スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話889 そなたは死んでも生きておる何が怖いのじゃ

2013-12-20 Fri : 長谷章宏語録 
この方はそなたの心に全部出しておるぞ。そなたが自分の心を批判して居るから見えんだけぞ。肉体なくなってもそなたの身魂はOKぞ。ここにあるもの使ってそなたの内を見なされよ。このフミはこの者のアタマの判断は入って居らんぞ。Фから見たらキチガイぞ。非常識ぞ。奇跡ぞ。ビックリぞ。この方はそういうふうに見えることを分かって出して居るのぞ。分からんで出すのが気違いぞ。分かって出すのが天才ぞ。天才は自分のして居ることをすべて知っているぞ。自らが外からどう見えるかすべて知って居るぞ。この者はФ(魔釣り)と⦿(真釣り)を自らの内で比べられるぞ。両方やって居るから両方分かるのぞ。両方やればどうなるか知っておるぞ。片方だけやってツベコベ申して居る者、そなたの魔釣りは丸見えぞ。批判、反論するのは片方だけの証。Фの証。両方見よ。偏見を捨てよ。そなたが魔釣り(Ф)の善にこだわるから、偏見を持つから、自らがしたい悪ができず、裏が見えんから、真コトの善が分からんのでござるぞ。文句を申すならば、そなたの出来ることをすべてやってから申せよ。この方は⦿(真釣り)ぞ。ALL OKぞ。出来ないことはござらんぞ。そなたがしないだけでござるぞ。出来ることをすべてやると申すのは、言い訳をせず、外の責任にせず、悪裁かず、苦避けず、死避けず、病避けず、結果気にせず、自らが善いと思うことをそのまま素直にすべて行動すると申すことぞ。

この者に反論できないならば、いい加減にアタマを下げて観念して、この方の申す通りに、この者の申す通りに素直にやりなされよ。このフミに書いてあることがすべて分かったならばそなたには質問はござらんぞ。反論もせんぞ。批判も疑いもござらん。反論して居る者は自らのズレに気づいておらん。自らの自分勝手な取り違いに気づいて居らんぞ。この方のフミは霊の眼から語ったものぞ。そなたらとアベコベの視点から語っておるぞ。そなたが体主霊従でござるから、霊主体従になればどういう風に見えるかを書いて居るのでござるぞ。神の世の当たり前を、神の社会の常識を語っておるのぞ。もう一度ゼロから出直せよ。よく読んで、分かるところから実行して、出来ることをすべてやってから文句を申せよ。そなたがこの方の申す通りにすべてやって居るならば、文句も疑問も恐れもござらんぞ。この方はそなたらから見れば死後の身魂でござるから、死人が語って居るのじゃから、この方の申す通りにすれば、怖いことがござるのがオカシキことぞ。死後の身魂は生前の身魂。生死一如。この方は生き通しでござるぞ。そなたは死んでも生きておる。何が怖いのじゃ。

そなたらは自らの思惑で人の自由を奪うぞ。そなたらの裁判と申すのは、人間が人間の自由を人間の理屈で奪っておるぞ。同じ行動をしても裁く者の都合で判断で感情で罪が変わるぞ。同じことをしても罪が変わるぞ。一〇〇万円借りても一〇〇〇万返す者と五〇〇万返す者が居るぞ。罪相応ではござらんぞ。神の掟破りの犯罪人であるそなたらはこの方が全員逮捕してあるぞ。刑務所に収監してあるぞ。そなたが不自由なのは真釣り外しがあるからぞ。真釣り戻しが懲役ぞ。罪の償いぞ。そなたがしたこと。肉の身柄を拘束してもそなたの身魂は拘束できんぞ。身魂を拘束すれば肉の身柄は拘束ぞ。霊が体へ文句を申して居る間は、そなたは魔釣りにとどまって居るのぞ。そなたは刑務所から出られんぞ。そなたはまだまだ真釣り戻しが終わって居らんぞ。最後の一厘まで終われば、そなたは自由になるぞ。楽になるぞ。娑婆に出してやるぞ。外の者はツベコベ申すことはできなくなるぞ。この方に反論する必要もなくなるぞ。魔釣りの世のオカシキことがどんどん見えてくるぞ。そなたらの死刑は罪の償いになっておらんぞ。死刑囚の身魂は生きておるぞ。肉の視点の茶番劇。全員身魂の犯罪者でござるから早くお務めを済ましてくれよ。済ませた者からミロクの娑婆に出してやるぞ。お務めさぼれば強制労働の後でマコトの死刑ぞ。三歳苦難で大掃除しても改心しない者は身魂の死が待って居ると申して居るのじゃ。

                    十日立

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。