スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話1013 血統は霊統ではござらん

2014-04-23 Wed : 長谷章宏語録 
墓に入って居る骨は、霊とは関係ないぞ。死んだ者は眠ってはおらんぞ。墓には居らんぞ。同じ霊の入った肉の墓が沢山あるぞ。一柱の霊がいろいろな服を着ておるのぞ。死んだあとまで一人で沢山の家を持ってどうするぞ。埋めることろなくなるぞ。住宅難は自らのまねいたことぞ。血統は霊統ではござらん。掃除せんとそなたらが冥福を祈られて仕舞うぞ。死を悲しむそなたが何も知らぬ悲しい身魂ぞ。こういう見方を批判するそなたは真コトを知らん者ぞ。神が先で人があと、霊が先で体があと、魂が基ぞ。魂が服を着ておるのが人間ぞ。神社も寺も墓もすべてのすべてを創り直すのでござるぞ。

そなたの真コトの裸と申すのは霊のことでござるぞ。肉体の裸を恥ずかしがるそなたは真釣りを外した恥ずかしい霊ぞ。法律違反を裁くそなたは神の法律に違反して居るぞ。そなたが人に申すことはそなた自身のことぞ。そなたは霊を慰めると申すが、掃除せんとそなたが慰められるぞ。冥福を祈るそなたが冥福を祈られるぞ。そなたは霊に返るだけぞ。今までのそなたは死んではおらん。裸(霊)か、服(肉体)かでずっと生きておるぞ。霊も霊の服ぞ。霊の霊、魂の魂もあるぞ。メグリある肉体、身魂、早う掃除してくれよ。最後はこの世もろとも掃除して仕舞うぞ。人騒がせだと申すそなたが人騒がせでござるぞ。人が邪魔じゃと申すなら、そなたも邪魔でござるのぞ。自分だけ中心主義、卒業ぞ。

DNAは親から子へと形をつなぐ仕組みぞ。親と子が似て居ることを教える型示しぞ。この方とそなたらは親と子でござる。遺伝と申すのは、親と子が似ておることを教える仕組みでござるのぞ。そなたらの親子は、霊の関係ではござらんぞ。肉体が似ておるだけでござるのぞ。親が子にルールを教えるから、子が親に性格が似るのでござるぞ。霊が真似した通りに体が行動するからぞ。霊がルール変えれば、体は別人に見えるぞ。皆皆多重人格でござるのぞ。人格は神格でござるから分けられん。一つの遊びを選んで演じて居るだけでござるぞ。いろいろな霊が代わる代わる憑いて遊べば、体は多重人格に見えるぞ。

肉体を治しても、魂を直さねば、真の死ぞ。魂の障害が肉体の障害ぞ。医師も薬品も限られておる。手術は一日一人ぞ。救急隊も医師も掃除致すのぞ。最後は誰も直してはくれんぞ。肉を治しても霊は直らんぞ。アベコベでござるぞ。霊の修繕が先でござるぞ。霊能者は大きな掃除が必要ぞ。戦争中のことを考えよ。もっと酷き様になるのぞ。全員の魂の病を直せるのはこの方だけぞ。魂の病を直さねば、肉の病は完治いたさんぞ。魂の病を直すのが精一杯の者多いぞ。肉体死んでも魂の掃除続くのぞ。ミロクで健康体になれよ。

                     十日立

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。