スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話 610 そなたらの内の戦いが口論、喧嘩、武器、軍隊、核兵器を創り出して居る元

2013-03-16 Sat : 長谷章宏語録 
自分を殺して人を立てるのは調和ではござらん。人を殺して自らを立てるのも調和ではござらん。自分も人も立てるのが調和でござる。自分も人もうまくいくのが天国でござるのぞ。そんなことができるわけはござらん等と申すそなたは、不調和の身魂でござる。善悪二元のそなたの眼では調和の神のミロクは見えんぞ。その態度を改めて行動せよ。そなたらは戦争を反対して居るが、武器を使わずとも、喧嘩をせずとも、内の葛藤が戦争そのものでござるのぞ。そなたらの内の戦いが口論、喧嘩、武器、軍隊、核兵器を創り出して居る元ぞ。そなたら一人一人の内の葛藤が外の戦争の素でござるのぞ。外の戦争の被害者と申す者は一人としてござらんぞ。全員が加害者でござる。自らが自らの加害者でござるのじゃ。戦争をして居る者を責める資格はござらんぞ。戦争犯罪人を裁く資格はござらんぞ。悪を裁くことが悪でござるから、悪人が悪人を裁いても無効でござる。ただの遊びでござる。善悪の法律には何の根拠もござらんぞ。そなたらは、人生はサバイバルじゃ等と申して、何でもかんでも戦って、勝手に自らを苦しめて居るのでござるぞ。この方から見れば、そなたら自らわざわざ戒律を創って、制限を創って、枠を嵌めて、苦し苦しの遊びをしておいて、自由にならんと申して戦いを挑み、自らが創りだした一人芝居の戦争の責任を人になすりつけて居る、大アホ集団の茶番劇でござるぞ。戦って居るから戦いが無くならんのでござるぞ。調和を乱す者は最後に勝手に潰れるから、そなたらがわざわざ戦って潰さんでも宜しいぞ。戦争を無くしたいならば、そなたの内の戦争をやめなされ。

相対二元の世界で人の上に立とうとする、人に勝とうとする、頂点を目指そうとするその心が、我(われ)善し自分だけ勝手の、調和を乱す基でござる。自からが生きる、安定する、生き残るためには人を落とす、負かす、消す必要があると申すのは、そなたが戦いのシナリオを生きておる証でござるぞ。戦争に反対するのはそなたが戦いをして居る証、戦争をやめさせれば平和になると思って居る、臭き悪魔の心でござるぞ。最後はそなたが滅びるぞ。人を落として上に立つ世界では全員が一番にはなれん。たとえ世界を征服しても、そなたの征服したその世界は後わずかで大掃除でござる。そなたが手に入れたものは、すべてこの方にお返し頂くぞ。モノカネどんなに集めても、全世界の肉の身を支配しようとも、そなたの身魂の掃除が無ければそなたはそこで消え行くぞ。枠の中の奪い合いをしておりては、いつまでたっても平和も自由も平等もござらん。一人一人の望むものを一人一人が交換で手に入れたらお互い自由でござるのぞ。今の世は奪い合いの世界、偏った世界、調和はござらん世界じゃから、このまま続けてももう元には戻らんから、最後の最後には世界を入れ替えて、始めから創り直すのぞ。今の物質の世は後少しで掃除でござるぞ。そなたが身魂を磨けば、そなたがしただけ返してくだされば、そなたの心が調和に戻れば、そなたは新しい世でゼロから天国を体験できるのでござるぞ。これからは、身魂の掃除の時間でござるぞ。いつまでも消え去るモノを集めても、そなたが消え去るだけでござるぞ。大掃除が始まるその前に、一人一人がミロクの民の態度を身につけておいてくれよ。

                        立日十

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。