から抜け出すためのハードルの越え方を書いた本なのである。あなたが本当の天国に帰るためにこの本を使って欲しい。使い方はあなた次第である。

            「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

スポンサーサイト

元つ話 503 神とは、あなたが『これがなければ困る』と思っているものすべてである

2012-11-29 Thu : 長谷章宏語録 
宇宙の種は混沌と暗闇の中にある。ある時、そこに偏在していたエネルギーが凝縮を始めた。その圧力が極限に達したとき、突然、大爆発(ビッグバン)が起こって、宇宙が誕生する。古い宇宙が崩壊し、新しい宇宙が誕生する。今のあなたは、自己崩壊と自己再生の相反するエネルギーが拮抗する混沌の真っ只中にいる。古い宇宙(嘘の天国)が崩壊して新しい宇宙(本当の天国)が誕生するビッグバンは近い。混沌と暗闇の中で死と再生のエネルギーが拮抗する出産前の陣痛に耐えることが、あなたが本当のビッグバンを体験するために、避けては通れない過程なのである。これは形の宇宙の話ではない。あなた自身の話である。あなたは今、古い宇宙の暗闇から新しい宇宙の光の世界に飛び出す直前にいる。

夜明け前が一番暗い。今度の夜明けは、永遠の光の天国の到来である。現代社会にある科学の学説や宗教の教理、神話、伝説やお伽話も、視点を変えれば、裏の裏の本当の意味が見えてくる。あなたの世界にあるどんなものにも、真実を解く鍵のありかを示す宝の地図が書かれている。その地図は、読み方次第で何通りにも読める。しかし、本当の鍵のありかはただ一つしかない。あなたの内にある心の雲(ウソ)を一つ残らず綺麗サッパリ祓わなければ、鍵の本当のありかをその地図から正確に読み取ることはできない。まずは、この本を足場にして心の雲を少しずつ祓い、本当の鍵のありかを読み取る目を養うことである。

この本を材料にして、議論することもできる。書かれていることを批判することもできる。否定することもできる。しかし、それをすることは、あなたにとって全く意味をなさない。なぜなら、それをするなら、今までと何も変わらないからである。それをしている間は、この本は白紙の束と同じである。あなたがこの本を読んでいる意味がない。この本の語る真実の世界は、あなたが今まで真実だと思っていた見方では絶対に見えない。あなたが今までその存在を考えたこともない、聞かされなければ綺麗サッパリ忘れ去っている、裏の裏の、そのまた裏側の世界を見せるためのものだからである。あなたが否定しても、それは存在する。あなたが批判しても、事実は変わらない。動かない。高等な学説を持ち出してきて議論しようが、屁理屈をこねくり回そうが、答えは一つである。今まで教えられてきたことは黒であり、この本が白である、と書かれている。だから、全く何も知らない赤ん坊がゼロからものの見方、生き方、社会の仕組みを身につけていく如く、あなたの持っている思いをすべてリセットし、白紙に戻して読み進めない限り、あなたには何も残らない。これはこういう意味だ、これが正しい、これは義務だ、してはならない、しなければならない、これは空想だ、これはありえない等々すべてのすべてがウソであり、いつか誰かが何かの目的で創り出したものである。それを神として信じている限り、あなたは自分がしてきた取り違いに目覚めることはない。身を以って阿鼻叫喚の修羅の地獄を体験するまでは絶対に認めない。あなたが信じている神はどんな現実を体験させる神か。それはあなただけにわかることである。神とは、あなたが『これがなければ困る』と思っているものすべてである。あなたがするものすべてである。経済も科学も無視論も神なのである。

            「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

元つ話 502 闇の者達がすべてのカルマを取り除くその最後の機会

2012-11-28 Wed : 神語録 
     <アルシオーネ>

他の存在達を奴隷化しているこうした者達のために多様な地球の転生が存在してきましたが、難し過ぎて愛し方を思い出すことができないことが頻繁にあります。
ひとつの慈悲深い行為の中で、マザー・セクメトことカーリ・ドゥルガーはこうした者達を取り除き、彼らをその進化のためにより適切な場所に配置することになるでしょう。

そして一部の者達は想像されなかった状態になり、その時系列から排除されることになるでしょう。
そしてそれは、まるで彼らが決して誕生しなかったかのような状態になります。
それぞれの足跡はその時系列から取り除かれて、その時系列は修復されます。
これが、次元上昇のためのひとつのエネルギー的な必要条件です。

    次元上昇の過程


・彼らは転生を続け、全12種族のDNAのすべてを混合しようとして、これを行いました。やがてすべてのクマラ達は人間の12種族に転生を行い、これが、人間の全12種族を起源とするDNAの混合体である13番目の異種混合種につながります。わたし達はその13番目の種族です。

・既に大気が変化しているため、わたし達の近い過去に創り出された核兵器は本質的に不発弾になります。
たとえ核兵器を試そうとしても、それは発火することができません。

・闇の者達の3次元の物質的な姿は、これほど多くの流入する愛を操作することはできません。こうした者達の中で、光に対抗して闇の分裂した影が働いています。

・異種交配の過程の中で、こうした爬虫類種の人間達は、そのDNAから思いやりという属性を取り除いてきて、彼らは歓びが意味するものを忘れました。彼らは事実通り愛が認識しているものを忘れました。彼らはその代わりに、そのすべてを権力と交換しました。

・皆さんは今まで、報道の中で、合衆国の中で隠蔽された政府を確認し続けてきています。光のために活動しているオバマ大統領は、国連大使スーザン・ライスを通して、テロリスト達は存在せず、むしろベンガジ内の殺人において内部犯行があったことを報告しました。

・闇の者達は、地球を離れることを認識しているため、怖れています。彼らは絶望に陥って、自分達が認識する自分達のすべての力を明らかにします。

・突然に、フリー・エネルギー、反重力、そして完全な銀河の開示のための大規模な計画が充分な資金援助を受けるようになりました。また他の数々の展開も起っていて、それは報道の中ですべての偽旗作成によって隠され続けています。

・ヒトラーと一握りの時間旅行をした戦争犯罪者達は、地球を支配するために必要になると思われる物事を充分に理解して、未来から地球に現れました。

・こうした問題は、もはや世界の法廷の司法権の下で判断が下されることはありません。普遍的な法則が命令を発して、こうした数々の事例は太陽法廷の下で聞き届けられることになるでしょう。

・今まで13の家系の中に転生を繰り返して幻影を作り上げてきた爬虫類種とアヌンナキの異種配合種達は、この日わたし達の時系列から排除され始めています。

・魂、内面の無限で不死な神聖なる恩寵を無視することは、皆さんの次元上昇に影響を及ぼすことになるでしょう。

元つ話 501 高い所にいるほど痛い目をみるぜ、神さまは下にいるんだよ

2012-11-27 Tue : 長谷章宏語録 
君がルール違反を償うのは当然のことだろ。君が君自身のルール違反を償わなけりゃ君の天国はないんだよ。自分で自分の天国を避けてるのと同じだよ。アベコベだね。何をしてるんだい? そういう行動をとるのが神サマ教の信者の特徴なんだな。そのやり方をやめることが魔釣りФを捨てることなんだよ。魔釣りФを捨てれば真釣り⦿に戻れるんだよ。君が何千年にも渡って身につけてきた癖Фを変えるのは苦労と辛抱がいるんだよ。泥棒したものを全部返して、悪く言っただけ言われて、初めて、清算だよ。一時的にゼロになるのは当然のことだろ。魔釣りの鎧Фを全部脱いで素っ裸になることだね。魔釣りの垢を落とすほど君は本当に自由になるんだよ。魔釣りが減るだけ真釣りが増える、真釣りが減るだけ魔釣りが増える。君が魔釣りФを捨てれば自動的に天国⦿が増えるんだよ。

どっちかが減ればどっちかが増える、枠の中の反比例のゲームだよ。自分自身を10割生きないと本当の天国はないんだよ。相手にチョッカイを出す奴は、清算をさぼってるんだから自業自得の地獄を体験して当然だよ。無視されても当然なんだな。無視することに罪悪感を感じる必要はないんだよ。被害者を救済するから被害者が地獄にいるままなんだよ。被害者を助けるのは被害者を殺すことになるんだよ。君が⦿の生き方をすれば、自分自身は生きる。君が自分自身を生かせば、相手はФが通用しないとわかって、相手も生きるんだよ。相手の文句や苦情に付き合ってれば、相手は⦿を知らないまま、本当に死ぬんだよ。君が⦿を生きれば、相手は形の上では苦しむけど、Фが通用しないとわかって、自分のルール違反を認めて文句をやめれば、自分を生かして苦しみから出られるんだよ。

真釣りの苦労は必ず実るんだよ。魔釣りの苦労は人の都合でオジャンだよ。苦業だね。出しつづけることはないんだよ。ゼロに近づくほど楽になるんだよ。ゼロになったらもう失敗も損もなくなるんだな。君がゼロになるのを恐れるほど、ますます垢が付くんだよ。君が泥棒すればするほど、罪が重いだろ。上に登れば登るほど、落ちたら痛いだろ。神さまから離れるほど衝撃力が強くなるんだよ。早いうちに落ちた方が痛みが軽いぜ。痛いのが嫌だからって落ちるのを避けたら、どんどん痛くなるだけだよ。上にいるほど力がいるだろ。神さまに抵抗するほど自分が苦しいだけなんだよ。最期には全員、下に落ちるんだぞ。高い所にいるほど痛い目をみるぜ。神さまは下にいるんだよ。上がれば落ちるのが神さまの仕組みなんだよ。下に落ちれば楽だろ。神さまのところにいるのが一番楽なんだよ。最期は上下逆転だぜ。重力が下に向いてるのは「仮の世」だけでのことだぞ。祟りとか、罰とか、地獄とか、死とか、そういうものを勝手に創って闇や悪魔や鬼を恐れてるなら、君は永遠に神さまに出会うことはできないぞ。「物理」は神さまの意志の表現だよ。

今の君から見れば、の話だけどね、神さまの世界は「死後の世界」なんだよ。死を怖がって肉体上の「生」っていうイメージに執着してれば、君は神さまの世界には出られないんだよ。君の意識の中に「死」があれば、君は死んでるのと同じなんだよ。神さまの世界は100%天国の世界だからね。生死に分裂した思考は君自身が君を引き裂くことになるんだよ。「死」って言う幻想を創って怖がってれば、君の形の世界で言うと、社会から外れること、グループから出ること、孤立すること、損することを怖がることにもなるんだ。自分が自分の首を締めてくだけだぜ。どんどん自分の行動範囲が狭くなっていくぞ。

神さまって言うのはね、脅しなんてかけないし、やれとも言わないし、やめろとも言わないし、俺が助けてやるとも言わないし、祟りがあるぞとも言わないし、俺が病気を治してやるともいわないし、寄付をしろとも言わないし、俺に迷惑をかけるのかとも言わないんだよ。『君がしたいように好きにしろ』『自分で考えろ』って言うんだよ。たとえ一時でもそう言ったとして、いざとなったら、脅しをかけるようじゃ、偽の神サマってぇわけだな。今の君でもこれだけ言えば、どれが本物でどれが偽物か、わかるってぇもんだろ。えっ? わからないって? それじゃ君はもう瀕死の重体だ。最期の特効薬に賭けるしかないか。わかったら、今ここから神さまの特効薬を飲んだらどうだい? 君が怖がってる闇に飛び込むんだよ。初めてやることに準備や対策や予防なんて出来るわけないだろ。

                         ウナム

元つ話 500 責任転嫁をすることがルール違反の証なんだよ『私はルール違反をしてます』って

2012-11-26 Mon : 長谷章宏語録 
自らの⦿違反が招いた苦労や困難を避けるのは、法律違反の懲役を逃げてるのと同じだぜ。最期は「死刑」だよ。被害者に手出しするのは、誰かに責任転嫁するのは、犯罪者に味方して、犯罪者に清算の機会を渡してる神さま(が使ってる奴ら)に罪を着せるのと同じだよ。『行政の対応が遅いから被害が拡大した』『対応策が十分だったら死者は少なかった』なんて、見事な屁理屈だよな。君たちは何で『~しなかったら被害はなかった』とか『~したから被害が起きた』なんて、すぐ現状を否定して過去や誰かに原因を探すのかね。「被害者の本当の加害者」はその本人自身だぜ。第三者がとやかく言う筋合いのもんじゃないんだよ。「加害者自身」が自主的に改心しなきゃ本当の天国はないんだよな。

ルール違反をした奴は、どう避けたって、逃げたって無駄だよ。誰かのせいにできるのは今のうちだけだよ。『俺の悪い状況を誰かが創った』なんていう思考をしてる奴には天国はないんだよ。君たちは『~を想定して避難(防災/消火/~)訓練をする』って言うけど、そんなに災害を体験したいのかい? そんな遊びをやったって、最期の大掃除じゃ無駄なことだよ。防災訓練をしてる暇があったら、自分のФを大掃除したらどうだい? 「誰も被害を受けないうちにすべての出来事を予測してその災害自体を防ぐ方法」を提案できないなら君には人を責める資格はないね。そんなことができるなら、結局は、初めから天国じゃないかよ。「災害」が何にも起きないなら「防止策」なんていらないだろ。

君がルール違反をしたから、神さまが清算する状況を渡してるんだぞ。自業自得じゃないかよ。天気や地震や火山の噴火や病気や事故は君たちに制御できるのかい? いったい誰がそれを起こしてるんだい? 君たちがルール違反をしなかったらそんな状況はなかったんだよ。『災害や病気や事故を防止しよう』なんてやってるのがルール違反の証、神さまを無視してる証拠だろ。神さまがやってることを君たちに妨げるわけないだろ。バカだねぇ。結局は、全部「対処療法」だろ。日本の危機管理が不十分なのは、今まで神さまが安全にしてくれてたからだよ。最期の大掃除が始まったから安全じゃなくなってるんだよ。本当は災害対策をしてる方がオカシイんだよ。「Ф相応に災害を受けて天国」だぜ。神サマかぶれして『外国は進歩してる』なんて言ってたら、とんでもないことになるぞ。

ルール違反の清算を逃げようとして楽を追い求めるのは「永遠の天国」を捨てるのと同じなんだよ。世界全部の天国を求めてる癖に自分が創った地獄を誰かに転嫁するのはオカシイんじゃないのか? 『俺は何も悪いことはしてない』と言って、自分が体験する災害や病気や怪我や事故や犯罪を誰かのせいにして、逃げて、避けて、被害者を演じて損害賠償を請求する。君がそういうゲームをしてるから、誰かと誰かが創りだす状況にもチョッカイを出すことになるんだ。『あいつがこうすれば被害がなかったんだ』『俺が辛いから人も辛いだろ』『何の罪もないのに可哀相だ(被害を受けるなんて)』ってね。君が天国にいるなら、神さま⦿をわかってるし、何にも不都合はないから、回りの状況にチョッカイを出す必要はないんだよ。そういうことをしてるのは、君が天国じゃない証だよ。

ルール違反の奴が、誰かを責めるなんて、何というフトドキ者なのかね。ルール違反をしてりゃ責める資格無し。ルール違反をしてなきゃ責めることはしないんだ。結局は、責任転嫁をすることがルール違反の証なんだよ。『私はルール違反をしてます』って自分で白状してるんだぜ。『自分が思ってるように人も思ってる』って思い込むのは勝手だけど、君が神サマ教Фを信仰してるから『相手も同じだ』って思うんだよ。君が『誰かのせいだ』って思ってれば『人も誰かのせいだと思ってるんだ』って思い込んで、自分の思考を強制することになるんだよ。『これが社会のルールだから守りなさい』なんて。お互いに自由、全員が違う、とわかってるのが神さま教⦿の信者だよ。チョッカイは不要だろ。
 
                            ウナム

元つ話 499 危機管理しないことが本当の「危機管理」だよ

2012-11-25 Sun : 長谷章宏語録 
君の救世主は君自身だぜ。君が君⦿を救えば、神さまの救世(Фの大掃除)に同調して21世紀に行けるんだよ。君が⦿すれば神さまの世界に移動できるってわけさ。外の救世主を待ってたら、君は「偽の救世主」と共に永遠の滅びになるんだよ。Фの自分か⦿の自分か、どっちか一人が必ずいるんだよ。俺Фを殺したら自分がいなくなるぞってのが、Фの言い分だよ。自分Фを殺されたくないからФを殺すために、『俺を殺したら君も居なくなるよ』って言うんだよ。自分の中でやってる通りに外に反応するから、君が自分のФを殺さなくちゃФを使ってコントロールする人間にコントロールされるし、自分もФを殺したくないから相手を殺すことになるんだよ。Фを持ってる同士の殺し合いを「ヘビの共食い」って言うんだよ。君がФを持ってる限り、Фの人間の殺し合いから出られないよ。Фの心を持ってる奴を全員死刑にしないと真の平和はないよ。それは最期に神さまがやるから君の仕事じゃないぞ。Фの奴がФの悪人(犯人)を死刑にしても平和はないんだ。Фの悪人●を死刑にしようとしてる君自身が「最期の本当の悪の大掃除」で死刑になるぞ。

神さまは「生き通し(息通し)」の神さまだよ。君が自分自身を殺したり、誰かの夢を止めたりすれば、神さまの天国は体験できないんだよ。神さまは「完全自由」だから、自由の制限(否定)が『殺す』ってことだよ。21世紀への転換が「最高最大の生死」だけど、君の今の生活の中でも「生死」はあるだろ。「疑い」「否定」「裁き」は自分や相手を殺すことになるんだよ。自分がФを持ってれば「闇」を持ってれば、自分が「死ぬ」状況になると、相手を殺すことになるんだよ。肉体の生死は大きな生死だけど、今の君たちの日常生活の中も心の殺し合いばっかしなんだよ。今の社会は殺し合いの社会だから今の社会の常識を握ってる限り「殺神⦿者」になるんだよ。お互いを生かすのが神さまの生き方だよ。相手も自分も自由。肉体上の生死は魂には関係ないんだよ。最後の最後は自分自身が完全に生き返ってないと21世紀には行けないんだよ。今ここで完全に生き返っていれば、今ここから21世紀なんだよ。今ここで一つでも殺してれば、君は死者だよ。死者の世界Фの中で善人として生きるってことは神さまから見れば死んでるってことだよ。死んでる奴は21世紀には行けないんだよ。君自身⦿が生きてるか死んでるかが鍵だぜ。

危機管理しないことが、本当の「危機管理」だよ。痛い目にあう状況がきたその時に、黙ってその状況を受けりゃいいんだよ。その体験は、君のФの悪行の清算の状況なんだぜ。君自身にとっちゃ君が肉体上で体験する立体映画に過ぎないんだよ。君自身(魂)には何も影響しないんだ。君自身には「死」はないんだよ。君は肉体を脱ぐという映画を体験し、回りの人間から見たら君が動かなくなるという映画を見てるだけさ。君が言ってる「誰かの死」や「殺人事件」も全く同じことさ。『肉体が地震で壊れた』『自分の使ってたお金を誰かが持ってった』『誰かが肉体を壊した』ただそれだけのことなんだけどね。

何が原因か、何が被害を拡大したか、その行為が善か悪か云々、なんて議論をしてるのは、「遺族」が葬式や遺産相続云々を議論してるのと同じだよ。死んだ本人は全く関係がないことなんだよ。残った連中の自分の都合(損得)で勝手に騒いでる茶番劇だよ。形が壊れたのは、その本人の神さま無視(ルール違反)が原因さ。⦿違反あれば死あり。Фがあるから失う状況が来るんだよ。今の世の人間たちは多かれ少なかれ⦿違反があるから、どんなに頭をひねろうとも、破壊の回避は不可能なんだよ。破壊を回避すればするほど、破壊の状況を悲惨にするだけなのさ。結局は、自分が死ぬことが怖いんだろ。『自分がそうならないようにするには』って「自分の死を避ける方法」を考えてるだけだ。死ななきゃ天国はないんだけどね。最期は⦿を持ってなけりゃ、基のイノチが無くなるんだぜ。

事故や災害や病気や死等々は、君たちが神サマ教Фを使って神さまの世で仕出かしたことを肉体を通して清算するための出来事なんだよ。神さまの天国に産み出されるための産みの苦しみなんだよ。この世の地獄を辛抱した奴だけが⦿の世の天国に生き返るんだよ。結局は、君の自業自得の体験だろ。君以外の誰に責任があるっていうんだい? その体験自体を「罰」だとか「祟り」だとか言って避けるなら、君は神さまの世界⦿には絶対に行けないんだぜ。君がそういう見方をするのは、Фした責任を逃げようとしてる証だぜ。

                           ウナム

元つ話 498 一人一人の根本を直さなけりゃ社会は直らないんだよ、悪を裁いても悪と共に自滅だよ

2012-11-24 Sat : 長谷章宏語録 
君自身⦿(本当の自分)を殺してた君Ф(偽りの自分)を殺せば君自身⦿が復活するんだよ。死んで生きる仕組みだよ。神さまの内の世界は、すべてのすべてが同じ仕組みなんだよ。Фの君がいくら天国を求めたって、そんなことはできないんだよ。Фの君が天国を求めてアレコレやればやるほど、君の天国も誰かの天国もどんどん遠くなるんだよ。Фの君のままで何を勉強しても、何を信仰しても、⦿は絶対に見えないんだよ。形をどんなに改良しても、本当の天国はないんだよ。長谷先生の本が、読むたびに違うものが見えるってのは、言葉に対する君のイメージがどんどん広がってくってことだよ。新しく「見えた」ものを判断せずどんどん実行して「体験」していくことが大事なことだよ。⦿の君をゼロから作り上げていく苦労が君の三歳苦難(ハルマゲドン)だ。Фの清算の苦しみ(懲役)であり、⦿の産みの苦しみだよ。Фの自分ってのは、神さま⦿から見たら「死者」だよ。

君がФで生きてれば、君も、君の回りも、神さまも、君の使ってる道具も、全部殺すことになるんだよ。資源の無駄遣い、神さまへの冒涜だな。Фの心が、世界丸潰れ(人類滅亡)の原因だよ。Фの自分を捨て(タテカエ)て⦿の自分でやり直す(タテナオす)ことが自分自身が本当に生き返るってことだよ。君が生き返れば(復活すれば)世界も生き返るんだよ。君が生きれば君の回りもすべて生きる、って仕組みさ。君が⦿の自分を殺すのを怖がってると、⦿の自分は絶対に出てこないんだよ。今までの君たちのゲームは◑を◐が殺すゲームだったんだよ。今はもう⦿の神さまが登場してるから、もうФの殺心ゲームは終わりだぜ。Фを使えば使うだけどんどん苦しくなるだけだぞ。君が⦿を生きれば、君の人生はどんどん好転していくんだよな。神さまは⦿しか創ってないから、Фをすると苦しくなっていくだけだし、Фをやめれば自動的に⦿に戻る、って仕組みになってるんだよ。

君が⦿のゲームをしてれば、21世紀は約束されてるんだよ。「ハルマゲドン」も「世紀末」も関係ないんだな。君が⦿してれば、時間の制限はなくなるんだよ。君の外の出来事ってのは君自身のことなんだよ。君が⦿で生きれば、君の回りにも⦿で対応することになるから、君が⦿さえしてれば、君の回りの奴らにも⦿を教えることになるんだよ。君が⦿を渡しても受け取らない奴もいるけど、それはそいつの問題だから、君には関係ないんだよ。相手がどんな反応をするかってことには君が責任を取る必要はないんだよ。Фでダダをこねてる奴に気を使って自分を殺すのはもうやめろよ。自分自身⦿を生かしてやれよな。君がすることは、君自身が⦿で生きることだけでいいんだよ。とっても簡単だろ。

一人一人がФのゲームをやってると、社会全体がそういうゲームになるんだよ。今の社会はお互いの殺し合いの世界だろ。一人一人のやってることがそのまま世界に現われる仕組みなんだよ。一人一人の根本を直さなけりゃ社会は直らないんだよ。今の社会を、世界を良くするんじゃなくて、一人一人が⦿して、一人一人が神さまの世界に戻るんだよ。それが本当の天国を創るノウハウだよ。悪を裁いても悪と共に自滅だよ。Фで持ってるものを全部手放して(ゼロにして/生まれ変わって)⦿の自分を復活すればいいだけだよ。

君の外からФを使ってチョッカイを出してくる奴には「ビシッ」と言ってやればいいんだよ。君が嫌なら「NO」って言ってやれよ。気をつかうのは自分にな。君自身⦿を殺そうとする奴のФ心を殺してやれば、そいつの⦿が復活するんだよ。君Фが死ぬのを怖がってФのチョッカイを引き受ければ、君も相手も最後は死んじゃうんだよ。Фの君が死ねば死ぬだけ⦿の君が生き返るんだよ。君がФしてチョッカイを出せば、相手が⦿してれば君だけが死ぬし、相手もФしてれば「共食い」でお互い討ち死にさ。タテカエとタテナオシは同時進行だよ。君自身のタテカエタテナオシをやって、神さまの世界のタテカエタテナオシに同調すれば、君は21世紀に生き返る、って仕組みなんだよ。君の心にいる「殺神⦿者=Ф(ケモノ/ヘビ)」を殺せば、君自身⦿が復活するってわけだ。「キリストの復活」ってのは、君の⦿の復活ってことだよ。君の心の世界=君の外の世界だよ。宗教の話を自分と別の物と見てたら、君が死ぬだけだよ。自分が自分の世界を救えばいいんだよ。

                           ウナム

元つ話 497 人間が平和を認識するのにどれほど多くの戦争がいるのでしょうか

2012-11-23 Fri : 神語録 
     <サルーサ>

あなたが果たすべき如何なるカルマも整理しなければならない時です。そして、多くのソウル達にとって、それは非常に骨の折れる、試される時を意味しています。

   自身の直感に従ってください


元つ話 496 赤ちゃんの時は何にも知らなかっただろ「ゼロから」っていうのはそういうことだよ

2012-11-22 Thu : 長谷章宏語録 
君が今持ってるФが「永遠の死」の素だよ。君がФを殺して⦿すれば、君には「死」なんてないんだよ。夢や希望を壊す方が、自由を制限する方が、Фだよ。『そんなことできるわけない』って言ったり、『そんなことしたらヤバイ』って言ったりするのは、君がФしてる証拠だよ。Фをしてる殺神者集団の「批判」や「村八分」を避けるってのは、自らの天国を殺すってことだよ。自分自身も殺神者になるんだぜ。殺神者集団の中で「いい顔」や「得」をするってことは、君は神さま⦿に反抗してることになるんだよ。君がФを殺すのを怖がれば、結局は、君が君に殺され(「自殺」し)て終わりなんだよ。誰かが君を殺すんじゃなくて、君が君を殺すんだよ。自業自得だな。『誰かに殺される』ってのは、幻想だよ。『取られる』『損する』『嫌われる』ってのも同じことだろ。『俺が殺されるのは嫌だからあいつを殺す』っていう理屈は、⦿の世界じゃ成り立たないんだよ。⦿の世界に「ない」ものを一つでも持ってれば、君の人生は今世をもって永遠の終わりだよ。

神さまや誰かが君を殺すんじゃなくて、君が君のイノチを自ら終わらせるんだよ。Фの奴らの「文句」や「批判」や「否定」や「脅し」や「邪魔」や「あんたのためよ」や「チョッカイ」や「干渉」云々は一切無視して、ほっといて、君の夢をそのまま生きればいいんだよ。自分がしたいことを正直にやりなよ。ワクワクすることをやりなよ。君が君を生かさなきゃ、誰も生かしてくれないよ。君が君を生かせば、神さまが君を生かすようになってるんだよ。君も人も自業自得だから、自分にしか責任はとれないんだよ。自殺してる(被害者ゲームをしてる)奴らを助けるのは君の自殺行為だよ。人を生かしたかったら君自身が生きることだよ。君が⦿すれば人にも⦿が渡せるんだよ。『自分のためが人のため』だよ。人が生きるかどうか、はそいつの問題なんだよ。自分に責任を取ってくれよ。

人が人を裁くとか、人が人を懲らしめるとか、人が人を制裁するとか、人が人に責任転嫁をするとか、そんなことはオカシイことなんだよ。「褒めて」やらせるのは⦿を殺してФの○を選ばせることで、「けなして」やめさせるのは⦿を殺してФの○に従わせることなんだよ。どっちも殺⦿さ。君の中でФしてたら人の評価を求めるだろ。ほめるのもけなすのも結局は同じことなんだよ。君が君を全部承認⦿してなかったらФに殺されるし、全部認めてたらФが殺しにきたって一切関係ないんだよ。結局、君が君を殺す仕組みさ。

君が何を恐れてるかは知らないけど、結局は、(魂の)赤ちゃんに戻って、また、新しい世界でゼロから人生を歩くだけのことなんだよ。Фの大人は、⦿の世のゾンビだぜ。今の君だって、赤ちゃんの時は何にもなかっただろ。何にも知らなかっただろ。「ゼロから」っていうのは、そういうことだよ。21世紀ってのは、肉体と道具を交換して遊び続けるだけのことだから、君が⦿で生き返れば、今持ってる体験は全部持っていけるから『世が終わりだから何を勉強しても無駄だ』なんて諦めないでくれよな。今の君の生活が形を変えて続くだけのことだから、君のしたいように自由に多いに遊んでくれよ。ただし、Фしてる奴にとっては、どんなに素晴らしい21世紀を想像したって、世は終わるんだけどね。

                          ウナム

元つ話 495 形が悲惨なほど、痛みが大きいほど、罪(借金)が多いんだ

2012-11-21 Wed : 長谷章宏語録 
『やられた』『取られた』『殺された』ってのは映像の上での表現だろ。『その原因(責任)も相手にある』って思ってるからいつまでもやられ続けるんだよ。君がやられた原因は、相手か自分か。君が損害賠償を請求する相手は君自身だよ。君が君の加害者だからね。「仮の世」じゃ「Ф死んで⦿生きる仕組み」だから、君が今までФしてた分だけは、苦労や損や災害や事故や病気や怪我(破壊/崩壊)は避けられないんだよ。最期は肉体の仮死だけど、⦿で死ぬか、Фで死ぬかが問題なんだ。⦿が神さまの世界のルールだぜ。Фしてた「犯罪者」は罪を償う苦労をして当然だろ。苦しい状況を辛抱するのは当たり前のことなんだよ。苦労して頑張ってるからって、別に偉くも何ともないんだな。『頑張ってるんだぞ』とか『可哀相なんだぞ』なんて、何をタワケたことを言ってるのかね。(本当の意味での)悪いこと(⦿違反)をしたから肉体上で痛い目(清算の体験)にあってるだけだよ。すべては自業自得の体験だから、不幸でも気の毒でもないんだよ。形の上(表面上)だけで見て『悪だ』『不幸だ』って言ってる、君自身が本当に気の毒な奴なんだ。

神さま教で生きてるなら、不自由や不都合や不合理は何もないんだよ。神サマ教で生きてるくせに、文句や苦情や愚痴や批判なんて言えた義理じゃないんだぜ。君が神サマ教で創った「自分」という意識(いい子)を殺さなけりや本当の君は産まれないんだよ。一人一人の状況は、一人一人が今までやってきたこと相応なんだぜ。形が悲惨なほど、痛みが大きいほど、罪(借金)が多いんだよ。その状況の苦労を経過しなきゃ天国はないんだから、悪い状況を避けたり、形の上で「被害者」を助けたりするのは、全くアベコベなんだよ。魂の犯罪者を形の上で救済するボランティアを奉るなんて神サマ教の熱心な信者もいいところだぞ。君は犯罪者を助けるのかい? 犯罪者の脱獄を支援するのか? 犯罪者の支援をする奴に敬語を使うのか? 神さまを裏切ったら本当の天国はないんだぜ。君たちは、魂から見たら何一つ壊れても失ってもないんだけど、いったい何が問題なんだい?

神さまの心⦿が君自身を天国に導く心だよ。君が今まで「神サマのやり方Ф」をしてきた分だけ、一時的に、「怖い」「辛い」「痛い」体験をするだけだよ。Фの自分を殺す時に一時的に闇になるだけで、Фを殺した瞬間、⦿の自分が出てくるんだよ。Фの自分を殺せば今までの君が得たものはゼロになるから、一時的に、全部失うように感じるだけさ。君が今までФで手に入れた分だけは出ていくけど、君がいなくなるわけじゃないんだよ。君が持ってるФの理屈とか常識とかお金とかを握ってることが、逆に君の本当のイノチを殺すことになるんだよ。君は今まで全くアベコベをやってたってことだな。君がФで手に入れたものを守るってことは、君も誰かも神さまも殺すってことだよ。君自身⦿を殺すってことは、神さまを殺す、天国を殺すってことだよ。神さまを殺せば天国はないんだよ。君が⦿を殺せば君の「永遠の天国」は消えるんだよ。それが君の「本当の死」なんだ。

Фの君が持ってるものが無くなるっていう感覚(イメージ)を「死」とか「自己喪失」とか「闇」とか言ってるだけで、神さまの中にいる限りは、君が⦿を生かしてる限りは、君のイノチは永遠に死なないんだよ。君が君の心⦿を殺さない限りは、君には死はないんだよ。神さまの中で肉体や道具を交換していくだけのこどで、君自身のイノチ(体験/人生)には「終わり」なんてないんだよ。『終わりがある』ってのは「Фの君」が創り出す幻想だよ。Фの君がいる限りは、死の幻想は消えないよ。Фの君が恐れてるのは「死」じゃなくて⦿なんだよ。今までの世はФの世だから、神さま⦿から見たら、今までの世の常識(宗教)の中で「生きる」ってことは、神さまの⦿世界で「死ぬ」ってことだよ。神さまの世⦿にナイものを恐れるってのはどういうことだろうね。Фの自分を殺す⦿を恐れてるんだよ。Фの世の自分の「死」を恐れることは、⦿の世の自分(「生」)を殺してることになるんだ。⦿を殺してるФを殺し返さない限り、君は絶対に生きないんだぜ。21世紀前には全体のФを神さまが殺すから、君がФを持ってれば君も自動的に「死」だよ。

                             ウナム

****************************

(別件追記)

 リンク先<Despertando me>記事より
  セレモニー情報(日本11月22日午後8時11分)
  アンカーグループの起動セレモニー

元つ話 494 テロリストの親分も改心すれば助ける

2012-11-20 Tue : 長谷章宏語録 
神さま⦿の世界を壊したФのテロリストを神さまが大掃除して「元の⦿世」に戻す、「本当の王様⦿」が復活する「王政復古」、神サマФ(武士)から神さま⦿(宮廷)に神権を返す「大政奉還」、本当の「明示移神」、開国だよ。もうすぐ、神さまの最初で最期の革命(改革)があるから、助かりたい奴は⦿に戻せよ。⦿に戻った者は全部助ける革命だよ。テロリストФの親分も改心すれば助けるからな。Фを大掃除して⦿に戻す改核の最期の舞台だよ。天国への最期のチャンスだよ。形の上のФの世の政治改革や経済改革をやっても意味がないんだよ。◑と◐の入れ替えをしても、お金の制度を操作しても天国はないぞ。神さまが全部そっくり元に戻すから、大掃除の対象になりたくなかったら⦿に戻れよ。Ф自体を⦿に戻すんだよ。人間には抵抗できないぜ。君自身が⦿に戻って神さまの大掃除を待ってればいいだけさ。⦿に戻って遊んでればいいだけだよ。今までのФの常識でツベコベ言ってる奴は完全無視していいんだよ。Фを捨てた奴だけの永遠の天国なんだよ。

本心は本神だよ。君が本心⦿で生きなけりゃ本神は力を貸さないんだよ。偽神Фが「結界」を張ってても、最期は、本神⦿が完全決壊するぞ。Ф神の結界は⦿神には通用しないんだよ。魔除け、方位よけ、厄よけ、って何だい? 神サマФの信者のままで、形だけ真似して「お祓い」や「節分」や「初詣」や「大掃除」や「地鎮祭」云々をしても何にもならないだろ。自分の回りにいつまでも「結界(岩戸/バリア/保身)を張ってたら、自分が自らの「結界」の外に出られなくなるぞ。君の「結界」の外が本当の天国だよ。君たちが一番怖がってるものこそが「神さま⦿」なんだよ。君の天国の心が神さま⦿の世界への切符だよ。君の回りの奴や君自身の心にいる、君の夢や喜びの実現を邪魔する(チョッカイを出す/禁止する/止める)奴が神サマФの手下だよ。神サマФが邪魔するのは都合が悪いからだよ。神サマФは自らの権力が崩壊する恐れがあるものは排除するんだよ。神サマФが絶対神⦿じゃない証拠だろ。神さま⦿が出てきたからФはもう通用しないよ。

君が自分に都合悪いものを排除しようとする(恐れてる/潰そうとする)ってのは、Фの神サマの手下になってる証拠だよ。子は親と同じ思考をするからね。君が『悪魔だ』と思ってるのが「本当の神様」だよ。悪魔だって言ってる方が悪魔なんだよ。⦿には怖いものなんてないからね。君が神さま⦿に反したから「魔」が来るんだぜ。「魔除け」をすればするほど「魔」が増えるだけさ。病気祓い、悪魔祓い、鬼門封じ、防災対策、病気予防、地震予知、全部同じだよ。君が悪霊だから悪霊が来るんだよ。君が分離した分身の悪霊を君自身に戻さなくちゃ神人合一は成らないぜ。神さま⦿の世界に行くなら神さま⦿と同じ思考(視点)で行動しなくちゃ駄目なんだよ。人力(学力Ф)じゃ神力⦿にゃ勝てないぜ。お守りや御札って何のために持ってるんだ? 魔を持ったままでお参りしたってお魔入りして参っちゃうぞ。真⦿を持ってれば神社にお参りしなくたって神さまは来るよ。

君が魔Фを持ってる限りは、最期の悪魔はどうやったって避けられないんだよ。魔力→真力、魔法→真法、魔神→真神、魔心→真心、人権→神権。神権が発動されたら、君たちのФの人権は完全侵害されるぜ。君たちのФのバリケードなんて神さま⦿は簡単に壊せるんだぜ。今までは好き勝手にやらせてただけだよ。自分から降参して、自主投降して、神さま学校に自主登校してくるのを待ってたんだよ。魔除けは真除け。魔を除けるのは本当の神様⦿を除けることなんだよ。『魔除けをすればバチはない』なんて真に受けてると真は受けられないぜ。魔を受けとめて、真(神)に返れるんだよ。「神実」が真実だよ。今までの君たちは、神⦿が封じ込めたヘビФの封印を自ら解いて目茶苦茶にしたんだぜ。神さま⦿が許したから「封印」が解けたんだよ。最期は、元通りに「ヘビの響き」は「完全封印」するから「Ф」を持ってると君の響きも完全封印だぜ。完全死だよ。「ヘビФ」から見たら「逆封印」だな。今までしたことが自分に返る仕組みだよ。「ヘビの宗教Ф」が封印した(積もりになってた)相手(悪魔/鬼)こそが、本当の神様⦿だったんだよ。

                          ウナム

元つ話 493 「宇宙的アセンション」と「惑星的アセンション」

2012-11-19 Mon : 神語録 
         <ク-トフーミー>

彼女(地球)はあなたからの支援を必要としています。しかし必要とされている支援は宇宙的アセンションの完成の用意が出来た一人一人からのものです。

  「宇宙的アセンション」と「惑星的アセンション」の違い



元つ話 492 魔釣りの者は早く真釣りに戻らんと二度とこの地にはもどれんぞ。道具を置き換えて再びこの地で遊ぶのぞ。地上をミロクに致すのぞ。

2012-11-18 Sun : 長谷章宏語録 
そなたがこの方の申すことを批判する、疑うと申すのは、そなたが善悪分ける不調和の身魂である証でござるぞ。「そんなこと」とは何でござるのか。何をしてもよいと申せば何をしてもよいのぞ。してはいかんものがあると申せるのも何をしてもよいから。屁理屈だと申せるのも屁理屈つくれるから。何をもって屁理屈か。反論する者分けて居る。分けておれば調和なし。調和ない者は文句は言えんぞ。文句言えば調和ではない証。何をしてもよいぞ。文句申すのは分けて居るから。自分が損するから。自分が分けたから片方しかできないのぞ。善や正や楽だけやろうとするから、悪や誤や苦を避けようとするから、自分を悪くする者に文句を申すのぞ。分けた自分のせいぞ。取ったから取られる自業自得ぞ。人の迷惑責める者は分けておる。調和乱すが悪。分ければ悪人。分けてもよいが自分が制限ぞ。自分が制限はめて人を制限するは自分勝手。文句は一〇〇%無視でよい。人の気持ちを考えろ、人の話を聴けと申す者はもういらん。そなたはこの方の気持ちはわかって居らんし、この方の話を全然聴いて居らんぞ。分かったフリでは大峠は越せん。

今までの魔釣りФで調和を乱して悪くした者は悪くなって差引0でござるから、善くなるのでござるから、悪くなると申す状況はござらん。相対的善悪。今のФの状況を善と申すならば悪く成り、0に近づいて行き、0に成ったら誠の善となり、誠の満たし愛、天国が始まる。してはいかんことはござらん。そなたが⦿なら悪くならんし、そなたがФなら悪く成って善くなるのでござるから、大きな目でみれば悪くなることはござらんから、今のФのままで居ることが悪でござるから、罪悪感はいらん。まずは罪悪感を全部とってしまって素直に動けばよいぞ。創った制限無くせば自由になるぞ。簡単な道理。そんなわけには等と申すのは制限、条件あるぞ。自らのФで創った悪の責任を取っておらん。悪くしたら自ら悪くなって、取ったら返して差引0ぞ。争いは価値観の違いでござる。善は悪、悪は善。相対二元は議論続く。価値観は自由でござる。そなたのしたことがそなたにかえるだけでござるからご勝手におやりくだされ。最期まで地獄創った者は身魂の死を以て差引0ぞ。悪はФぞ。⦿には悪無し。裁くのは我善しぞ。自らの善が基準。心の葛藤、善悪はずっと変わらん。⦿は普遍的なメカニズム。自由は自由でござるぞ。一〇〇%でござる。無条件の愛とは、⦿の道理。完全自由が⦿。⦿は百でござる。全が⦿。人間からみれば順番に現れるが、善くなるが、この方からみればはじめからФは無し。ゾンビФの死は近いぞ。早う⦿のイノチ受け取ってミロクに生き返って下され。

そなたが「許せん」「認めん」と申しておるものは、そなたが認めて居らんだけぞ。許して居らんだけぞ。そなたは何を見て許せんと申して居るのか。そなたが許して居らんものは、そなたはやらんから、永遠に許せんことになるぞ。そなたは永遠に善悪を持つことになるぞ。そなたは不調和を続けることになるぞ。そういう者ばかりだから、このままでは全てが滅びて仕舞うから、この方はそうなることは分かって居ったから、末のこ度にミロクへの大掃除を仕組みありたのでござる。そなたは「もっと早く教えてくれれば」等と申すが、分からなくなりたのは、そなたが真釣り外しをしたのが原因でござるぞ。そのセリフはそなたの魔釣りФの証でござる。今魔釣りをして居る者は、今までも魔釣りでござったのぞ。一度真釣りに生きれば魔釣りには戻らん。なぜ分かるのかと申す者、そなたはなぜ分からんのか。真釣りに生きればこの方がここで申して居ることが分かるから、二度と魔釣りには戻らん。そなたが真釣りを外さねば、すべてが分かるから、この方の語ることについてツベコベ申さんぞ。魔釣りの者は早く真釣りに戻らんと二度とこの地にはもどれんぞ。道具を置き換えて再びこの地で遊ぶのぞ。地上をミロクに致すのぞ。

Фは魔釣りの身魂の事ぞ。⦿は真釣りの身魂の事ぞ。この方が申すことに文句を申すそなた自身がФぞ。Фでは、そなたにはミロクの世はござらんぞ。ミロクの世は⦿の世でござる。上から下まで真釣り⦿の統(す)べる、調和の世界でござる。本当の天国でござるぞ。戦い◑◐の心では、天国は造れん道理。ここで改心出来ん者は、この方の申すことが分からん者は、裁きや戦いをして居る身魂は、今度ばかりは生き返れん。そなたのココロが肉体の基でござる。そなたのココロが戦って居れば、肉体でも戦うことになるぞ。そなたのココロが戦って居れば、別の肉体でも戦うぞ。永遠に天国はできん。Фの者入れん世界。種の保存と申すが、霊の保存せねば形の種は滅ぶ。絶滅せんように養殖して絶滅させて居るぞ。種が滅ぶのは至善の掟。この方は無限でござるから、改めて創り直せるぞ。人間がФのまま手を加えようとするから自然を壊してきたのではござらんか。もうやめてくだされよ。今までしてきたこと全部逆転するぞ。大どんでん返し。今までの歴史を無駄にするのはそなたらでござるぞ。アベコベやるからアベコベになったのぞ。そのまま続けても壊れるだけでござるぞ。この方が全部掃除して創り直すのぞ。全部0にして始めからぞ。⦿の種(タネ)を保存してくれよ。冷凍保存とは「○十(れいとう)保存」、「霊統保存」、⦿を、元の神の心をミロクまで保存することぞ。

                           十日立

元つ話 491 今度は二度と引っ繰り返せないように、全部糊付けしてしまうぞ今の上が下に成るぞ

2012-11-17 Sat : 長谷章宏語録 
このフミに書いてあることが分かったなら、分かったことを実行してくだされよ。そなた自身の態度を改めてくだされよ。そなたが分かったことをそのまま一〇〇%実行してくだされよ。態度を改めるというのは、そなたのココロの態度通りに寸分違わず実行することぞ。そなたに善悪の裁きがなければ、自らがФして居ること自覚して居るならば、自らが⦿の世壊すФ悪人でござることを自覚して居るならば、人を責める、人に文句を言う、人をおとしめる、人の邪魔する、人の持ちものを奪う、人のして居ることや人がしたいと申すことをやめさせる、人のしたくないと申すことをさせる等の行動はできないハズぞ。そなたは出来ないことはござらんぞ。迷いがあるのはオカシキことぞ。自らがФしたなら悪くなって掃除するのぞ。悪や苦を避けるのはオカシキことぞ。自由になれよ。

「今の社会ではここに書いてあることはできるわけがない」「人に迷惑をかけてまですべきではない」「そんなことをしたら混乱してしまう」等々と申す者、よくよく考えてくだされよ。今の社会の仕組み自体、全員が成功できない、全員が一番になれない、全員が富むことができない、全員が想いの通りにうまくいくことができない、恐れを使った罰で混乱を抑制しているだけの、末は滅びの魔釣りФが形になって居るマ違った仕組みでござるから、今の社会の常識から出ないと申すのは、アレコレ理由をつけて、しないできないと申すこと自体が、ルール違反を続けると申していることになるのぞ。アベコベぞ。今のまま続けることが一番迷惑なことでござるぞ。魔釣りФを真釣り⦿に変えようとする者を批判する者が、迷惑な、自分勝手な者でござる。魔釣りで得たものを失いたくないがための、我(われ)善し勝手の所業でござるぞ。不調和を善、正、常識と申せば、調和が悪、誤と見えるから、非常識でござるから、調和に戻そうとすれば、不調和の者から見れば不調和を造るように見えるぞ。調和から見れば、調和ぞ。不調和から見れば不調和ぞ。⦿の中でФの世を創って居るのでござるぞ。⦿が調和、Фが不調和。一点でも調和乱せば争いの世となるから天国は出来ん。⦿が善(全、前、然)、Фが悪(開く)でござる。

「社会を引っ繰り返すなんてそんなことできるわけない」と申す者は、この方の真釣り⦿を知らん者ぞ。そなたらがこの方の申すことに反抗し、見事に引っ繰り返した平和も自由も平等も無い世界、そなたらが見事に壊したこの方の調和の世界、この方が見事引っ繰り返してご覧に入れるぞ。そなたらが引っ繰り返したもの、この方は簡単に戻すぞ。そなたらは完全に引っ繰り返すことは出来んぞ。元の元の⦿の一厘はそなたらは見えておらんから、魔釣りФの世の支配はこれで終わりでござる。一厘なければすべて無し。⦿は百でござるぞ。全部天国か全部地獄か。全部地獄にはならんぞ。この方は最期の一摑みを握って居るから、そなたのイノチの元の元をつかんで居る「元つ神」でござるから、宇宙全部を創ったこの方を引っ繰り返せる者はござらんぞ。そなたらが長きに渡り創ってきた平和も平等も公平も自由もない地獄の世界、この方は一瞬のうちに天国にして差し上げるぞ。今までご苦労でござりたなあ。そなたらが九分九厘裏返した紙を最期の最期でこの方が一気に元に返して差し上げるぞ。この方が元に戻せばФのそなたらは永遠に表には出られんぞ。今度は二度と引っ繰り返せないように、全部糊付けしてしまうぞ。今の表が裏、上が下に成るから、上に居る者、絶対の上ではござらんから、勘違いなさるなよ。早く下に行けよ。裏に行けよ。引っ繰り返すのは一気ぞ。絶対的な上下に固定してしまうのぞ。そなたらはこの方の創りた紙の上で遊んで居るようなものでござるぞ。この方が表に出た今今は真釣り⦿を外す者は、⦿の掟を外す者は、容赦致さんから、そなたらが苦しくなるから、早う真釣り⦿に戻ってくだされよ。

                          十日立

元つ話 490 あなたを殺すこと以外の全てのことは、あなたを強くする

2012-11-16 Fri : 神語録 
この社会は、あなたが見るもの聞くものあらゆるものごとに、それと気付かないように巧妙に、「ネガティヴ」なエッセンスの一滴を混ぜて、あなたを常に絶え間の無いストレスの状態にしておきたい意図を持つ者達が背後に存在しているのかも知れません。

        反応5

元つ話 489 オバマはセットアップされ、人類の前進に必要な変化を進めるようになる

2012-11-15 Thu : 神語録 
      <サルーサとバシャール>

真実が明らかになり始めるのは一つの全く突然の出来事となります。
   1、長い待機の時間は終わり
   2、メディアが解放される事を望みます  


私たちは皆さんの政治的分野に手を触れます。(動画の最後の核心部分)
   1、バシャールが「UFO目撃声明」を公表
   2、和文補足(バシャール)


元つ話 488 今あなたが持っている真実をすべて疑ってみることである

2012-11-14 Wed : 長谷章宏語録 
この本に書かれていることを基にして、あなたの持っている常識、価値観、あなたが身につけてきた習慣、伝統、しきたり、道徳、あなたが学んできた知識、法則をゼロから見直すことで、全く別のもう一つの世界が見えてくる。あなたが今まで体験してきた世界、今体験している世界の別の面が見えてくる。あなたが当たり前のようにしていたことが当たり前ではなかったことを知ることになる。あなたが普遍的真理だと思っていたことすらも、そうではなかったことに気づく。今持っている、自分という存在、自分という認識、自分の世界が消える。あなたが真実だと思い込んでいた世界、あなたが教わってきた常識が見事に崩れ去っていく。相対的な比較で創り出した世界、自分の外を基にして作った自分という存在、自分の中の他人、が消えたところに本当の始まり、本当の天国、本当のビッグバンの基がある。あなたに見えた新しい真実を消さないことである。現代社会の常識、定説、普遍的真理は、本当に本当なのか。今あなたが持っている真実をすべて疑ってみることである。ウソの世界で言われている当たり前の真実を疑えばマコトの世界が見えてくる。

ここに書かれていることについて『事実である』という証拠を目の前に提示することはできない。『ここに書かれていることは事実だ』とあなたが認めなければ、どんな証拠もすべて否定することができるからである。あなたが、ここに書かれていることを基にして行動を変えた時、あなただけの現実として、あなただけの思いとして、あなたの体験として、あなたの世界に証拠が現れる。あなたが体験したもの、あなたが思ったことを誰かにわかってもらおうとしても、それは不可能である。自分自身がすべてを納得するまで、自分が自分を完全に説得できるまで、反抗する自分が観念するまで、とことんやってみればよい。

この本は、あなたの心を被っている雲を貫いて、あなたの根源を照らし出すサーチライトである。あなたが真実を封じ込めたパンドラの箱を開ける鍵のありかを知らせる宝の地図である。あなたが持っているウソの思い込みを解き、錯覚、幻想、仮想現実からあなたを目覚めさせるための覚醒剤である。あなたの世界を本当の真実の世界に塗り替えるための消しゴムである。あなたがこの道を歩む時、不安や、恐れや、拒否反応や、混乱や、体調不良が起きる。禁断症状で狂うかもしれない。自分という認識が滅茶苦茶に破壊されるかもしれない。混沌、混乱の中に立ち尽くすかもしれない。世界の終わりだ、神も仏もあるものか、と思う時が来るかもしれない。しかし、何も心配はいらない。今のあなたがどう感じようとも、本当のあなたは、決して消え去ることはない。すべての混乱、苦しみは、それがどんなに絶えがたく思えても、今までのウソの響きの抵抗が創り出す幻想である。あなたがその瞬間に見える光を辿っていけば、新しい現実が確信に変わっていく。あなたが、すべてを素直に受け入れる謙虚さを持って望めば、必ず本当の天国に戻れる。

                「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
   ************************

「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

元つ話 487 あなたが体験している現実はあなたが同意した世界である

2012-11-13 Tue : 長谷章宏語録 
本当の天国には、宗教は存在しない。科学も存在しない。神も悪魔も存在しない。善も悪も存在しない。解決すべき問題も存在しない。夢や希望を実現するために待つ必要もない。進歩や発展を語ることもない。自由や平和を語ることもない。何かを強制したり、教育したり、啓蒙したりする必要もない。誰かのために自分を犠牲にする必要もない。誰一人犠牲になることはありえない。本当の天国には、天国という言葉すらも存在しないのである。

本当にそんな世界が存在するのか、そんな世界ができるはずはない、そんな夢みたいなことを言っていたら云々と思うならば、あなたは絶対に、本当の天国を体験することはできない。あなたは何のために生きているのか。あなたはどんな世界を望んでいるのか。あなたの生きている社会は、何を目指して進んでいるのか。あなたの生きている社会の法律は、何のために存在しているのか。あなたの生きている社会の常識の正体は、いったい何なのか。あなたの生きている社会の本当の始まりはどこにあるのか。あなたの社会のすべてを作り出している大元の原理は何なのか。あなたの「世界」の始まりはどんな世界だったのか。「世界」は、宇宙、外、世間、現実、体験、あの世、常識、伝統、歴史と置き換えられる。あなた自身の全てを作った始まりは何なのか。あなたの現実はどこから始まったのか。

あなたが体験している現実(自分の世界)は、あなたが同意した世界である。あなたが選択する選択肢はあなたの作ったものである。あなたは、何を基準に選択しているのか。あなたが裁いている悪はあなたの作品である。あなたは、なぜ他人を裁くのか。他人を裁くことは、いったい何を意味するのか。あなたは、本来は一つ(不可分)である「問」と「答」を分離している。「答」は「問う」である。「問う」は「答」である。問いの中にすでに答えがある。それを×だと思っているのはあなたである。いったい誰がそれを×と言ったのか。あなたはなぜ×だと思うのか。それは本当に×なのか。本当の×とはいったい何なのか。あなたはなぜ悩むのか。誰があなたに罪悪感を教えたのか。あなたはなぜ自分で決められないのか。あなたは誰に許可を求めているのか。あなたは、なぜ、なぜと問うのか。あなたは、なぜ、どうしたらよいかと問うのか。あなたは、なぜ自分を探しているのか。

              「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
  ************************

「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

元つ話 486 自分のどんな体験も、すべて自分が自分で自分に体験させているものである

2012-11-12 Mon : 長谷章宏語録 
神に自分の幸運を祈るのは、神に他人の不幸を祈願することに他ならない。他人を不幸にしたいと思うのは、呪いの思考である。幸運を祈るのは、他人を呪うように要求しているのと同じことである。救い主に、呪いを依頼していることになる。神と鬼は同じ存在だということになる。一つのものを裏表に、全くの相反する方向のものに分けて、相反するものを使い分けている自分が、その神と鬼を支配している神であることになる。自分が何かを支配するならば、何かを支配しているものと同じである。独裁者を嫌う自分が実は独裁者である。自分が嫌う悪は自分が持っている。自分が望む善は自分が持っている。善悪に分けているのは自分である。善悪に分けているから善悪を体験する。自分を幸福にしたり、不幸にしたりするのは自分である。形を追いかけ、形に理由を探せば、『誰かに何かをさせている』『誰かに何かをされている』と思ってしまう空想の現実を体験するだけである。それを真実と思っていれば、永遠に、自由自在に現実を作れる思い通りの世界にはならない。

自分が自分のすべてを作っているのである。従って、自分のどんな体験も、すべて、自分が自分で自分に体験させているものである。これを否定すれば、いい人と悪い人、神と悪魔が存在し続け、永遠の戦いの世界に生きることになる。自分が選んだ戦いの世界で自分が死んだとしても誰も恨むことはできない。自分がそれを選んだからである。自分が戦いの世界を選ぶなら、殺されることに同意したことになる。お互いに殺されることに同意している。殺されることに同意しておいて助けて欲しいという矛盾したことをする。自分が自分を殺していながら、救世主を待つ。自分で殺されることに同意しておいて、殺戮者を恨む。自業自得の共食いは、言い換えれば、自殺合戦である。喰うか喰われるか。最後の一人は喰うものがなくなって餓死する。どっちが自殺の時を伸ばせるか、の比べっこである。時間差の自殺ゲームである。誰一人、生き残ることはできない。誰も天国にならない茶番劇である。どちらが悪でもない。どちらが善でもない。自分自身の選択の結果である。

神を奉ることは、鬼を奉ることである。神をあがめるのは、バチが怖いからである。お世辞、も同じことである。鬼を封じるのは、光が欲しいからである。他人を生かすのは、自分を生かすためであり、他人を制止するのも、自分を生かすためである。自分の都合で神になったり鬼になったりする。自分の都合で神にしたり鬼にしたりする。神を信じようと信じまいと、有神論であろうと無神論であろうと、その戦い、議論は意味を為さない。あなたが「生と死」という分離した世界を当たり前だと思っていれば、あなたの世界からは、神も悪魔もいなくなることはない。あなたがそれを必要としている限り、それは存在し続ける。あなたが必要だと思うものがあなたの世界に現われている。あなたがそれを創り出したとも言える。すべての人間が偽の天国幻想に嵌まっている。それを作った黒幕も自分が作った幻想を実体のあるものだと思い込んでいる。あなたも、あなたの周りも、嘘を教えた張本人すらも、自分自身に騙されている。誰も得せず、誰も生き残れず、誰も自由にならず、誰も平和にならず、誰にも安定はない。誰も気づかなければ、世界丸潰れである。

               「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
    ************************

「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

元つ話 485 出来事、現象、状態それ自体に《決まった意味》はない

2012-11-11 Sun : 神語録 
「変化は《破壊》を伴い、そして変化は《良い方向》にしか向かわない」これを憶えておいてください。

       反応3


元つ話 484 完全に奴隷になっているのに完全に自由になる

2012-11-10 Sat : 長谷章宏語録 
二極分裂の略奪の世界では、自分の幸福を望むのは、他人の不幸を望むことである。従って、神に祈る(仏に帰依する)のと、悪魔を祓う(鬼を追い出す)のは、同じことである。誰かに感謝するのも、誰かを恨むのも同じことである。その対象が人間であろうが、霊であろうが、物であろうが、自然であろうが、同じことである。自分に都合よく、感謝したり、非難したりしているだけである。それそのものがあなたを幸福にしたり、得させたり、不幸にしたり、損させたりしたわけではない。あなたが、勝手にそう思い込んでいるだけである。あなたの思い込みで勝手にそう解釈して、お礼を言ったり、非難したりしている一人芝居である。『何かが自分を左右する』ということが真理ならば、あなたは永遠に自由になることは出来ず、永遠に奴隷のままとなる。それが真実ならば、奴隷であるという事実に抵抗して自由になろうとしている自分勝手な存在ということになる。絶対に実現不可能なことを実現しようとしている、何の意味もない戯言となる。あなたが好きなだけ、勝手にやればよい。しかし、あなたは、誰も犠牲にすることなく、自由になることもできる。

あなたは全く逆さまの見方をしている。あなたに不都合があるのは、あなたのやり方が間違っているからである。あなたがそのことに気づいて、思いと行動を改めれば、あなたの望みはすべて現実となってくる。すべては、自分の思い違いがなせる、自分の創り出した現実である。誰のせいでもなく、誰のお陰でもない。あなた自身があなたに渡したものである。しかし、あなた自身の力ですべてをしているわけではない。あなたは、あなたの利用する材料自体を作ることはできない。その材料を作る源と同じ響きでそれを使えば、あなたはすべてを思い通りに作り出すことができる。自分で産み出していないのに自分で産み出すことができる。完全に奴隷になっているのに完全に自由になる。今のあなたが言う、矛盾した世界、相反する思いが一つになった現実を体験する。あなたに矛盾を感じさせているのは、他ならぬあなた自身である。あなたの思い違いが原因である。それを根底からすべてひっくり返さない限り、全く逆さまにしない限り、その体験は現実にはならない。

今の思いのままで、天国や快楽が大きく広がるように見えるとしたら、それはウソの天国である。あなたがそれを手にしようとすれば、大変などんでん返しが待っている。ウソの世界の天国は滅びを意味する。その世界での究極の天国は、究極の崩壊、すなわち、消滅を意味する。二極分裂の世界の光の強さは、その裏の、闇の強さを意味する。表裏一体のものを二つに分けて進めれば、見える光が明るくなるほど、その裏にある闇も深くなる。

二極分裂の世界では、形が天国になるほど、心は滅びに向かう。思いが形となって現われるのが、自然の法則である。思いが形を実現する力であり、その形を感じるのも思いである。思いが先である。思い、心が闇ならば、必ず、闇が形となる時が来る。心の闇が形の病みの原因である。形の修繕を懸命にやっても本当に直したことにはならない。形を創るエネルギー、響きを変えないまま、形の世界で取り繕い、塗り隠すことは、その形をどんどん悪くするだけである。闇を避けるほど、闇が深くなる。全くアベコベな思いを持っているから、絶対に本当の天国になることはない。自分の思いの通りに形になるのである。

これは普遍の真理である。やり方がアベコベならば思いの通りにならないが、実は、思い通りになっているのである。自分の望みを実現しない思いを行動の規範にしているから望み通りにならないのである。望み通りにならない思いの通りになっているのである。それを自分が自覚しない限り、思い通りにならないのを自分以外の誰かのせいにし続け、その思い違いに気づかないまま『自分は悪くない』『自分は正しい』と思いながら滅びることになる。『なぜ自分の思い通りにならないか』は永遠の謎のまま滅びる。結局は、自分が謎を作り出していただけで、どこにも謎はなかったのである。本当の天国には、謎は何もない。

              「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
  ************************


「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

元つ話 483 あなたを救うものも、あなたを傷つけるものも、あなたの外には存在しない

2012-11-09 Fri : 長谷章宏語録 
自分自身が、自分の存在のすべての鍵を握っている、自分にとっての唯一の神である。自分の持っている神と鬼を自分の外に作り出してそれに命を預けても、責任を転嫁しても、全く意味がない。無駄なことである。あなたは、あなたの思いの基にある響き相応の現実を体験しているのである。それを形にしたのが、宗教と科学である。あなたの外に神社が存在する世界は、本当の神の本当の天国ではない。あなたが、あなたの神社そのものであり、あなたがあなたの神官である。あなたがあなたの科学者である。このことがわからないならば、あなたはとんでもないことをしでかしていることになる。荒唐無稽だと言うならば、あなたは、見事に操られていることになる。自分のすべてを誰かの手に自ら渡していることに気づかなければ、あなた自身が大変なことになる。本当に本当の大変な状況を体験することは避けられない。あなたを救うものも、あなたを傷つけるものも、あなたの外には存在しないのである。あなたの心の内が、あなたの本当の外の世界である。あなたが本当に自由な世界に出たければ、あなたの最も内にある世界の扉を開かなければならない。あなたのパンドラの箱、あなたの岩戸をすべて開けることが、本当の天国の始まりである。

あなたが天地の自然の掟を破ったことがあなたのすべての問題の真因である。掟を破ったあなた自身が、あなたを傷つけた真犯人である。あなた以外のすべても同じ仕組みであるから、現代社会というのは、お互に罪の擦り合いを形にした、共食い、自殺競争の世界である。その世界で生き延びようとして、誰かを殺そうとすれば、それは自分の滅びを意味する。あなたが自ら嵌めた大きな呪縛、嵌めたことさえ忘れて、それを真理の如く思いなしている取り違い、全く逆さまの生き方、思考、見方をすべて引っ繰り返し、綺麗サッパリと掃除しない限り、本当の天国に戻ることはできず、あなただけが滅ぶことになる。

あなたがあなたに騙されていることに気づかなければ、あなたがあなたの意思でウソの世界を生き続けることになる。結果はすべて自己責任である。本当は、助けてもらおうと思っていること自体がおかしいのである。言い換えれば、自分が何かによって不幸にされる、と思うならそれはウソである。あなたは、快を得るために不快を排除しようとし、不快を得たくないから快を取り込もうとする。快をくれるものを外に探し、不快を預けるものを外に探す。自分では何もしない。神を奉るのは鬼を封じ込めてもらうためである。その根底にあるのは、自分の都合である。これが本当の利己主義、本当の自分勝手な考えである。自分の都合によって、神の利用の仕方を変える。自分の都合のいいように、他人や、法律や、神を利用する。この世もあの世も、霊の世界も人間の世界も、全く同じ仕組みである。

             「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
   ************************

「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

元つ話 482 ムッとしたら《感謝》

2012-11-08 Thu : 神語録 
 「ムッとしたら《感謝》」

「馬鹿」と言われてあなたが「怒る理由」はないという「理」について・・・

      反応4



元つ話 481 苦に対しても感謝

2012-11-07 Wed : 長谷章宏語録 
本当の天国は、すべてが思い通りになる世界である。それは、あなたが天国の響きそのものだからこそ体験できる現実である。そこでは、あなたが不都合を体験することは一切ない。従って、恨みや憎しみの現実はないから、責任転嫁もありえない。今で言う「感謝」は、『自分にとって心地よいことをしてくれた』という意味での感謝である。自分が心地悪く感じたら不平不満を言う響きが裏に隠れているならば、その基は「自分の都合」であり、本当の感謝の響きではない。二極分裂の世界での感謝は、いつでも、文句に変わる。文句はお詫びに変わり、お詫びは感謝に変わる。お詫びをするのは、相手の謝罪請求を満たして、自分への非難を止めるためである。しかし、感謝とお詫びは表裏一体の響きであるから、感謝とお詫びが別のものならば、感謝もお詫びも自分の保身のためにしていることになる。お詫びや感謝を要求したり、強制したりするのも、それに答えるのも、争いの世界での生き残り戦略でしかない。本当の意味での感謝は、天地自然の掟に反したことへのお詫びの響きの裏返しであり、あなたの取り違いを知らせてくれたことに対する感謝である。天地自然の掟に反している限り、不平不満を言う資格はない。つまり、本当の天国に戻るまでの掟破りの清算の間は、苦に対しても感謝しかないのである。本当の天国は感謝の響きそのものであるから、お詫びも感謝もなくなるのである。そこには、お詫びや感謝を強要する者は誰も存在できない。本当の感謝の響きが、本当の天国に戻るための鍵である。

あなたの現実のすべての問題の原因は、ただ一つである。あなたがそれに気づき、それを改めない限り、あなたは本当の天国には戻れない。一つ一つの問題の原因を自分以外に探す、その思いが、問題を大きくする真の原因である。自分の責任を逃れようとして、様々な理屈を持ち出して自分は悪くないことを証明しようとしても、自分の立場や自分の快楽を維持するために誤魔化そうとしても、この仕組みは動かず、法則通りの結果を自分にもたらすだけのことである。自分の殺生与奪の権は自分が握っている。自分が自分を生かすか殺すか、である。あなたがどんな結果を体験しようとも、あなた以外の、どんなものにも一切の責任はない。あなたがあなたの勘違いから目を覚まし、それを認めて、思いと行動を変えなければ、この法則通りに、あなた自身が本当に大変なことになるだけである。

             「実践・日本真道」 長谷章宏著より
                          
   ************************

「実践・日本真道」を購入ご希望の方はリンク先≪長谷章宏氏の著書の紹介≫をクリックしてください。問合せ先「都の風」が表示されます。

元つ話 480 神さまの構造改革、政治改革、宗教改革、教育改革、世紀末維新

2012-11-06 Tue : 長谷章宏語録 
今までの世は「偽の神様Фの世界」だよ。今までのルールはФのルールだよ。◑と◐の戦いの世界だよ。今までのルールは全部、神さまのルール⦿に違反なんだよ。今までの世の憲法自体が⦿違反なんだよ。その憲法の枠の中でどんなに議論しても「世界平和」はできないんだよ。違反したルールを守り続けるんだから、⦿違反し続けるんだから、最期は全滅だろ。問題を解決しようとするほど、制度や法律改正しようとするほど、罰則を強化するほど、悪を潰そうとするほど、ますます、行き詰って行くんだよ。「本当の天国」ってのは「本当の神様」が最期に登場して「Фの世を大掃除」して創る世界なんだよ。

今までの世界は、君たち一人一人が⦿違反を清算して最期の天意転換の準備をするための世界なんだよ。今までの世界にあるものを集めても、今までの世界を牛耳っても、何にも意味がないんだよ。君自身が⦿してなければ、君の世界征服もあと4年で終わりだよ。今までの3000年の不完全天国と無限の完全天国のどっちがいいかね。君が⦿違反しなけりゃ今回の大掃除は全く影響(関係)なかったんだってことを良く覚えておくことだね。今までのことはもういいから今ここから⦿に戻れよな。神さまの構造改革、政治改革、宗教改革、教育改革、世紀末維新は人間には絶対に止められないよ。神さまを止めようとする奴自体を大掃除する仕組みなんだから、君がそういうことをしてれば、21世紀どころか、今この場で「永遠の死刑」の執行だぜ。肉体上の死どころか、魂の永遠の死だよ。

今までの世界を牛耳ってた神様Фも本当の神様⦿には逆らえないんだよ。いつまでも「略奪」や「支配」や「自由侵害合戦」や「被害者ゲーム」ゲームをしてると君自身が永遠の死だよ。君はいったい今まで何のために「死を避けるゴッコ」や「犯罪取締りゴッコ」や「損害賠償ゴッコ」や「戦争ゴッコ」や「王様ゴッコ」や「お金もうけゴッコ」や「人集めゴッコ」や「犯罪防止ゴッコ」や「教育ゴッコ」や「宗教ゴッコ」をやってたんだい? 誰かだけが天国になろうとしたり、Фの宗教のシステムを教育したり、借金経済システムで金儲けをしたり等々、戦いの心を持ってる奴らが、天国を創れるわけがないだろ。本当の天国や幸福は21世紀になってからだよ。⦿してなかったら本当の天国はないんだよ。

何千年「戦争」を繰り返したら平和になるんだい? 何千年「宗教」を渡り歩いたら死や神様のことがわかるんだい? 何千年「科学」を研究したら不思議が解消するんだい? 何千年「心理」を研究したら「自分」がわかるんだい? 何千年「福祉」をやったら「貧富」や「障害者」がなくなるんだい? 何千年「医学」を研究したら「病気」がなくなるんだい? 何千年「法律」を研究したら「犯罪」がなくなるんだい? 何千年「経済」を研究したら「赤字」が解消するんだい? 「宗教」が戦争をしたり、「科学」に限界があったりしたら、「教育」も「政治」も「経済」も、「不完全」なままだろ。いつまでも⦿に抵抗してないで、●を避けまくってないで、もういい加減に観念したらどうだい?

神さまの世界の一部分だけを見て「神さまの世界」だと思ったら、それは幻想だよ。全部見えて、全部わかって、全部○に見えて、全部OKできて、初めて、「神さまの世界」を体験したことになるんだよ。本当の神さま⦿の言う通りにしないと21世紀はないんだぞ。君が、君自身の態度や行動や考え(心)や体験も含めて、一つでも疑ってたら、一つでも怖がってたら、一つでも「?」なら、一つでも「×(●)」なら、一つでも戦ってたら、一つでも排除してたら、一つでも裁いてたら、君はまだ偽の神様Фに引っ掛かってるんだよ。君が君自身と戦ってると、誰かとも戦うことになり、国同士も戦うことになるんだよ。Фがある限り永遠に戦争はなくならないんだよ。Фを持ってる教師や親や教祖が教育したって、医者やカウンセラーが相談にのったって、ますますФを進めるだけだろ。

戦いの心がФの心だよ。ケモノの心だよ。21世紀はヒト⦿の世なんだぞ。Фの常識(アタマ)で考えても⦿はわからないんだよ。⦿で生きていくことで⦿を体験しながらФが清算されて⦿のヒトになるんだよ。神さまを神サマのアタマで探そうったって絶対に無理なんだよ。神さま⦿は「完全自由」の神様だよ。「疑う心」「裁く心」が神サマФの心だぜ。その心を捨てることが「神さまの世界」を体験するためのノウハウだよ。改神しないと神さま⦿の世には生き返れないんだよ。今までの制度も常識も通用しないんだよ。上下左右の戦いをしてる奴は全員死刑だよ。今までの上や下や左や右や、どの勢力の仲間になっても君には生はないんだよ。民主主義でも帝国主義でも資本主義でも共産主義でも神道でも仏教でも回教でもキリスト教でも科学でも教育でも宗教でも経済でも、本当の天国はできないんだよ。今の君たちの世界を創っている宗教がФである限りゼロに戻さなけりゃ駄目なんだよ。自分教⦿の信者になった奴だけが「21世紀の住人」になれるんだよ。

                        ウナム

元つ話 479 『俺は悪いことはしてない』のにどうして被害があるんだい?

2012-11-05 Mon : 長谷章宏語録 
今までの常識でいう「善悪」はもう通用しないんだよ。⦿をФすることが悪なんだよ。自由を一つでも侵害したら、人にチョッカイを出したら、人のせいにしたら、人に強制したら、それが悪だぜ。今までの教育も宗教も⦿に仇なす悪の業だよ。君たちは「悪」を潰して「Фの善」を教育して天国を創ろうとしてたんだぞ。神さまは「本当の悪Ф」を潰して「本当の⦿」を教育し直して、天国を創るんだよ。形の善悪で物事を見てるとドンデン返しを食らうぞ。今の君たちの常識から見たら全くアベコベだろ? とてもじゃないけど信じられないだろ? でも、それが今度の世界転換のカラクリだよ。「悪を使って悪祓う、悪を使って悪潰す仕組み」を悪用して、悪と悪を戦わせて共倒れにさせて、王様同士の同士打ちをさせて世界征服をしようと企んでた、その王様の王様自身も、王様の王様の王様⦿が直々にФを成敗する「悪の大掃除」で自滅するんだよ。⦿の世を壊す「悪の種」を一掃する「最期の大掃除」、万古末代二度とない、一度コッキリの大掃除が目前に迫ってるんだよ。永遠の天国を創る「⦿ハラとФアタマ」の最終戦争だよ。Фは滅亡だぞ。

今回の革命は、「秘密警察」や「憲兵隊」はいない代わりに、神さま⦿が一人一人の心の世界を直接見てるから、神さま⦿が全世界、全人類に目を光らせてるから、誤魔化しは一切通用しないよ。悪の企みは全部お見通しだよ。どこにも逃げられないし、絶対に邪魔はできないんだよ。「自己管理」「自己責任」「自業自得」の原則だ。君が自分自身で⦿しなかったら、それで終わりだよ。誰かを潰して自分が天国になろうとするのは自分で地獄を選んでるのと同じなんだよ。今回の君の相手は神さま⦿だよ。君が神さまの言うことを聞かなかったら有無を言わせず死刑だよ。君は⦿の世を壊したテロリストなんだぜ。今の今まで神さま⦿が死刑執行猶予をしてくれたんだよ。最期まで改心しないなら死刑執行あるのみだよ。君は死んでも死んでも神さまの中だから、もう⦿する以外どこにも逃げられないんだよ。君が抵抗すればするほど君自身の天国を遠ざけてることになるんだよ。

神さま⦿の世界を壊した「テロリスト」を一掃するのが「ハルマゲドン」なんだよ。君たちは、神さまが警告せずに大掃除をしても文句は言えないんだぞ。神さまは、自らのしたことを反省して、改心して、本当に天国を望んでる我が子をФの大掃除から助けるために、一人一人に神さま⦿の計画を話して、一人一人の改心を促して『自ら改心⦿した者だけを救い上げる』っていう仕組みを創ってくれてるんだよ。君が本当に改心⦿すれば、回りの連中が何をしてても君は天国に行けるんだよ。『天国行きたい奴だけこの指止~まれ!』ゲームだけど、神さま⦿の指には、Фを全部放さないとつかまれないんだぞ。Фにつかまったまま⦿を眺めてたって助からないぞ。Фか⦿かどっちか一つだよ。君が本当に改心したなら、⦿に従って行動することだね。口や心の中だけの改心じゃ駄目だぜ。『やった積もり』や『改心しましたけど』じゃ、全く改心してないのと同じだよ。心で改心したなら行動できなくちゃね。今までФをしてさぼって逃げてた奴ほど⦿は厳しいんだよ。

長谷先生は神さまの意志を伝えるだけだから、長谷先生は⦿してるから「永遠の天国」に行けるから、長谷先生を暗殺しても無駄だよ。今回の神さま⦿の手伝いは、自らが⦿してなけりゃ出来ないんだよ。長谷先生はすべての「臭教」「私有教」を終わらせる「終教家」だよ。自分教の開祖だよ。神さまの実地試験や教育実習に全部合格して、初めて、神さま⦿の助手(自分教の教師、トレ-ナー、教祖の免許皆伝)になれるんだよ。神さまの助手になれば、完全自由なんだな。君がどんな選択をしようと、長谷先生には全く関係(影響)ないからその積もりでな。長谷先生を殺しても、長谷先生にしがみついても、君の天国は得られないんだよ。長谷先生が消えても君が自分の意志で自立できなくちゃ駄目なんだよ。長谷先生を批判することは、神さま⦿に抵抗することになるんだぜ。やりたきゃやればいいけど。君自身がいなくなるぞ。神さまは⦿を邪魔する奴は一人たりとも容赦はしないんだよ。君たちだって「国家に反逆する者は死刑」ってやってるだろ。神さまの国家反逆罪は永遠の死刑だよ。魂の死刑さ。君は今まで天国を創るためにいろいろなことをしてきたんだろ。神さま⦿の言うことを聞かなくちゃ、今までしてきたことФを一切やめなくちゃ、君の望みは叶わないんだよ。天国を創ろうとして滅亡の道を歩いてたんだぞ。

『信じられない』って言う奴は、もう神然無視されるぞ。自動的に「自己責任」をとって「自己死刑」で「悪は自滅」なんだよ。それが神さま⦿のルールだよ。自分で違反して自分で懲役して自分で無罪になるんだよ。自分で違反して懲役さぼって自分で死刑になるんだよ。一人芝居さ。君が違反しなけりゃ地獄も刑務所も死刑もないんだよ。誰かの悪を責めてる君自身が一番の極悪人だよ。「テロリスト」は同士討ち。「テロリスト」の親分も最期の大掃除で自然淘汰、抹殺だよ。つまり、「テロリスト」が創った世界は最期に全滅だよ。政治家や王様や犯罪者を批判してる君自身が「最高のテロリスト」だぜ。『自分は大丈夫だ』なんて思ったら大魔違いだよ。『俺は悪いことはしてない』のに、どうして被害があるんだい? 君は神さまのルール違反をしてるんだぞ。ルール違反したら⦿の世を壊すことになるんだよ。君の被害は君の責任さ。君が君の加害者だよ。責任転嫁は違反なんだよ。君が神さまのルール通りに生きてなけりゃ、君の人生は今世で終わりだよ。

                           ウナム

元つ話 478 ミロクに行けない奴がミロクの議論をしても茶番

2012-11-04 Sun : 長谷章宏語録 
21世紀以降の世界は、一人一人が、今までの世界で仕出かした犯罪(神さまの世のルール違反)をしただけ相応に清算して『御破算で願いまして~は』ってゼロからやり直す「永遠の天国」の世界なんだよ。Фを清算しない奴は一人たりとも行けないんだ。Фを持ってれば自動的に門前払いだよ。死んで(心で/神で/真で)生きる仕組みだから、肉体上の死(破壊/病気/損/怪我/犯罪/事故等々)なんて全く問題じゃないんだな。そういうものにこだわってると「本当の死」を体験して、21世紀は露と消えるんだよ。君がどんなに肉体上の死や損や被害や犯罪等々を避けまくっても、君が、神さまのルール違反Фをしてれば、君には21世紀以降の人生はないってことだよ。君が神さまの言うことを聞かなけりゃ(⦿に戻ってなけりゃ)、今までのどんな権力者の側近になっても、どんな神様を信心しても、助かることはできないんだよ。「永遠の天国」に行くためには、それ相応の準備が必要なんだぞ。今までの君たちの思考のままじゃ天国を体験するなんて不可能だよ。今までの物質世界で天国を創ろうとしても、そんなことは無理なんだな。

21世紀には泥棒や殺人者や責任転嫁する奴やテロリストや詐欺師や嘘つきなんて奴はいないんだよ。21世紀の「悪の大掃除」で一掃されるんだよ。つまり、「問題を創り出す奴ら」は一切行けない仕組みなんだから、問題解決なんていらないんだよ。ということは、21世紀の問題を解決しようとしてる奴らも21世紀には行けないんだな。『21世紀にも問題がある』って考えてる奴も結局は悪に対抗する心(Ф)を持ってる⦿の世の悪人だからな。どんでん返しだろ? ⦿してれば21世紀で遊べるし、Фしてりゃ21世紀はないんだよ。21世紀に行けない奴が21世紀の議論をしても茶番だろ。『21世紀の問題をどうするか』って考えてる奴は21世紀には行けないってことだよ。今の君たちがやることは『21世紀の問題をどう解決するかの議論』じゃなくて『自分自身の問題製作心Фの大掃除』だろ。人や社会の「問題」をとやかく言う自分の心を掃除しろよな。

君の「心の世界」が「完全天国⦿」になってなけりゃ君には21世紀はないんだよ。君が⦿ならば、今ここで「心配」や「不安」や「葛藤」や「憎しみ」や「恨み」や「反抗」や「死」や、そういう心を持ってる筈はないんだよ。肉体上の(形の上での)「死(破壊/損)を避ける」のが⦿がない証だよ。戦いの心Фを持ってれば、今ここでも、死後の世界でも戦うことになるんだぜ。夫婦間でも家庭でも学校でも会社でも日本でもアメリカでも同じ行動をとるんだよ。君がФを持ってればどこに行ったって同じことを仕出かすから、君がФ心を掃除しなくちゃまたまた同じ世界を創るから、今回ばかりは、神さま⦿は『Фを持ってる奴は一人たりとも新しい世界には入れない』仕組みを創ってあるんだよ。

今ここで君が「心の世界」にあるものを一つでも殺してたら、君は「天国の心の世界」には行けないんだよ。形の世界で「殺人」や「泥棒」や「詐欺」や「支配」をしてる奴は論外だぞ。そいつらを裁いてる君らも同罪だよ。君がどんな屁理屈を持ち出して反論しても、どんな武器を持ち出して抵抗しても、神さま⦿のやることは一切止められないぜ。今までФの世界を許してたのも、神さま⦿の計画のうちなんだよ。悪Фに「九分九厘」まで勝たして、最期に反乱軍Фを一網打尽にするんだよ。君が⦿してなけりゃどこに逃げたって、どんなに抵抗したって、神さまには勝てないんだよ。君が⦿に戻りさえすれば、君の天国は約束されてるんだよ。誰も殺さずに邪魔せずに全員が天国になれるんだぞ。悪人も善人も全員助かるんだけど、Фしてれば「Фの極善人」だって死刑だぞ。いい気になって今までのやり方を続けてると、やってる君だけが「永遠の死」に旅立つことになるぞ。

今回の「革命」は「本当の天国を創る革命」だよ。神さまが革命の首謀者だよ。天国を壊した「偽天国の王様」を倒すんだよ。「世界の大掃除」は神さまがやるから、君は神さまの言う通りにしてればいいだけだよ。Фの世界の中で「上下左右」の戦いをしてると、両方とも負けだよ。本当に「喧嘩両成敗」だぞ。今までの「革命」のやり方は通用しないんだよ。君が抵抗してる今回の相手は「宇宙創世の元つ大神様」だよ。君たちが壊した世界を元の天国に戻す「革命」だぞ。今度の「戦争」は君自身が⦿に戻ってなかったら負けだよ。全員が⦿に戻ったら全員が勝つ戦いなんだよ。君と君の戦いでもあるんだよ。神さま⦿に鞍替えするか、神サマФの手下でいるか。神さま⦿の家来(奴隷)になると「永遠の天国」なんだな。君自身⦿の言うことを忠実に実行すれば、君は神さま⦿についたのと同じだよ。Фの君の言うことやФの奴らの言うことを一切無視すれば、それが⦿だよ。

                            ウナム

元つ話 477 君がやり方を間違ったことを教えるための「不自由」や「不都合」

2012-11-03 Sat : 長谷章宏語録 
「温故知新」=「恩古知真」  古(いにしえ)の元の神様の恩を知って真実を知る。

21世紀ってのはね、今の君たちにわかるように言えば、『「心の世界(夢の世界)」が「現実の世界」になる(全く「別次元」の「別世界」で展開される)「天国のゲーム」のスタート』なんだよ。今までは、神サマФが君主様になって自らの思い通りに全世界を牛耳ってた「支配と戦いと苦渋の地獄のゲーム」だったけど、21世紀以降は、神さま⦿が大王様になって全世界を治める「自由と平和と歓喜の天国の世界」になるんだよ。神さま⦿の下で、神さまのルール⦿通りに、それぞれが自由に好きな国を創って、それぞれの思いのままに、自由に、嬉し楽しで遊べる世界だよ。基本的には今の生活となんら変わりはないんだけど、「戦争」や「犯罪」や「事故」や「病気」や「貧富の差」や「死」等々の「危険」や「差別」や「破壊」は一切ない、自由、平等、公平で、絶対安全な、「完全に平和な世界」だって思えばいいよ。君たちが待ち望んでいた「天国」そのものだろ?

神さま⦿が直々に「Фの世界の大掃除」をして、「ケモノの心Фが創る地獄の世界」を一度終わらせた上で、改めてスタートする世界が21世紀なんだよ。21世紀になる前に、神さま⦿が「神サマФが創った世界の大掃除」をして、「遊び場(世界)」と「服(肉体)」と「道具(資源)」と「ルール(仕組み)」を総取っ替えするんだよ。君たちの言う「ハルマゲドン」ってのは、神さま⦿が神サマФの世を大掃除する「世界の総穢れ祓い」のことだったんだよ。「最期の大掃除」は神サマすら逃げられないんだぜ。全員が必ず通らなけりゃならない試練なんだよ。君が心⦿に戻ってなかったら、君の人生は永遠の終わりだよ。もう他人や社会や地球環境云々を議論してる場合じゃないんだぞ。神サマФ教の信者共に天国なんて創れるわけないだろ。神さまの仕事への内政干渉だぞ。そういうことは神さまに任せて、君自身の心の世界の大掃除をしなくちゃ、君が滅亡しちゃうぞ。

今回に限ってはね、神さまのルール⦿通りにしてなきゃ、君の生まれ変わる場所はもうないんだよ。神さまが創る⦿世界に君が生まれ変われなきゃ、君の遊びは今世限りで終わりだよ。君がこの先も遊び続けたいんなら、神さまの言う通りにすることだね。君が神さま⦿のやり方通りに生きてりゃ、今の世界でだって遊べるんだよ。君が⦿に戻ったら、後4年、今の世界で出来る範囲で好きなことして遊んでれば、そのまま21世紀に突入するってわけだ。長谷先生の話をただの空想物語だと思うなら勝手に思ってればいいけど、いよいよの時になって『シマッタ!』って思っても遅いから、今ここで忠告しておくよ。今までそういう思考をしてきたから「本当の天国」の実像が見えなかったんだよ。そういう思考をしてるのが神サマФ教の信者だっちゅう証なんだけど、ま、君の好きにしなよ。

物質文明やお金や犯罪や戦争自体が悪なんじゃなくて、そういう見方をする君の考え方(道具の使い方)自体が悪Фなんだよ。この世自体は神さまが創った世界だから、悪なんてどこにもないんだよ。君たちが使い方を間違えたから「不都合」ばっかりになったんだよ。自分自身が「不都合」を創っておいて、自分に不都合なものを悪だと決めつけるその思考自体を掃除しなけりゃ、君には天国はないんだよ。君がやり方を間違ったことを教えるための「不自由」や「不都合」に責任転嫁してちゃどうしようもないよな。君自身が改心しなかったら、君だけが21世紀に生まれ変われないだけだから、ま、長谷先生にも他の友達にも地球にも神さまにも関係ないけどね。今までの世は「自分の間違いを正す」ための「心の掃除」の学校だったんだよ。今までの世界の中で、人の間違いを正したり、お金やモノや権力を集めたり、社会を変えよう(天国を創ろう)としたりしても何の意味もないんだよ。君の生き方自体を転換しなきゃ神さまの世界転換⦿と共に君は滅亡だよ。

21世紀は、今までの世界とは物質の組成も仕組みもルールも全く違うんだから、今までの「戦いと略奪の世界Ф」の肉体やお金やモノや常識や仕組みや制度や法律や地位や権力や財産等々は一切持ち越せないんだよ。君が21世紀に持って行けるのは「今までの体験」だけなんだよ。遺産相続や自然保護や世界統一なんて画策しても意味がないんだよ。君がしてきた体験だけが、永遠に残る「本当の財産」なんだぜ。ただし、やることをキッチリとやった奴だけの話だけどね。やることをやんないなら、神さまからの債務返済をする気がないなら、「本当の財産」の没収だよ。「本当の自己破産」で永遠の消滅だよ。神さまは全員から「イノチ(体験)」っていう担保をとってるんだな。神さまにゃ「不良債権」なんてないんだよ。世界を始めから創り直すだけだからね。君自身が神さま銀行から借りたものを完済しなけりゃ君には天国はないんだよ。最期は「不良債権」の強制回収=世界の大掃除をして「泥棒」を一掃して「天国」を創るんだよ。君が自らの「神さま銀行の不良債権」を完済すれば、君は無事に天国で遊べるんだよ。

                           ウナム

元つ話 476 高次元の星々には光にあふれながら進化が停滞して足腰が弱ってきているものもある

2012-11-02 Fri : 神語録 
  「グレートシフト完全ファイル」 堀切直人著より

P318
 『ガイアプロジェクト2012』の著者(在米韓国人チャング・フィヨング)は、二〇一〇年から二〇一二年までに地球人類が体験するであろうことについて、次のように書いている。

 「これまで人間の前には物質というカーテンが垂れており、その向こうに蓄えられた真理が表面に出ることはなかった」。人類の「学習効果を高めるため、地球の運営システムは最高機密とされてきた」。「だが、最後の祝祭のため、地球の秘密を少しずつ明かし、人類が地球で生きることの意味を理解するヒントを与えるほうがいいだろうということになった」。こうして、ここ一世紀ほど、チャネリングなどを通じて「地球の秘密」が少しずつ明かされ、「人類が地球で生きることの意味を理解するヒント」が人類の一部に与えられた。そして、ついに「最後の祝祭」が目前まで近づいてきた。「全人類が本当の世界を知り、天から注ぐ光によってすべての真実が明かされる時が来たのだ」。

 「最後の祝祭」が始まると、人々は目の前で起きていることが、「これまで地球にいた全存在が特別に学べる最後の貴重な機会」であり、「宇宙の精緻な計画の一部」であり、「宇宙が地球人に贈る祝福」であることに気づくだろう。人々は「これまでずっと頼りにしてきたすべてが崩壊するので、最初はひどく苦しむが、やがて大きな喜びや絶望的な平和を味わい、宇宙根源への感謝の念が湧く。自分が本当は何者で、なぜ地球にやって来たかが分かるからだ」。そして、「自己中心的な考え方がしだいになくなり、関心は隣人のことから祖国や人類まで広がる」。「自己覚醒が広まり、人々の間に連帯が生まれる」。肉体を脱ぎ捨てる瞬間には、誰もが過去のすべてを思い出す。そして地球のすべてを懐かしむだろう」。

 『ガイアプロジェクト2012』は、「根源や他の存在との絆」を強めるために、「長期にわたって熟成された」「完熟エネルギー」をつくり、それを宇宙全体に広める目的で地球という惑星を創造するという、原初意識を企画者とする計画、すなわち、「ガイアプロジェクト」の存在を人類に初めて告げ知らせた。この「ガイアプロジェクト」を念頭に置きながらアマ―リエの『光ある愛の星にアセンション』を読むと、腑に落ちる点が多々見つかるだろう。同書でオーム(宇宙神霊)と聖アントニウス(太陽意識)は、日本女性のチャネラーであるアマ―リエをとおして、宇宙の心臓に当たる天の川銀河は、新たな挑戦、発信を行なって宇宙全体の進化を促進するという計画を与えられ、この計画を実現するために「銀河系のプリンス」と呼ばれる地球を創造した、と述べている。以下、天の川銀河に与えられた、この地球を中心とする計画について見ていきたい。

 地球以外の数多くの次元上昇した惑星は、地球よりも早期にステップアップして、愛のエネルギーに満ちた光の世界をつくっている。しかし、「愛のエネルギーといっても受け入れていくだけならば、なかなか進化発展はしない。」高次元の星々には、光にあふれながら進化が停滞して足腰が弱ってきているものもある。そういう星の住民は現在、自分たちのそれよりも低い次元にある地球に期待のまなざしを向けている。彼らは「停滞の中で苦しみ、逆に退化の道をたどって滅びんとするとき」、「自分たちが進化発展していくために役立つ情報を与えてくれるかもしれない」と考えて、地球に「唯一希望を託している」のである。

 地球は、「地球が創造されたとき」に、「新たな愛のパワーを宇宙に発信する」ことを自らの使命として課された。そして、地球がこの「使命を果たすべきときが、いよいよきた」のだ。この地球の使命は重大であり、これを果たすのは難しい。だが、地球は闇のエネルギーを自らのうちに取りこんでいったとき、「全宇宙の津々浦々まで輝き渡らせることができるような、大きな大きな力と光を、愛のエネルギーとして発信することができる」。

 「この地球の使命の中に、多様性を受け入れるということがある」。地球は「宇宙の中の人種のるつぼ」である。地球には、どの惑星よりたくさんの異星人たちがいる。例えばオリオン星は「ひとつの民族の中だけで文明が盛衰を遂げ、自分たちの得意な文化を発信していく」。宇宙にはこのようなタイプの星のほうが多く、そのなかで地球は例外的な存在である。「ひとつの人類だけであったのならば、これほどの困難を極めなかったであろうが、新たな移住者を受け入れながら、地球は文明実験を繰り返し」てきた。地球には、移住者の出身地である数多くの星々の個性、特性が博物館のように少しずつ受け継がれている。まとまりは悪いが、多くのパターンが提示され、異なる同士が刺激し合うことがエネルギーを生み出してきた。人類は「異なる中においての共存」を学んできたのである。

 地球の使命のなかには、エゴの発するマイナスのエネルギーをプラスのエネルギーに変えていくということもある。地球は、「マイナスの闇のエネルギーの怖さに触れることのできる惑星」である。地球では、人類の集合意識が、マイナスのほうに時間をかけてまっしぐらに進んできてしまった」。「地球ほど神の子たちのエゴが集積し、暗黒面を強くつくり出してしまったところはない」。しかし、人類はこのエゴ、暗黒面を学びの機会に変えた。マイナス波動、魔、闇のエネルギーと戦うことによって、人類のうちから大きなパワーがあふれ出てくる。こちらを叩きつぶそうとするものに正面から向き合い、そのエネルギーを吸収し、それをバネにして爆発的なエネルギーを生み、それによって人類は大きく飛躍できる。「常に挑戦し続ける中でしか『進化』はないのだということを、地球は宇宙中にメッセージとして発信することができる」。

 こうして地球は「宇宙の愛の意識を変えていく、新たな発信源」として「宇宙の者たちから注目の的となっている」のである。

元つ話 475 地球はあなたがしたかった体験をサポートするテーマパーク

2012-11-01 Thu : 神語録 
     困難度MAXからの帰還

あなたは自分を「力の無い存在」だ、と思い込める程あなたは「力強い存在」であるという真実について・・・


     「反応 2」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。