スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話921 殺人犯(殺神犯)はほおっておけば自ら潰れるから 潰れる前に潰すなよ

2014-01-21 Tue : 長谷章宏語録 
悪を潰そうとすればするほど悪は表に出てくるぞ。殺人犯(殺神犯)はほおっておけば自ら潰れるから、潰れる前に潰すなよ。潰せばそなたが潰れるぞ。この方はすべてのすべての掟違反の身魂を泳がせて、好きにさせて居るのでござるぞ。最後の最後は身魂のイノチが無くなるのでござるぞ。どんな刑罰よりも重い重い厳しい刑罰でござろうが。永遠のイノチを手放すのでござるからな。人間の世での刑罰など、この方から見れば甘い甘い。人に刑罰課するそなたらが、神の掟の違反者ぞ。調和を乱す悪はほおっておけばすべて滅びる定めなり。悪を潰そうとするそなたも悪でござるから最後の最後は自らが滅びるぞ。外の悪を悪と申す、外に悪があると申すそなたは、外が変われば何もできなくなるぞ。そなたは外に影響されておるぞ。そなたはこの方の申すことには逆らえんのではござらぬか。そなたは自然の力には逆らえんのでござろうが。自然の力は至善の力でござるぞ。資源は始源でござるぞ。この方の力の現れでござるのぞ。そなたの外はこの方の内ぞ。そなたが外を変えることなど出来はせんのぞ。この方が許さねば、そなたは何もできぬのぞ。いつまで幻にとらわれて居るおつもりか。そなたは死をさけて居るつもりで、自殺の道を歩んで居るのぞ。夢の世界から早う目を覚ましなされよ。

元の調和を乱した結果現れる悪を裁く者は、内に善悪をもった調和を乱す悪の身魂でござるぞ。悪を裁こう、悪を暴こうとするそなた自身が悪の根源でござるぞ。悪者は許せんと申すが、それはそう申すそなたのことでござるぞ。悪裁いて善人を気取って居る者、神から見ればそなたが極悪人でござる。そなた自ら神の調和を乱す悪人であることを白状しておるのに気づいておるか。真コトの者から見れば、魔コトの者のすることなすこと丸見えでござるのぞ。悪を裁けば、外を変えようとすれば、外をコントロールすれば、外が悪だと申せば、外の責任でござると申せば、それでそなたは掟違反の魔釣りの者ぞ。今度の大掃除と申すのは、調和を乱す悪は根元から根こそぎにして仕舞うのぞ。最後の最後にはこの方の、誠の神の誠の力をとくとご覧に入れるから、そなたにはとても逆らえんから、ツベコベ申さずに今からこの方の申す通りにする方が得策でござるぞ。

そなたらは悪人であることを隠そうとするから、自ら悪人でござることを白状して居ることに気づいたなら悪裁くのはやめる筈じゃな。何度申しても聞き分けのないお子が多いぞ。そなたの無知をいつまでさらすのじゃ。いつまで善人を演じて居るのじゃ。そなたはそれほど大アホでござるのか。この方の申すことを今一度しかと聞き直してくだされよ。仲良しが調和ではござらんぞ。そなたの内に善悪、戦いないことが調和でござるぞ。疑いの無いことが調和でござるぞ。そなたの内が調和で無ければ、そなたはそなたの外のものをとやかく申す資格はござらんぞ。そなたの内が調和でござれば、そなたは何も疑わん。何も気にならん。何も裁かん。何も口出しはせん。何も文句は申さん。悪はござらんから悪を許せんとは申さんぞ。外の悪を暴こうとはせんぞ。不安も恐れも疑問も不思議も奇跡もござらんぞ。真釣り外しのある者は、もう人のことを構って居る暇はござらんぞ。早う自らの真釣りを戻せよ。ミロクは近づいて居るぞ。外の悪を裁く自らの内を調和せよ。

                    十日立

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。