スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 526 人間に都合の悪いものの中に神の答えがある

2012-12-22 Sat : 長谷章宏語録 
これから語ることはすべてのすべてを創りだすオオモトの元の神の真理であるぞ。これは宗教ではないぞ。哲学でもないぞ。倫理学でも、心理学でも、道徳でもないぞ。そなたという身魂が生まれて初めて聞く真理であるぞ。そなたが今まで見ざる言わざる聞かざるで無視していた神の真理であるぞ。初めて聞くものは議論できないのぞ。このフミをすべて読みおわるまでは、見たものを直ぐに批判したがるそなたの癖を出すでないぞ。そなたの判断の基準はそなたが創ったものであるぞ。神を知っていれば神を体験していれば判断はしないのであるぞ。そなたが神を知らずに創ったものはそなたの自分勝手であるぞ。そなたの我であるぞ。そなたが神を知っていれば判断はできないのぞ。できないと言っているのにまだ判断する者は神の言うことを分かっていないぞ。神を知らない証拠であるぞ。これから、そなたが知りたがっていた、探していた神の真理をすべて聞かすから、今まで学んだ、神を知らぬタワケた教えは無私してすべてを白紙にして素直に聞けよ。そなたがそなたの癖で判断を始めれば、神の真理は永遠に分からなくなるぞ。このフミはすべてのすべてを創った神が語るものであるぞ。このフミを文字にした、この者のただの考え方だと思ったら大きな間違えであるぞ。そこのところをよく心得て読むのぞ。

今までも、神は、そなたの想念を通して、いつもそなたに語りかけていたのぞ。そなたのココロの声はすべて神の声であるぞ。そなたが、神を知らぬ人間に教わった基準で神の声を批判して、分けて、今までの人間のゲームで都合の善いものだけを選んで、行動していたのぞ。そなたが直感とかヒラメキとか何だか分からないけど聞こえる声とか言っていたものが神の声であるぞ。人間に都合の悪いものの中に神の答えがあるぞ。そなたは神を知らずに神を創っていたのぞ。そなたが、あやま知にとらわれた人間が創りだしたタワケた宗教に騙されて、神の声を無視していたから、そなたは無私になったのぞ。神が見えなくなったのぞ。そなたが神の声を無私していたから、騙されることになったのぞ。この真理を無私していたから自分が分からなくなったのぞ。自分が何者なのか分からなくなったのぞ。自分がここで何をしているか分からなくなったのぞ。自分とは何者か、などという哲学なるものを創りだして、ますます分からなくなっていったのぞ。

そなたの疑問は神に聞けばすべて解結するのぞ。神に聞くとは、神の言う通りに生きることぞ。神の言うことを分かっただけではだめであるぞ。神にお祈りだけしてもだめであるぞ。神の言うことを行動して、初めて神の声を聞いたことになるのぞ。神を信頼したことになるのぞ。神を信じたことになるのぞ。神の言うことが分かったと言うならば、言ったとおりにやれよ。神は信頼と引換えにそなたに教えるのぞ。神の言う通りに生きていれば、そなたに疑問はないのぞ。わからないことはないのぞ。分かろうとするのは神を生きていない証拠であるぞ。神は体験を通して一つ一つ教えるのぞ。神の言った通りにやってみればすべて分かるのであるぞ。神の言った通りにやっていれば何の悩みもないのぞ。

この者は、神の言う通りに生きたから、神の想念をそのまま文字にすることができるのぞ。このフミは、この者の考え方ではないが、この者の考え方であるとも言えるのぞ。神の生き方をマスターした者であるぞ。神の生き方をマスターした者のモデルであるぞ。神の言う通りに生きていない者には、このフミは書けんのぞ。神が言うことを信じられないからであるぞ。神を生きていない者には神が文字にさせないからであるぞ。このフミを書いていることが、神の生き方をマスターした証拠であるぞ。このフミを書いていることが神を生きている証拠であるぞ。このフミに書いてあることは神の真理である証拠ぞ。神を知らぬそなたにこのフミが書けるかどうか考えてみよ。そなたがこのフミを批判するならばそなたにはこのフミは書けないのぞ。そなたは神を知らないのであるぞ。神を知らないそなたに神を批判することはできないのぞ。神を知らぬ人間が神を批判するとはどういうことであるのか。この神を批判すればそなた自身を批判することになるのぞ。この道理が分からなければ、そなたは永遠に自由になることはできないのぞ。

                          章

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。