スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 564 人間たちに好き勝手なことを黙ってやらせてるのは「大きな計画」があってのこと

2013-01-29 Tue : 長谷章宏語録 
神さまが、本当の感謝のカの字の中のノも無しで、何も知らずに神さまの掟に反してる人間たちに、好き勝手なことを黙ってやらせてるのは「大きな計画」があってのことなんだぜ。神さまが黙ってるからって、いつまでも君たちの思い通りにできると思ってたら大魔違いだぜ。いよいよの時になって吠えヅラかいたってもう遅いんだぞ。こうして長谷先生を通して「手紙」で教えてもらってるうちに「幻の天国」から覚めておかなきゃ大変なことになるぞ。神さまが本当に全力を出したら君たち人間は何もできなくなるんだぞ。

神さまにとっちゃ、肉体上の生死なんて関係ないんだよ。君たちは物質っていう道具を使ってイメージを創って、そのイメージを操作して物語を創ってるだけなんだよ。君たちは形を見てるようで、実際に見てるのは心の世界なんだよ。本当は、形の世界じゃなくて、見えない世界を言葉っていう道具を使って表現してるだけなんだよ。そのイメージ上の生死を語ってるだけであって、生死を想像してる君自身は生き続けてるんだな。君たちがやってるのは、見えない世界を肉体を通して交換し合うお芝居なんだよ。神さまから見たら、物質の世界で展開するただのドラマに過ぎないんだよ。君たちから見た「死んだ人間」ってのは、魂に戻って神さまのところへ帰ってるだけだからね。ただし、今までの死後の世界は、「幽界」っていう、掃除が済んでない魂が帰る「霊界」だったんだけどね。

神さまから見たら、人間の世界(「現界」)も「幽界」も同じドラマだってことだよ。君の動きは神さまには全部筒抜けなんだよ。君の心の動きも肉体を着て生まれ変わる前の魂の行動もだ。つまり、現界の行動も幽界の行動も、今世も前世もそのまた前世も、今まで君がやってきたことの調べは全てついてるってわけだ。人間同士じゃ隠せることがあっても、神さまには何も隠せないんだよ。秘密隠匿合戦やスパイ合戦は人間同士の遊びであって、神さまは、君っていう魂が生まれてから今までのすべての転生でやってたことを一つの漏れもなく記録してるっていうわけさ。これを「えんま帳」と申すなり、ってね。

神さまは、君が、ミロクが開く(21世紀になる)までにルール違反を清算して、神さまの世界(「神界)」に帰れるように、「えんま帳」の記録に従って教材を渡してくれてたってわけだよ。神さまは君がどんなにルール違反してようとも、君が天国に戻れるように、ご苦労してくれんだぜ。有り難いことじゃないか。君が神さまのルールに従って神さまが渡してくれた教材をこなしていかなきゃ最期は本当のイノチがないんだぜ。法律違反をした奴を自分の都合で片っ端から逮捕して死刑にする人間とはワケが違うんだぜ。

「閻魔大王の裁き」なんてどこを探してもないんだよ。「裁かれてる」なんて思考をしてるから「閻魔大王」なんて創り出しちゃったんだよ。君が神さまの掟に反している分だけ苦しい状況になってるだけのことさ。君が今までのすべての転生で仕出かしたことを全部いっぺんに清算するのはきついから、神さまは一つ一つ清算する機会を渡してくれてたってわけだ。そんなことは露も知らず、君たちは、こともあろうに、その状況を逆恨みして、責任転嫁を繰り返して、どんどん「罪」を積んで重くなっちゃったんだよ。本当は「罪」なんてものはないんだけどね。君が勝手に違反を重ね続けちゃったってことさ。

                            ウナム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。