スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話1058 横綱と子供の相撲

2014-06-07 Sat : 長谷章宏語録 
『戦争は許せない』と言う。しかし、本当に真コトがわかっている者がやるのなら、それは遊びである。戦争ごっこである。泥棒ごっこをしている子供は、自分がごっこ遊びをしていることを知っている。自分を本当の泥棒だとは思っていない。戦争ごっこをしている子供は、死んだフリをしているだけである。今は「殺した積もり」の遊びであるが、本当の天国では、本当に本物で遊べる。『殺しても死なない』とわかっている世界だからである。

永遠の天国の神が、戦争を作ることもできる。戦うことがタブーならば、今の世界は存在することはできない。「戦い」の意味が違うのである。何のために戦争をするのか、何のために戦うのか、何を目指して戦うのか、である。真コトと魔コトの戦い、ハラとアタマの戦いでは、戦っているアタマの方は、自らの生存を賭けて戦って本気で勝とうとしている。しかし、ハラの方は、アタマがどう足掻いても絶対に勝てないとわかっているから黙って戦わせておく。横綱と子供の相撲である。横綱は、子供とは本気では戦わないのである。

       【実践・日本真道】 長谷章宏著より
                          
  :::::::::::::::::::::::::
自費出版【実践・日本真道】の購入をご希望の方はリンク先〝長谷章宏氏の著書の紹介”をクリックしてください。
問合せ先「都の風」が表示されます。

  参考までに〈「実践・日本真道」P155より抜粋)
本当の宇宙創造神とは一体どんな存在なのか。その答えは、日本にある。日本独自のものとして、宗教学では神社神道と区別されて新興宗教である教派神道として扱われるが、元つ真釣りの立て替え立て直しを知らせる金光、黒住、天理(おふでさき)、大本(大本神論)、日月神示、火水伝文の一連の流れの「神示」がある。これらは、世界をすべて束ねる元つ大神が取次ぎ者を通して時代に合わせて降ろした、神の世界の真実を語った言葉を書き記したものであり、言わば、科学も含めたすべての宗教を統合する教典、西洋風に言えば天地創造神の預言書である。神が語っている形なので、宗教に分類されるが、正確には宗教でも神道でもなく、神話も含めた人類の歴史の裏の裏に封印された、現代社会の本当の姿、本当の天国の正体を明かし、一人一人の生き様を振り返り、本当の世界平和をもたらす術を語る文献である。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。