スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 573 一つおきに組替えると、オわダまサこ、かワしマきコ

2013-02-07 Thu : 長谷章宏語録 
表の○一二三四五六七八九十+裏の十九八七六五四三二一○=55+55=110=11の0=2=ニ=心=表裏足すと十十十十十十十十十十十=百十=元、11の十(神)、土の神、110番は警察。表裏22数字=富士、2+2=4、表四+裏四=八、岩戸=一八十、明仁=平成=一八十鳴る、徳仁=ナルヒト=成る人=成人、今上天皇から聖俗(神+獣)婚姻(混血、混霊)、開かれた皇室=神と人の平等、オワダマサコ(魔釣りの世界政府の国連大使の子=皇太子妃)、かわしまきこ(自由平等博愛のフランス文学者の子)、一つおきに組替えると、オわダまサこ、かワしマきコ、皇室典範は天皇=男子のみ、現皇室の祖は天照皇大神、ヒノモトは火、支え、男の働き、平成天皇の孫はすべて女児、皇太子の子は「敬」宮「愛」子、愛とアイ、英国は女王、王、皇=白の王=九九(百-1)路(=心)の王=心王、法皇(卍)法王(十)、教皇。鳴戸=七十=渦産み、海:陸=7:3、○九十(真コト)は八方世界の外にある。一から十まで統べる者を一十=ヒトと言う。十=神、銃、獣、従。九九、救急、九九路、心、99+1=百はすべて=神への道。10+五+40、親指+掌(包み込む=神)+人指し・中・薬・小指=手。手は左右鏡、親は内、真中、手の五+五=十、足の五+五=十、左右上下の五の中心に親指、腹がある。胴は一つ。腹は一つ。五体を統べるのは腹。五大陸の腹は日本。五大陸+日本+英国+南極大陸=八陸、日本は北、本、四、九、淡路の五大陸+佐渡+隠岐+対馬。裏日本は険しい、北は厳しい。

北=ヒ+鏡のヒ=比、縦を付けると土、土土つけて逆さまにして鳥居。世界の雛型、元つ神の御神体、元つ神キ出る唯一国。富士山、エベレスト。アレキサンダー東征と神武東征、サッカー協会の三本足烏は神武の道案内、サッカーは玉を足で蹴る点取り。人類の起源はアフリカ、天孫降臨は九州、天孫降臨の道案内は「猿」田彦命。天岩戸神話=神々の宴会でアメノウズメが裸で踊り、タチカラオがこじ開けて、騙して天照大神を出す。現代社会は水、力、酒、女、策略。北半球と南半球は渦と季節が鏡、逆さま。春と秋はベクトルが反対で、気温は同じ。春は芽吹き、秋は実り。朝と夕も同じことで朝は目覚め、夕は眠り。冬と夜、夏と昼。冬は暗、モノトーン、冷=霊、静、耐、夏は明、原色、動、体、カラー。

淡島と蛭子(ヒルコ=エビス=恵比寿=戎=商売繁盛)の創世神話。大黒天=インドの神=大国主命=自らを祀る出雲大社大神殿を創ることと引き換えに天つ神(天孫神)に売国した国譲り神話と連合軍(小天の神の国、キリスト教国の十字軍)に無条件降伏した神道政府が金と科学の宗教に改宗。天孫降臨は魔釣り、元寇、キリスト教、ペルー艦隊、明治維新、原爆、天皇の人間宣言、昭和天皇崩御、バブル崩壊、阪神淡路大震災=国譲りはヒノモトの囚われ、神風で御神体侵略阻止、一神教+銃(十、獣)伝来、新撰組「誠」抹殺(五稜郭=ペンタゴン、土方=土型)で江戸無血開城=日本政府奪取、蛇文明開化=竜封印、米国の無血上陸=日本国奪取、神国封印、金国崩壊、淡島蛭子国崩壊、真国創世直前。

風水と鬼門封じの陰陽道の四神は、朱雀、白虎、青龍、玄武(鳥、虎、龍、亀=赤、白、青、黒で、黄は中心で底に流れる気として目に見えない。実際は、黄を囲む五神である。中心に立てば、すべての気=世界征服=神力が得られるとされる。風水のお金の気は黄色、黄金で、西に置く。西洋、西方浄土に極楽があるという。)であり、京も江戸も風水で作られた首都である。鬼門の神はウシトラノコンジン、カムスサナルノオオカミ、地神を封じて天神の学問の世界、アタマの知恵が牛耳る現代日本。逆さまの世界なら、最後はどうなるか。国技である相撲(土俵=円、陰陽四神の房の下の東西対決、ピラミッド階級、綱は注連縄、懸賞の手刀は中左右、土火水、アメノミナカヌシ、カミムスビ、タカミムスビの順、陰陽道+神道の神の神事=魔釣り、神事=火の神の座には水は座せず=女人禁制)の一人横綱がモンゴル(元寇の時のモンゴル帝国)の朝青龍、その親方は、「朝潮」の高砂(最高縁起)親方である。丑寅が鬼門であるが、鬼=艮の金神=本当の救世の神門である。救世の神を鬼門に封じた世界で、鬼門が開けば、地獄。鬼門の大神の力は本当は封印不可能。

                【実践・日本真道】 長谷章宏著より
                          
  :::::::::::::::::::::::::
自費出版【実践・日本真道】の購入をご希望の方はリンク先〝長谷章宏氏の著書の紹介”をクリックしてください。
問合せ先「都の風」が表示されます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。