スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話996 失うのは自分が取ったものを返す機会

2014-04-06 Sun : 長谷章宏語録 
君の回りにあるものを使って自由にドラマを創ればいいんだよ。チョッカイを出す奴は無視していいし、君がチョッカイを出せば人のドラマの邪魔になるんだよ。神さまの種、空気、土、太陽、物理学、発芽の仕組み、バクテリア、肥料・・・・・神さまのものを肉体を使って育ててる積もりで、実は、見てるだけのことさ。形に成ったものをお金と交換して、売り買いして、心を形で遊ぶゲーム。それが農業だよ。漁業も林業も同じ。君には何もコントロールできないよ。天災だ、被害だ、損害だ、って、自分じゃ何も創ってないのに何を言ってるんだ? 自分に都合が悪くなると、気候や種や肥料や土譲や農機具や、神さまのせいにするだろ。『水不足』だからって、何が不足なんだい? 君のФを清算するために水を取って、辛抱の教材を渡してくれてるんだぞ。水って視点で見たら不足だけど、Фの清算って視点で見たら足りてるだろ。せっかく天国の種を渡されたのに、天国を返すのか? 「不作」は、神さまが神さまのものを壊しただけだぞ。神さまが⦿を教えるために壊したのに、お金で被害を補償しろってか? 天災の被害者は可哀相だから助けるってか? 失うのは自分が取ったものを返す機会だよ。せっかく神さまが君のФの清算をしてくれたのに、お金を奪ってまたФを生産するのか? 自分が制限のシナリオを創っておいて、誰かのシナリオを強制的に変えさせるのか? ここでまた楽をすれば最期は死だぞ。「死産(しさん)」をいくら増やしても「天国」はないよ。

                     ウナム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。