スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 559 そなた次第でゴミにも宝にもなるぞ

2013-01-24 Thu : 長谷章宏語録 
そなたが体験していることはそなたがしたことであるぞ。文句や愚痴を言っているならばますます不調和ばらまいているのであるぞ。自分のしたことの責任をとっていないのであるぞ。ますます「苦」や「問題」や「怪我」や「病気」や「事故」を体験することになるぞ。責任追及や裁判をやっている者は早く気づけよ。そなたにメグリ、真釣り外し、不調和ばらまくことがなければ「損」も「被害」もないのであるぞ。そなたが受け取っているものはそなたのメグリに応じて、そなたが耐えられるだけの分量をこの方が与えたものであるぞ。そなたの加害者はそなたであるぞ。「偶然」などというものはないのであるぞ。自分のものもないのぞ。この方のものであるからこの方が自由につかえるのであるぞ。最後には一度に与えるのであるぞ。「原始時代」の民はこの方と共にいたのであるぞ。病気も事故もないから医師も裁判もいらないのであるぞ。自らしたことだと知っているからこの方と共に直していたのであるぞ。「苦」も「病気」も「事故」もお互いのメグリ合いであるぞ。すべてこの方が与えたものであるぞ。

この方の言うことを聞くことだけが「調和」を創りだすやり方であるぞ。不調和はメグリ積むだけであるぞ。メグリあれば平和も自由も天国もないぞ。遊べないぞ。メグリを掃除しなければ、自分のしたことを自分で自覚しなければ、そなたは新しい世界も死後の天国もないのであるぞ。今ここの天国もないのぞ。善いことをしてもだめであるぞ。世紀末のことや神のことを知っても何もならないのであるぞ。そなたがすることは「あやま知」の掃除だけであるぞ。文句言わないことであるぞ。愚痴を言わないことであるぞ。人を責めないことであるぞ。口だけの感謝はだめであるぞ。感謝しているならば、自分の責任をとっているならば、文句も愚痴も言えないのであるぞ。わかったら態度で示すことぞ。行動することぞ。この方の言うことを行動することであるぞ。そうすればこの方はそなたの掃除を手伝うぞ。きついならきついなりに一番はやく一番楽に掃除できるような材料を与えるぞ。掃除終わればオカゲをやるぞ。最後のプログラムはこの方が創ったのであるぞ。こうやってこの者を使ってすべての種明かしをしているのだから素直に改心結構ぞ。

どっちがよいか、どっちが得かのゲームは問題を創るだけであるぞ。物事を二つに分け続けるだけであるぞ。ねずみ講であるぞ。どんどんワケが分からなくなっていくだけであるぞ。そなたらは分けに分けてそなたとこの方の関係まで見えなくなってしまったのであるぞ。宗教とか哲学とか言って学問や他力本願の対象にしてしまったのであるぞ。この方を忘れてしまって、自分が何をしているかわからなくなってしまったから「問題の山」を前にして途方に暮れてしまっているのであるぞ。そなたらは自分で問題を創って自分で悩んでいるのであるぞ。これ以上「あやま知」に占領されたアタマを使って外側の情報を創りだしては神の世界がますます見えなくなるだけであるぞ。ますます混乱が進むだけであるぞ。ますます思惑とは反対の方向に行くだけであるぞ。平和も平等も自由も安全も全部遠くなっていくぞ。分けがわからなくなるだけであるぞ。何とかしようとするほど何とかならなくなるのであるぞ。人間にはもう何も解結できないのであるぞ。今ある問題は、神の世界を創る大掃除の序曲であると同時に、そなたらの魂のお掃除をするための材料であるぞ。神の視点になる訓練をする教室であるぞ。そなた次第でゴミにも宝にもなるぞ。

そなたがすることは今までのあやま知をきれいさっぱり捨て去って、調和を創る神の仕組みを生きることであるぞ。生きる基準を変えることであるぞ。そなたの魂のお掃除を始めれば今起きていることが見えてくるのぞ。今起きていることがそなたとは関係なくなるのぞ。そなたが見方を変えなければどんどん怖いことになっていくのぞ。そなたが今までのゲームを続ければ続けるほどそなたが危なくなるのぞ。そなたとそなたの回りとは関係ないのぞ。そなたが掃除済めば、何が起きようが気にしないで遊べるのであるぞ。そなたがメグリ持っている分だけ遊べないのであるぞ。「遊べない」「できない」と言っているからずっとできないのであるぞ。そなたは物質を使って遊ぶ魂であるぞ。今世はメグリなければ嬉し楽しの遊び場であるぞ。

外を探していても何も答えはないぞ。二十一世紀というのは全く別の世界になるのぞ。魂の世界と物質の世界が半分ずつの世界になるのであるぞ。今のそなたが想像しても分からないのであるぞ。想像するよりも掃除をすることぞ。掃除をすれば見えてくるのぞ。どうなるか、何が起きるか、どうすれば助かるか、をやっていると助からんぞ。何もわからんぞ。肉体を守っても魂がなければ何もないのぞ。肉体の死を恐れていると魂が死ぬのぞ。神の世界の規則通りに生きればそなたに死はないのぞ。肉体の死はあってもそなたに死はないのぞ。そなたは物質ではないぞ。そなたは魂であって肉体であるぞ。そなたが守っているものは今までの遊び場で与えられた遊び道具であるぞ。今までの遊び道具を握っていると新しい遊び道具を渡すことができないのぞ。新しい道具がほしいならば今までの道具を放すことであるぞ。新しい世界は今の肉体では遊べないのであるぞ。一度肉体を脱いで新しい肉体(服)を着る必要があるのぞ。そなたという魂が新しい世に合った行動をしていないと新しい服は着られないのであるぞ。

今までの知識が今までの物質の世がこのままずっと続くと思うなよ。今までの「当たり前」や「常識」が続くと思うでないぞ。いつまでも「我よし」や「保身」や「損得勝ち負け」ゲームや「私はどうなるのでしょう」ゲームや「利害関係調整」ゲームをやっていると残念が出るぞ。もう後がないのぞ。この方は、新しい世を創る時が迫っているから、すべてのすべてのカラクリを公開して、後悔しないように準備をさせようとしているのであるぞ。

                           章

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。