スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話1178 偽の天国を得るために争っている間に期限の到来が近づいていた

2014-10-05 Sun : 長谷章宏語録 
叶うとは、口と十、0と十、つまりは、すべてを一つにしない限り、実現しないことを意味する言葉である。真釣り戻しをするのが、「情けと花の仕組み」の唯一の目的であり、それをしない限り、目的は果たされず、ピント外れのまま、焦点を外して昇天しても、あなたは真コトの火で焦げ死ぬのである。真釣りは真釣りであり、あなたの生き残る道は、どうあっても真釣りに戻すことしかない。真釣りは生死時空を超えた掟であり、真釣り戻しも生死、時空を超えた行為であるから、あなたには死後の世界はない。あなたにとっては、すべて生の世界であり、あなたが真釣り戻さない限り、あなたは永遠に命を失う。永遠に続く世は、真釣りの神代のみであり、真釣り戻しのみが神人共通の目的だったのである。

魔釣りか、真釣りか、どちらかが実体である。善か悪かの選択は、魔釣りの響きの中の選択である。善=悪である。結局、真釣りに戻すためにすべてがあったのである。あなたが魔釣りの世界で生き延びようとしている間に、情けと花の仕上げに向かってすべてが動いている。間違いに気付いたところで、あなたが今までしてきたことは消せない。気付いたら、それを認めて、キッチリと責任を取ることでしか、今までの過ちは消えない。どんな地獄が待っていようとも、それは、真釣り外した自らが招いた地獄であり、その地獄をすべて引き取ることしか、真釣りのミロクに戻る道はない。あなたが、イシヤの仕組みの快楽を追い求め、偽の天国を得るために争っている間に、真釣り戻しの期限の到来が近づいていたのである。今この場で真釣り戻すか戻さないか。それが、今のあなたの唯一の選択肢である。魔釣りか真釣りか二つに一つ。魔釣りに生きたあなたが真釣りに戻すには地獄が必要であり、魔釣りのままならば、地獄を経て永遠の滅びである。真釣り戻しの地獄を経て生き戻るか、魔釣りの地獄を進めて滅ぶか。同じ地獄でも、結果は天国と滅びであるから、あなたには、迷う理由はない。真コトの命の踏絵を踏んで、ミロクに戻って欲しい。

                           ナムウ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。