スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話1191 あなたがすべきことは口心行である

2014-10-18 Sat : 長谷章宏語録 
あなたには、あなたも含めて、誰かを生かしたり殺したりすることはできない。それができるなら、自分を自由に創ったり壊したりできるはずである。悲しむこともなく、期待が裏切られることもない。それができるのが、真釣りの響きを持った「神」であり、魔釣りに囚われて真釣りの響きを消した、それができなくなったあなたは、元つ天地の神の掟を破っていることになる。つまり、思い通りにいかないのは、自分の真釣り外しのせいであり、悲しみも裏切りも自分が創った現実である。口心行、つまり、すべてを一つにして行動することが、分裂の響きを止め、真釣り戻しを進めるための唯一の術である。思想や立場や評価も含めて、その過程で失うもの、壊れるものは、魔釣りで創ったものである。口心行をして残ったものだけが、真釣りの真コトの響きを持つものである。真コトの形も、真コトの者も、最後には一旦お召し上げ(引き上げ、仮死状態)になって、改めて、ミロクの体に入るのである。結局は、全員が、この世の肉体を離れて、すべてのものがこの世を離れて、つまり、この世は一旦消えて、真コトがあるものだけがミロクの体を持てるのである。ミロクの響きにならない限り、あなたはミロクを体験できず、この世に執着していれば、執着するこの世は消えるから、あなたは、ミロクは永遠に体験できない。それが、時空を超えた本当の死である。真釣りを外した者を真釣りに戻す世界(今の世)は、世の真釣り戻しが完了すれば、なくなる世界なのである。あなたがすべきことは口心行である。

本当は、真釣りの世しかないのである。本当は「神」しかいないのである。幽界(戦いの世、生死ある世、この世)は幻であり、死後の世界も幽界である。生きても死んでも幽界の中である限り、時が至れば、幻として消滅することになる。あなたが元つ真釣りの大神を殺せないならば、あなたは最後の大祓いを逃げることはできない。現代社会のアヤマ知の知恵を使ったどんなやり方でも、それは叶わない。たとえ、神仏の魔術や呪術を使っても、幽界を進めるだけで、ミロクの世どころか、永遠の消滅へと自らを導いていくだけである。

最後の大祓いを超える方法は、真釣り戻しの行のみである。自分が存在したいと望む世界と辻褄が合わないことをやっていれば、あなたは絶対にその世界に存在することはできない。現代社会にあるすべての思想(常識、道徳、思い、宗教)は、すべて真釣り外し(魔釣りの魔コト)の型示しであり、それに固執したり、それを価値判断の基準に使ったりすれば、現代社会が属する幽界という霊界もろとも、あなたは、永遠の滅びを迎える。著者が、何万語、何億語を費やしてこのことを語っても、あなたが本当にすべてを捨てる気がなければ、著者の語る世界(現代社会のカラクリ、言い換えれば、今世の仕組み、天国の創り方、ミロク世への戻り方)をあなたの現実にすることはできない。いつまで疑っても、批判しても、信じなくても、認めなくても著者は一向に構わないが、あなたが本当にミロクに戻りたいならば、天地の理法の違反の清算をするかしか道はない。すべての嘘、幻、マヤカシ、思い込みを捨て去って、現代社会の「見えない網の目」から足を洗うことである。

                            ナムウ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。