スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 574 「型示し」の要点がわかったら即やめることである

2013-02-08 Fri : 長谷章宏語録 
鶏=二八取=元の十理。鬼門を封じた丑寅の東北に蝦夷が住み、北海道は北米大陸の型示しであり、魔釣りの天孫降臨の末裔である明治新政府がアイヌを、英国移民のアメリカ新政府がインディアンを、先住民を侵略して開拓した共通の歴史がある。英国の国旗(理念、火)は米、アメリカは米国(実動部隊、水)、bay=海岸、海=塩+水、日本=海で囲んだ子宮の中、子宮は海と同成分、日本=胎児=退治、対峙。日本は米穀食、米の原産地は中国、米国の安全保障担当補佐官はライス。ブッシュ=ヤブ蛇、蛇の子がイラク=メソポタミア=文字文明発祥=米国の足場攻撃=親殺し、文字文明の正体。軍出身の国務長官(パウエル)が鳩派、文民の国防長官(ラムズフェルト)が鷹派。魔釣り(黒、蛇、黒幕)のアメリカの大統領府がホワイトハウス。真コトの国の日本は五大陸の雛型であり、魔コトの経綸として、イシヤの仕組みで立て替える御役に、北米に力の神、中国北方モンゴル(元、満州)に我善し(自分は正しい、一番、中華思想)の神、ロシア(共産主義)とインド(カースト制)の地に逆十字(快欲、体主霊属)の響きの陰陽、ユダの地=イスラエルに魔釣りを統べるアヤマ知の蛇の知恵の神を降ろした。裏(火)の響きが表(水)に現われる。国際社会の表舞台でどの国がどんな役をしたかを見ると、世界の裏のカラクリがわかる。

ヒノモトは現在、米国のポチ、経済・技術・教育大国、魔釣りの神輿を担ぐフェスティバル、魔釣りの神祭咲きわう紙の国、宗教なき葬式仏教国。愛国心とは元つ心のこと=本当の愛国(I告)心教育をしたら鎖国、現代日本は崩壊。エルサレムにユダヤ、イスラム、キリストの聖地。ソロモンの神殿に菊花紋(皇室の紋)、日ユ同祖論、日本が元か、ユダヤが元か。世界の源はどこにあるのか。中心なき混沌の世。七曜は聖書の天地創造神話。キリスト教で国づくり。太陽(日)、水、金、地、月、火、木、土、天、海、冥、太陽+九惑星+月=十一。冥王星(冥王、あの世、闇王)のその先に十番惑星発見で十二星。恒星、惑星、衛星、本来はすべて光星。金星=ヴィーナス=女神、火星=マルス=軍神、土星=サタン、土=悪魔。七惑星の外に惑星と核物質の同時発見。天王星=ウラヌス=ウラニウム=天皇制、冥王星=プルート=プルトニウム、ウラニウム+プルトニウム(裏に産む冥王制、裏舞台に悪魔の王制)の原爆でイシヤに無条件降服し天皇が人間宣言=元つ神封じ、リトルボーイ(小さな少年=エルニーニョ=キリスト、広島=イタリア、お好み焼きとピザ、バチカン、キリスト原爆がキリスト雛型地を自爆自壊)原子爆弾で元始の親国を破壊。爆心は産業振興館。元始=原資=原子=アトム、アと無の誕生日は2003年。AtoM=1が13(悪魔)へ。AUM、オウム=遭う無、汚膿む、ア産む、麻原教祖は盲目=真実を見ない現代日本の鏡、Ω=抵抗=最後、現代日本=善ならオウム=悪、アベコベならその逆、現代日本の申し子=親の鏡=現代日本の裏の型示し、悪に悪を見せた鏡(警告)、悪=自分なら悪を裁けば、自裁自刑、自滅の道。現代日本が正ならオウムを潰せば天国、もし誤なら、日本が自滅。結局は、魔釣りの世界の中のテロと報復であるから喧嘩両成敗であるが。

示せばきりがないのでこの辺でやめておくが、これらは、すべて偶然ではない。この世に偶然は何一つない。あるなら、真釣りは存在しない。すべては一つであり、最後は一つになる。分裂させて鏡を作り、善と悪の戦いをやっている世界では、○=●、●=○の相対、善=悪であるから、すべて一つに結びつく。○と●を持つならば、この見方はわからない。悪を裁くならば、偏っていることになる。分かつ知で物事を見ている証しであり、善悪の善を主張し、悪を裁くならば、元つ真釣りを裁いている=自殺していることになる。日本語はマ=真=魔、ヒ=火=非、○と●両方の意味が型示しできる。こう見ないこともできるが、こう見ることもできる。歴史の「偶然の一致」「共時性」は、こじつけ、洒落ではなく、魔コトと真コトを教える型示しなのである。『自分の理屈を証明するためのこじつけだ』と言うなら、今の世も、自分の正当性を主張するこじつけの戦いである。この世は数学の論理である。一つの意味だけなら戦わない。戦うなら、お互いにこじつけである。こういう見方ができるのはなぜなのか。筆者はこの型示しを押付ける気はさらさらないが、真コト学校の総合学習の教材として挙げたまでである。今の学校では決して教えてはくれない事実である。ただ、型示しを追いかけるゲームは、意味がない。「型示し」の要点がわかったら、即やめることである。さもないと、この永遠にできるゲームの罠に嵌まっている。

               【実践・日本真道】 長谷章宏著より
                          
  :::::::::::::::::::::::::
自費出版【実践・日本真道】の購入をご希望の方はリンク先〝長谷章宏氏の著書の紹介”をクリックしてください。
問合せ先「都の風」が表示されます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。