スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 545 すべてのすべてが逆さまであり、ウソが支配するのが現代社会である

2013-01-10 Thu : 長谷章宏語録 
現代社会に咲く花は、咲いては散る仇花である。土、肥やし、種、水、花、実、種の循環は、自然の理、世の仕組みの真コトを教える型示し。なぜ種が育って実に成るのか。園芸や生け花に興じていても、真コトの意味は分からない。ウソですっかり曇って、有る物を材料にして形を作り、形を替え、ウソの天国を建設しようとした人類の歴史は、時が至れば、すべてが灰になる、とんでもない世界なのである。逆さまのウソの真実に騙されて、世を挙げて、本当の真実を空想の世界に押し込めてしまった現代社会に生きる人間たち。その本当のルーツは、ウソのアヤマ知で曇りに雲って見えなくなってしまった、かつて生きていた本当の天国である。本当の天国は未来に存在する世界などではなく、遥か昔に住んでいた世界なのである。いつまでも、死ぬのを怖がって睨み合い、大人のフリをしてイキガっていても、自らの命を縮めるだけである。大人気取りをやめて、天真爛漫な子供に帰って生きることである。本当の天国は、実現するもしないもあなた次第である。元いた世界にあなたが帰るだけである。今のあなたが信じようと信じまいと、事実は事実である。あなたがそれを認めるか認めないかである。あなたの選択次第で、あなたの現実が決まる。

本当の天国にはどこにも戦いはない。生き残ろうと考える必要もない。空気は吸っても吸ってもなくならず、海は汲んでも汲んでも干上がらないように、すべてのすべてが有り余る世界である。奪う必要などどこにもない、永遠無限絶対の創造の力の産み出す天恵の溢れる、世界中どこでも自由自在に暮らせる、争いなどどこにもない光輝く天国。その天国を作れる者だけが社会を構成する、信じられない理想郷のような世界。それは現実に実在する。あなたは始めに生まれた時そこにいた。そこにあなたが帰るだけである。自らが封印した真コトを取り戻した時、あなたはその故郷に帰ることができる。その天国の実現を僅かでも疑った時、あなたは幻の天国の中で命を終えることになる。天国か滅びか、永遠の命か、今生限りの命か、二つに一つの分かれ道にあなたは立っている。本当の天国とは、永遠無限の天恵が世界に溢れる、本当に本当の桃源郷なのである。『そんな世界はありえない、マヤカシだ』と言うならば、その台詞は今の世界の話であり、本当の天国をありえないマヤカシに思い込ませているウソのアヤマ知を綺麗サッパリ祓うことが、本当の天国を実現する唯一の術である。すべてのすべてが逆さまであり、ウソが支配するのが現代社会である。そこで生き残ろうとすれば、あなたは永遠に生き返ることはできない。本当の天国は死んで生きる世界である。本当の天国が実現するかどうかは、あなた次第で決まる。

                【実践・日本真道】 長谷章宏著より
                          
  :::::::::::::::::::::::::

【実践・日本真道】の購入をご希望の方はリンク先〝長谷章宏氏の著書の紹介”をクリックしてください。
問合せ先の「都の風」が表示されます。

  (参考までに「実践・日本真道」より追加抜粋)
 元つ大神から、昭和19年に、岡本天明氏を通して、「日月(ひふみ)神示」が降ろされている。これは、黒住、金光、天理、大本と、近現代日本を通じて、元つ大神が、時代に合わせて世界の親であるヒノモトに向けて降ろした、真コトの神仕組みと世の立て替え立て直しを予告する一連の神示の流れの預言である。平成4年には「火水伝文」が、現代の日本人に分かる文章で降ろされている。著者のこの本は、その集大成であることをお伝えしておく。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。