スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 570 この世を進めてきた陰の黒幕ですらも自らのアヤマ知に気づいていない

2013-02-04 Mon : 長谷章宏語録 
あなたは、或る時、欲望をそそられるリンクページを開いてしまった。それは、『このリンクを開ければあなたは神になれる』という、イヴを騙した蛇の台詞の如き誘い文句が書かれた、永遠の不老不死の天国と瓜二つの動画が掲載されたリンクページだった。真釣りを外し、本当の神を忘れ、真釣りのミロクを忘れ、そのボタンをクリックしてしまったあなたは、欲望のままに次々とページを辿り続けた末に、気づいた時には、取り返しがつかない世界に入り込んでしまっていたのである。どうすれば抜けられるか分からずに右往左往し、快楽に負けて、今も、魔釣りのリンクを辿り続けている。魔釣りのリンクをクリックし続ければ、最後には滅びの世界に至り、魔釣りのウインドウを閉じていけば(真釣りのリンクに戻れば)一番最初の元の天国に帰れる。気づいたならば、今すぐ魔釣りのリンクを辿ることを止めなければ、魔釣りが魔釣りを呼び込んで、完全なる滅びの現実を体験するハメになる。今ここで、あなたの本当の姿、本当の故郷を思い出し、目を覚ますことである。

魔釣りのHPには、あなたが目を覚ませば見える、真釣りに戻るリンクボタンがある。ただし、今の世界はすべてが逆さまであるから、あなたが魔釣りに魅せられた状態では、それは悪魔の囁きのリンクに見えてしまう。しかし、今ここで勇気をもって、そのボタンをクリックし、魔釣りのリンクを閉じて真釣りに戻れば、真釣りが真釣りを助けてくれて、神力が神力を、神徳が神徳を呼んで、元の真釣りの世界に戻ることができる。本当は、真釣りだけだからである。この本は、魔釣りという詐欺HPの存在を伝える警告書でもある。

魔コトと真コトの勧誘合戦。魔コトのアメは心地よい。真コトのアメは苦い。魔コトで手にしたものは、魔法が解けたら灰になる幻の宝物である。今、幻に見えるものは、魔法が解けたら形を現す宝である。どちらの宝を選ぶのか。今見えているものに惑わされれば、あなたは自らの永遠の命を灰にすることになる。今ここで間違いに気づいたなら、それを認め、観念して素直に縛につかなければ、自らが自らを滅ぼすことになるだけである。『自分には覚えが無い』『自分には何の罪も無い』と言うとしても、不都合、苦があるならば、それが、違反した事実があることの証明である。これを認めないならば、あなたは、ウソの誤魔化しの偽善の世界で、善人を演じたまま、何も知らずに、滅びの道を駆け下りることになる。最期に気づいても後のまつりである。真釣りに苦はないから、あなたが真釣りに戻した時に現われる苦の響きはあなたの魔釣りの清算である。清算する事態を招いたのは、真釣りを外した自らであり、その苦は自らの創った苦である。文句を言うところはどこにもない。あなたがそれを辛抱することであなたは魔釣りから離れ、真釣りに戻ることができる。生かされていることはわかっても、苦があるのが当たり前だと思っていれば、あなたは真釣りを外すことになる。真釣りを外した分だけ苦が増えるから、自分で自分の掃除の手間と苦労を増やしていくだけである。いい加減な態度は、自分の身を滅ぼす。真釣りが神の掟であり、破れば滅びが待っている。自分で自分の首を取る結末がやってくる。

人類の歴史は、この取り違いをした者の集団が進めてきたマヤカシの空想劇である。個人から、家族、国、国際社会、あの世に至るまで、すべてが、同じ仕組みで世界を進めてきた。世を挙げて、全くアベコベの世界を代々伝え、受け継ぎ、いつか天国ができると思い込んでここまで進めてきたのである。しかし、実際は、問題が複雑になり、争いが激しくなり、持つ者と持たざる者の格差が開き、命の危険が増大し、環境が悪化し、生形態が壊れ、自然災害が頻発し、不自由、不平等が拡大し、競争が激化し、あらゆる安全神話が崩壊し、心の荒廃が進み、先行きの不透明さが顕著になっている。目指す世界と現実は、大きくかけ離れている。天国ができるどころか地獄を進めているのである。今に至っても、『現在の状況は新しい時代への過渡期である』と言い張って、かすかな希望を拠り所にして、儚い夢を追い続けている。この世を進めてきた陰の黒幕自身ですらも、自らのアヤマ知に気づいていない。世界を操るドンが、自らがどんな世界を創っているのか知らないとすれば、世界の滅亡は必至である。しかし、あなたが真釣りを思い出し、真釣りに戻れば、あなたにだけは滅びはない。どんな理屈を持ち出そうとも、真実を誤魔化すことはできない。

               【実践・日本真道】 長谷章宏著より
                          
  :::::::::::::::::::::::::
自費出版【実践・日本真道】の購入をご希望の方はリンク先〝長谷章宏氏の著書の紹介”をクリックしてください。
問合せ先「都の風」が表示されます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。