スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 567 そなたらが汚した聖地ヒノモトの大掃除はこの方がするから心配いらんぞ

2013-02-01 Fri : 長谷章宏語録 
ココロの時代というのは想念が肉体になる時代のことぞ。神の代のことぞ。誰も嘘がつけんようになるぞ。悪がいられんようになるのぞ。個性化の時代というのは個別の専用シナリオの通りに動くことであるぞ。この方の教え方は予約なしぞ。その場その場で必要なだけ与えて、必要なだけ教えるのぞ。できない状況というのもこの方が与えたものであるぞ。肉体の視点で見ていると大大どんでん返しをくらうぞ。ミロクの世界はすべてが変わるのであるぞ。半霊半物の世界であるぞ。土地も変わるぞ。物質変わるぞ。毒関係ないぞ。原爆関係ないぞ。エイズ関係ないぞ。そなたのすることは掃除することだけぞ。掃除ないと、毒も原爆もエイズも地震も火事もすべて怖いぞ。最も危険なのはこの方から離れることであるぞ。この方と対話できるようにならないとそなたの怖いことが全部出てくるぞ。そなたらが汚した聖地ヒノモトの大掃除はこの方がするから心配いらんぞ。全部壊して整地するぞ。大掃除するのぞ。地名も道路も学問も名前も山も川も海も鉄道も学校も建物もすべて変わるのぞ。あと少しぞ。ありえないことが起きるぞ。今何を学べばよいか、何をすればよいか、このフミ読んで考えよ。最初で最後の本当の勉強の開始であるぞ。

そなたが受け取っているものはそなたが与えているものであるぞ。そなたが与えているものをそなたは受け取っているのであるぞ。そなたが感じることはそなたがしたことの結果であるぞ。人の感じていることであるぞ。そなたが不快ならば人も不快なのであるぞ。そなたが不快を感じているならばそなたがそれを外にまき散らしているのぞ。そなたが感じている結果を人のせいにしているならばそなたにはずっと天国はないぞ。そなたの体験したことで人を責めるのも人のお陰だと思うのも同じことであるぞ。そなたが何もしないでそれが来ることはないのであるぞ。そなたがしてきたことがそのまま返っているのであるぞ。そなたがもうけたと思うときは相手は損をしているのであるぞ。相手が喜んでそなたも喜んでいればそれは善いのであるぞ。もらうというのは交換している証拠であるぞ。一方的というのはないぞ。そなたが損しても得しても、すべてそなたが何かを提供した結果であるぞ。それが何かは考えなくて善いのぞ。五〇対五〇の交換であるぞ。コントロールや脅しで受け取ったモノはそなたにメグリを創るのであるぞ。自分で自分のメグリを創ってどうするのぞ。そなたがモノで得したと思っているときは身魂で損をしているのであるぞ。みずからメグリを創ってますます天国を遠ざけているのであるぞ。文句を言える筋合いではないのであるぞ。文句を言うとますます遠ざかるぞ。

人のものを取ることは悪いことだからやってはいけないのではないぞ。そなたがメグリを創りたければやればよいことであるぞ。人の持っているモノを交換なしで取ったならばそなたは楽に欲しいものを得る状況をどんどん遠ざけているのであるぞ。創っただけのメグリを清算しなければならないからであるぞ。そなたは自分で自分の首をしめているのであるぞ。取られた者は文句を言わなければ取られただけの価値が分かるぞ。取られてメグリを取っているのであるぞ。文句を言えばメグリはそのままであるぞ。取られたらお陰が早くなるぞ。メグリなければ天国ぞ。すべてがアベコベであるぞ。正直者はバカを見ないのであるぞ。形で損すると身魂で得なのであるぞ。損して得なのであるから損も得もないのであるぞ。得しようとして損するならば損しているぞ。形を創ることではなく、そなたの態度が問題なのであるぞ。そなたがモノの世界で形として体験した結果を素直に受け入れればよいことぞ。そなたが調和を提供すれば調和が返ってくるのであるぞ。そなたが不調和提供すれば不調和が返ってくるのであるぞ。
                          章

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。