スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 516 皆さんが見たものは自分の内側の反映

2012-12-12 Wed : 長谷章宏語録 
 今までのような人助けの宗教は自分も人も滅びる道を歩むことになる
 この先、混乱が進むにつれて、たくさんの宗教が出てきますが、皆さんが外側に探していると騙されることになります。教祖様たちは正しいと思ってやっているのですから、悪くありません。一人ひとりが、本当のことに気づくか気づかないかです。皆さんが本当に天国に行きたいならば、今ここで「真理」を知って、自分の内側の掃除をすることです。本当のことを知ったら、人を助けるというものがオカシイことや、人のことなどに構っている場合ではないことが分かるでしょう。外側に求めないことが、騙されないヒケツです。自分が外側を探していて気づかずに最後の最後に気づいてもそれは自分のしたことですから、そうならないように、しっかりと真実の目を開いて、これから始まる「大掃除への準備」をしてください。
 皆さんのすることは、外側のものを分類することでも、これから何が起きるか教えてくれる情報を探すことでもなく、自分自身の内側の大掃除をすることだけです。神様のことを知っても、過去世を知っても、一時の現世利益を得ても、何の意味もありません。皆さんが、今ここで求めるものは、現世利益を得る方法ではなくて、新しい時代に生き返る方法なのです。そして、それは、実は、一人ひとりの内側にあるのです。だから、外側の宗教では何も見つからないのです。この本はそのことを教えるための一つの教材ですが、単に、皆さんの外側に向いている視線を内側に向ける鏡に過ぎません。この本の内容が本当に分かったら、この本はいらなくなるのです。自分が自分を救う教祖様であると知ったら、もう外には何もいらなくなるのです。
 この本は、「自分教とはなんぞや?」「自分教の教祖になるには?」「内側の掃除をスムーズに進める法」等々を語った本でもあるのです。くれぐれも、この本や私を教祖にしないようにしてください。改めてお断りしておきますが、この本は、強制でも何でもありません。外側を見ている皆さん一人ひとりのお掃除の教材を提供しているだけです。神様はどっちの選択でも許していますから、選択の基準は、皆さん自身がどうなりたいかということだけです。自分のしたことが最後の最後に自分に戻ってくるだけです。
 皆さんという魂の今までの歴史は、今ここで皆さんが持っている内側の宗教が創りだしたものなのです。今この瞬間に過去のすべてのカルマを解消する材料があるのです。今ここからお掃除をしていくことで、カルマの解消は自動的に済むのです。カルマを解消する方法や楽になる方法を探しているとますますカルマを積むことになりますから、注意してください。そういうものを教えている方々も、ここで自分のしていることを改めて振り返ってみてください(その上で、そのまま続けたいならば続けても構いませんが、最後の最後でどうなるかは保証はありません)。
 皆さんは今ここですべてを掃除しなければ、次の「永遠の天国である神の世」には生き残れないのです。これは、一人残らず、世界中のすべての人間に言えることです。人が創った神の言うことを聞かなくても祟りはありません。「神を信じなければ祟りがある」などという宗教は、教祖様も含めて、信者すべてが最後の最後に外側の大掃除に巻き込まれてしまいます。本当の神様の言うことを聞かなければ、皆さんが最後の最後に天国に行けないだけのことです。そして、神様は、そういう選択をすることも許しています。
 全体の大掃除は神様がやります。そして、自分の大掃除が済んでいる人間だけを次の世のヒトにします。皆さんには、本当の神様を語ることができません。本当の神様を説明することはできません。本当の神様は、皆さん一人ひとりの内側に語りかけているのです。ここで言っているのは、別に、祟りとか裁きとかいうものがあるのではなく、単に、自分がどうしたいかという問題であるということです。皆さんが、今までのゲームを続けるならば、ただ、皆さんという魂がいなくなるだけのことです。
 「死ぬぞ」「殺すぞ」「家族はどうなってもいいのか」「先祖の祟りが」「悪霊が」云々という「脅し」を使ったコントロールに引っ掛かったら、皆さん自身がアウトになるだけのことです。そして、そういうことを言っている教祖様方は、騙すつもりはなくても、自分自身もアウトになるということを知っておいてください。実は、これを許しているのは、神様の最後の大掃除への舞台作りであり、「神様の仕組んだワナ」なのです。でも、そのワナに引っ掛からない方法もちゃんと示してくれているのですから、皆さんの掃除ができていれば引っ掛からないのですから、引っ掛かったら皆さん自身のせいだということになりますから、悪しからず。

 皆さんが恐れているから見えるだけなのです。恐れているということは見たいといっているのと同じなのです。神様は、皆さんが見たいものは何でも見せてくれますから、そのことをよく覚えておいてください。皆さんが見たものは自分の内側の反映なのです。内側を見るために外側に創りだしてくれたのです。自分の姿を見て怖がっているようなものなのです。皆さんの内側の掃除をしなければ、いつまでも見えつづけることになります。内側にあるものが外側にあるのです。外側にあるものは内側にあるものです。この道理をよく心得ておくことが掃除を進める際のポイントになります。
                           章

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。