スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話912 神示を奉って居るそなたは そなた自身を下に見て居るぞ

2014-01-12 Sun : 長谷章宏語録 
この方の申す調和は一〇〇%でござるのぞ。一点でも、一厘でも、○・一%でも曇りがござれば、快晴ではござらん。雲一つない空を快晴(快正)と申すのぞ。そなたらの創った、たった一厘の曇りが、たった一厘くらいと申す油断が、今の世の曇天を創り出したのでござるぞ。雲があるのが当たり前、苦があるのが当たり前、悩みがあるのは当たり前、分からないのが当たり前等と申すそなたらには、永久に誠の真コトは見えんぞ。そなたの心に一点でも曇りあれば、この方の真コトは見えなくなるのぞ。たった一厘でもうまく行かんこと、分からんこと、不思議なこと、自分で答えられんこと、自らで決められんこと、外に責任転嫁をする心がござるならば、そなたには曇りがござるのぞ。我(われ)には曇りはござらんと申す、その言葉が曇りがある証でござるのぞ。そなたに曇りなければこの方の申すことにいちいち反論する必要はござらん。そなたに曇りがござらねば、この方の出す神示など、そなたにとっては何の価値も無きものになるのでござる。そなたはこの方の心そのものでござるからな。わざわざこの方に言われんとも、そなたはすべてを分かって居るからな。神成る身のそなたに神示が出ることがオカシキことなのぞ。

この方の神示を奉って居るそなたは、そなた自身を下に見て居るぞ。この方を特別の存在にして居るぞ。普通とは特別、特殊が無きことぞ。それが平等、公平と申すもの。この方は特別ではござらんが、この方がそなたを産み生んだのでござるから、この方が先でそなたが後でござるのぞ。親が先で、子が後、神が先で人が後、後先の順番は変わらんぞ。この方の申す通りにすることが調和を創る元でござるのぞ。神成る身であるそなたらのすることでござるのぞ。そなたはこの方のお子でござるのぞ。この方の内に産み生んだ身分でござるのぞ。この方はそなたの空気のようなものでござるぞ。そなた自身を下に見ると申すのは、この方を価値の無いものと申して居るのと同じでござるぞ。そなたとこの方とを分けて居る証でござるぞ。この方はそなたの外に居るのではござらんぞ。この方がそなたの外に居るならば、そなたが神ではござらぬか。そなたとこの方は切っても切れん、一体の霊でござるのぞ。そなたはこの方の分霊でござるぞ。この方の直系の霊、直(なお)霊(ひ)でござるのぞ。分からないことがござるのが、親を特別視することが、そもそもオカシキことではござらぬか。そなたはこの方の内に居るのでござるぞ。

そなた自身がこの方の快晴の世を曇らせた張本人でござるのぞ。今この世に居る全員が、元つ真釣りを外した、神の掟を破った犯罪者でござるのぞ。曇り具合の多少は関係ござらんぞ。九九・九%の悪人も、〇・一%の悪人も、調和を乱す悪人でござるぞ。どっちが悪人かと申すそなたが悪人でござるぞ。他人の悪を裁く資格はござらんぞ。神の世の掟は調和なり。調和を乱す者は全員悪人(悪神)でござる。そなたが善悪分ける悪心持った悪人でござるから、そなたが悪人であることを見せる御役の悪神にまんまと騙されるのでござるぞ。肉の身を持つそなたらは霊界と現界の両方に居るのでござるぞ。霊界のそなたの行動が現界に現れるのでござるぞ。そなたの心に悪あれば、霊界で悪神の手下となってしまうのでござるぞ。自らを正しいと思って居る悪神の手下となれば、そなたは自らの悪を悪とは思わんぞ。そなたは善悪分ける幽界に居るから、善悪の戦いをするのでござるぞ。誠の調和の神界のこの方が、誠の善悪を教えて差し上げるから、早う幽界とのつながりを切りなされよ。そなたが戦いをして居るから、幽界に居ることになるのでござるぞ。

                      十日立

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。