スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 521 アベコベのやり方をずっと続け、親から子へ、教師から生徒へ、代々伝え続けていた

2012-12-17 Mon : 長谷章宏語録 
 今までのやり方と、神様のやり方と、どちらを選ぶかは皆さんの自由です。神様は両方とも許しています。だからこそ、今までのゲームで混乱を創りだすことも許していたのです。本来、神の世界は、調和、喜びの世界なのです。そして、ここで提供されている方法は、その「神の世界」を創りだすための方法であり、実は、今までも、神様は、手を替え品を替え、その方法があることを皆さんに教えてくれていたのです。
 でも、今まで有史いらいずっと、三千年の間、皆さんが、それに気づかないで、アベコベのやり方をずっと続け、そうとも知らずに、親から子へ、教師から生徒へ、大人から子供へと、代々伝え続けていたというわけです。
今、皆さんの目の前にあるものは、ほとんどすべてが、まったくアベコベのやり方で創りだした、本来の神様の意向とは全くアベコベの作品なのです。そのやり方を続けるかぎり、どんどんアベコベの方向(混乱、地獄)へ加速して、アベコベの形をどんどん創りだし、訳が分からなくなっていくだけなのです。皆さんが「進歩」に見えているものは、すべて幻想であって、実際は、すべて「破壊」に向かっているということです。

 皆さんの回りのものがすべてなくなったら、皆さんはどうしますか? 皆さんは、最後の最後、自分の肉体を横たえることができますか? 皆さんが今、生きるのに必要だと思っているものはすべて無くなります。栄養の知識も、医学の知識も、健康法も、何も役に立たなくなります。最後の最後には、助かろうとすれば助からない状況になります。
 これは、すべて、これから実際に起きていくことです。なぜなら、皆さんは、皆さんの回りのものをすべて取り上げないと、自分がしていること(アベコベの宗教を信じていること)に気づかないところまできているからです。
 神様は、今まで、皆さんたち人間が、神のルールに反して、どんなに不調和、不都合、混乱を創りだそうとも、それを形にすることを許して、皆さんが気づくまで待ってくれていたのです。そして、すべてを本来の形に戻すための神様のプログラムの最終段階に入ったので、すべての情報を皆さんに分かるように提供してくれているということです。
 実は、神様は、今この時期に天国を創ることを、最初から決めていたのです。皆さんが始めの始めのまま、そのまま素直にいけば嬉し楽しの幕のあがりだったのです。ところが、皆さんが逆の方向へ走ったので、大掃除をする必要がでてきたというわけです。

 これから起きることは、すべて、誰のせいでもない、皆さん自身が創りだしたことなのです。神様のせいでも、先生や親や社会のせいでもありません。皆さん一人ひとりが教わったことを鵜呑みにしてきたせいです。神様は真実も教えていたのですから。起きることは否定的に見えますが、本来は、皆さんが神様に素直にやっていればやらなくてもよい大掃除だったということを知っておいてください。
 皆さんが、不満を言ったり、何かを責めたりするその態度そのものが、そういうことを言う結果になるような体験を創りだしてきたのです。すべて自分のせいです。そのところを自覚をもって、これからのお掃除に望んでください。
 本来ならば、三千年もの間、ずっと自分勝手なことをして、気づかせようとしていた親の言うことを聞かないような反抗的な子供はほっといてもいいのですが(皆さんは同じことを子供にやっているのでは?)、最後の最後の最後の親心で、一人でも多くの子供が天国に行けるようにと最後の大サービスをしてくれているのです。
 今回、今ここで、最後の最後、最初で最後の大掃除の前に、最後の手段として、今まで、いろいろなものを使って気づかせようとしても分からない、「身欲」「保身」「現世利益」「自分だけ勝手(我善し)」にとらわれた、自分だけ勝手な人間たちが、目で見て、そして、アタマでも分かるように、このように、人間の体験を通した言葉を使ってハッキリと、「目を覚ますための」材料を提供してくれたわけです。そして、なんと、おまけに今回は、出血大サービスとして、形で見ても分かるようにと、私というサンプルまで用意してくれているのです。
 私は渡しであり、皆さんへ「神様の真意を渡す」役なのです。これも、最後の大掃除へ向けてのプログラムであり、肩を叩いて気づかせるプロセスから、すべてハッキリと見せて教えて、今までの方法と、本来の方法とを比較させて、自分のことを自分で決めさせる、神成る修行の最終ステージのプロセスへと転換させる時期になったというわけです。

 このあたりのことについては神様が詳しく語ってくれていますので、そちらをじっくりとご覧ください。皆さんが本当のことを知ったとき、自分たちが何をしてきたのかに気づいたとき、愕然とすることになるでしょう。
 皆さんが、この教材をどう使うかは自由です。使わなければホコリ、ゴミが溜まったままで神の部屋(天国)は見えません。永遠に体験できません。そのまま崩壊、滅びへの道をたどります。ここで改心(改神)して、素直に使えば天国が待っています。皆が天国になる、本当の平和、幸福が形になるすばらしい世界です。
 ここで、皆さんがどういう選択をするかで、今後がすべて決まるのです。ここで改めて確認しておきますが、これは、初めて明かされるものですから、本当かどうかの議論をしても始まりません。その議論をすること自体が、今までのやり方ですから、その結果が何をもたらすか、よく考えてみてください。そのトリックに気づいて、それをやめることこそが皆さんの大掃除なのです。
 これは、理想でも空想でもない、本当の話です。すべて本当に起きる話です。私はすべて体験して、すべて実験して、すべて取材して、すべて確認してあります。少なくとも、私という人間には使えたやり方であるというわけです。
 私は、今までのアベコベのやり方の中で「いい子」を演じていた人間ですから、何も、特別な人間ではありません。そして、皆さんはすべて神様が産んだ身魂であり、神の子なのです。神のやり方は、皆さんの人生を創りだすメカニズムそのものなのです。ここに提供しているものは、すべての人間に使えるやり方であるということです。

 まずは、皆さん一人ひとりの内側から始めることが必要です。皆さんの内側が天国でなければ、始めからやり直しても、地獄ができてしまいます。やり方が同じならば同じ結果になってしまいます。神様は、今回は、天国になった魂しか残さないと言っています。この次の世界は、天国を創るのですから当然のことです。
今までの「地獄」は、皆さんの今までの「宗教」が創りだした結果です。皆さんの「宗教」を、綺麗サッパリ交換することを神様が要求しているのは当然のことです。「宗教」が天国でなければ再び同じことが繰り返されます。形は、想念の結果ですから。
 皆さんが見ている形というのは、皆さんの想念を神様が聞いて、形にするのを手伝ってくれて、形として現れているものです。今までは「混乱」「地獄」「自分勝手」な形も許して創りだして、それを通じて、気づくのを待ってくれていたのです。
 その神様が、今ここで「天国の想念以外は許さない」と言ったら、皆さんは、今までのやり方は通用しなくなります。すべては神様の中にありますから。

 これからは、神様は「神のルールに反するもの(混乱を創るもの)は一切認めない」というルールに切替えたそうです。これに反するものは、よりいっそう厳しいお知らせをもって気づかせることになります。ここにこうやって言葉でお知らせしているのは、その警告の一つでもあります。
 皆さんが「ルール違反は認めない」と人に言って、反した人を罰しているのと同じです。皆さんは、法律に違反すればどうなるか分かりますね。ただ、神は裁くのではありません。皆さんがルール通りにやらない時は、自分のしたことが自分に返ってくるように仕組みを創っただけです。ルール通りにやっていれば喜び、やすらぎだけなのです。ですから、「苦しみ」という形でルール違反をお知らせしているというわけです。「苦しみ」をつかうのは、相反するものを見せないと気づかないからです。「苦しみ」は自分のしたことの結果です。それを神や人のせいにしたらどうなるかわかりますね。皆さんはそれを平気で続けていて、どんどん苦しい状況を創りだしてきたということです。

                          章

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。