スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 498 一人一人の根本を直さなけりゃ社会は直らないんだよ、悪を裁いても悪と共に自滅だよ

2012-11-24 Sat : 長谷章宏語録 
君自身⦿(本当の自分)を殺してた君Ф(偽りの自分)を殺せば君自身⦿が復活するんだよ。死んで生きる仕組みだよ。神さまの内の世界は、すべてのすべてが同じ仕組みなんだよ。Фの君がいくら天国を求めたって、そんなことはできないんだよ。Фの君が天国を求めてアレコレやればやるほど、君の天国も誰かの天国もどんどん遠くなるんだよ。Фの君のままで何を勉強しても、何を信仰しても、⦿は絶対に見えないんだよ。形をどんなに改良しても、本当の天国はないんだよ。長谷先生の本が、読むたびに違うものが見えるってのは、言葉に対する君のイメージがどんどん広がってくってことだよ。新しく「見えた」ものを判断せずどんどん実行して「体験」していくことが大事なことだよ。⦿の君をゼロから作り上げていく苦労が君の三歳苦難(ハルマゲドン)だ。Фの清算の苦しみ(懲役)であり、⦿の産みの苦しみだよ。Фの自分ってのは、神さま⦿から見たら「死者」だよ。

君がФで生きてれば、君も、君の回りも、神さまも、君の使ってる道具も、全部殺すことになるんだよ。資源の無駄遣い、神さまへの冒涜だな。Фの心が、世界丸潰れ(人類滅亡)の原因だよ。Фの自分を捨て(タテカエ)て⦿の自分でやり直す(タテナオす)ことが自分自身が本当に生き返るってことだよ。君が生き返れば(復活すれば)世界も生き返るんだよ。君が生きれば君の回りもすべて生きる、って仕組みさ。君が⦿の自分を殺すのを怖がってると、⦿の自分は絶対に出てこないんだよ。今までの君たちのゲームは◑を◐が殺すゲームだったんだよ。今はもう⦿の神さまが登場してるから、もうФの殺心ゲームは終わりだぜ。Фを使えば使うだけどんどん苦しくなるだけだぞ。君が⦿を生きれば、君の人生はどんどん好転していくんだよな。神さまは⦿しか創ってないから、Фをすると苦しくなっていくだけだし、Фをやめれば自動的に⦿に戻る、って仕組みになってるんだよ。

君が⦿のゲームをしてれば、21世紀は約束されてるんだよ。「ハルマゲドン」も「世紀末」も関係ないんだな。君が⦿してれば、時間の制限はなくなるんだよ。君の外の出来事ってのは君自身のことなんだよ。君が⦿で生きれば、君の回りにも⦿で対応することになるから、君が⦿さえしてれば、君の回りの奴らにも⦿を教えることになるんだよ。君が⦿を渡しても受け取らない奴もいるけど、それはそいつの問題だから、君には関係ないんだよ。相手がどんな反応をするかってことには君が責任を取る必要はないんだよ。Фでダダをこねてる奴に気を使って自分を殺すのはもうやめろよ。自分自身⦿を生かしてやれよな。君がすることは、君自身が⦿で生きることだけでいいんだよ。とっても簡単だろ。

一人一人がФのゲームをやってると、社会全体がそういうゲームになるんだよ。今の社会はお互いの殺し合いの世界だろ。一人一人のやってることがそのまま世界に現われる仕組みなんだよ。一人一人の根本を直さなけりゃ社会は直らないんだよ。今の社会を、世界を良くするんじゃなくて、一人一人が⦿して、一人一人が神さまの世界に戻るんだよ。それが本当の天国を創るノウハウだよ。悪を裁いても悪と共に自滅だよ。Фで持ってるものを全部手放して(ゼロにして/生まれ変わって)⦿の自分を復活すればいいだけだよ。

君の外からФを使ってチョッカイを出してくる奴には「ビシッ」と言ってやればいいんだよ。君が嫌なら「NO」って言ってやれよ。気をつかうのは自分にな。君自身⦿を殺そうとする奴のФ心を殺してやれば、そいつの⦿が復活するんだよ。君Фが死ぬのを怖がってФのチョッカイを引き受ければ、君も相手も最後は死んじゃうんだよ。Фの君が死ねば死ぬだけ⦿の君が生き返るんだよ。君がФしてチョッカイを出せば、相手が⦿してれば君だけが死ぬし、相手もФしてれば「共食い」でお互い討ち死にさ。タテカエとタテナオシは同時進行だよ。君自身のタテカエタテナオシをやって、神さまの世界のタテカエタテナオシに同調すれば、君は21世紀に生き返る、って仕組みなんだよ。君の心にいる「殺神⦿者=Ф(ケモノ/ヘビ)」を殺せば、君自身⦿が復活するってわけだ。「キリストの復活」ってのは、君の⦿の復活ってことだよ。君の心の世界=君の外の世界だよ。宗教の話を自分と別の物と見てたら、君が死ぬだけだよ。自分が自分の世界を救えばいいんだよ。

                           ウナム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。