スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話670 突然に世界が変わるように見えるぞ

2013-05-15 Wed : 長谷章宏語録 
一人一人の魔釣りの度合い相応に掃除するのでござるぞ。皆一緒に行くのは無理な話でござる。一人一人が心の掃除をするのぞ。人の魔コトにチョッカイを出す者は魔釣りでござる。自らの掃除が先ぞ。今の今もそなたの回りには悪はござらん。そなたが悪と申して居るだけぞ。悪を裁いて居るだけぞ。善人は悪を裁くぞ。悪裁く者悪ぞ。善人もこの方から見れば悪人でござる。悪人が悪人を裁くとは、滑稽なお芝居ではないか。そなたらが善と思って居るものはことごとく逆ぞ。そなたはそなたの心の有り様(よう)の通りの神がついてその通りに見えるから、そなたは自らの現実を正しいと錯覚して居るだけぞ。

魔釣りの神はこの方を忘れて居るから自らを正しいと思って居るぞ。その神に囚われて居るそなたらは、自らを善であると思って居るから、何も気づかんのでござるぞ。そなたらが今まで、正しい、善だ、常識だ、と教えられて来たものは、九分九厘、我(われ)善しの、魔釣りの神の魔コトの力が全てを統べる魔コトの神の常識でござる。そなたが魔釣りをやめれば魔釣りの神は手出しできん。この方ら真釣りの神がそなたを守るから安心して改心してござれ。この方を疑う心が魔釣りの神を釣るぞ。信じることが真コトなり。

こ度は、そなたら自らが、自らにはめて居る魔釣りの神のマインドコントロール(洗脳)に気づき、身魂(肉身のココロ)の戦(いくさ)を終わらせねば、疑うココロを無くさねば、一人として助かる者は居らんから、ミロクの御世には生まれ変われんから、全てを仕組み構えたこの方が、誠の神の真コトを明かして、真コトの親心を知らせて、魔コトの神の洗脳をすべて外して、そなたらを完全に自由にしてさしあげるぞ。

ミロク世はすでに創ってあるのでござるぞ。そなたから見れば時間を追って体験して行くが、この方からみれば時間と申すものはないのでござるぞ。掃除無き身魂には、この方の仕組みが見えんから、目の前だけを見て居るから、突然に世界が変わるように見えるぞ。突然大掃除が始まるように見えるぞ。大慌てになるぞ。恐ろしいことになるぞ。最後の最後は掃除なければ通れんミロクの入口ぞ。今ここで改心致せば、怖いことは減るぞ。

今までの世のカラクリ、こ度の大掃除のカラクリ、魔コトの神のアヤマチ教の仕組み、真コトの神の真コトの仕組み、魔釣りに生きるそなたらが気づかぬ取り違い、今の今まで人類の歴史を通じて当たり前だと思っておりた常識のマ違い等々、ミロクに至る神仕組み、真コトの神芝居のカラクリを、アヤマチに曇りに曇ったそなたらの魔釣りのアタマでも魔釣りの眼でも、いやでも分かるようにして、すべてハッキリと明かすから、暫くの間、アヤマ知を持ち出してツベコベ申さずに黙って聴いてくだされよ。

                          立日十

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。