スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話674 自立した身魂が「日月知の神」

2013-05-19 Sun : 長谷章宏語録 
そなたらは、アヤマチの中に引き戻す、魔釣りのコントロールにまんまと嵌まって居るぞ。そなただけでも真釣りに戻ってくだされよ。そなたのすることに口を出す、そなたのすることをやめさせようとする、そなたに特定の生き方を強制する、その者が自分勝手でござるぞ。この方は強制はして居らんぞ。そなたがいらんと申すならばそれでよいぞ。そなたが天国に生きたいと申すから、天国とは逆の道に居るから、お教えして居るだけでござるぞ。自分勝手の者の申すこと聞く必要はござらん。掟破りの犯罪者の申すこと聞くならばそなたも犯罪者でござるぞ。ここに来てまでまだ魔釣りを続けるお積もりか。

この方が、ミロクの御世、新しい世を創りても、そなた自らがアヤマチを自覚せねば、何も知らずに再び地獄を創ることになるから、今度ばかりは魔釣りの者は連れていかれんようにして居るのぞ。同じアヤマチを繰り返しては天国がいつまでたっても出来んから、地獄を繰り返してはそなたらが可哀相なから、この方がすべてやってはそなたらは奴隷になってしまうから、そなたらの自由意志で天国を創れるようにさせたいから、教えたくても知らせたくても辛抱に辛抱を重ねて、情けと花の仕組みを構えて、そなたらの自発的改心を待っておったのぞ。そなたの魔釣りは世界滅亡の生き方でござるのぞ。

この方は、そなたら自らが自らのマ違いに気づくよう、ただただ行き詰まりや苦しい状況を創って、そなたらのマ違いを知らせ、同時に数々の真コトのフミや真コトの御用の者を使って真コトを知らせて、そなた自身が自らの体験を通して自らの魔コトに気づき、真コトに気づき、そなたらが自発的に改心致してくれることを、長い間ずっと待ちに待っておりたのでござるぞ。そなたが自ら真釣りに戻らねば、そなたはミロクの民にはなれんのぞ。自分のことをすべて自分で決められるのが、自立した身魂が「日月知の神」なるぞ。

そうとは知らぬそなたらは、アヤマチに囚われたそなたらは、魔釣りのワナにまんまと嵌まって魔コトを真コトと取り違えたそなたらは、自らが何をしているのか気づかぬままに、自らも回りも滅びの坂道を下って居ることも知らずに、自らのご都合宜しく、自らの身欲と保身のため、財産や地位や名誉や世間体を守るため、自らは悪人にキ違いに成りたくないがため、自らだけが正しいと、自らの理屈で真コトの者を悪魔に仕立てて迫害を繰り返し、自らの繁栄には都合の悪いこの方の真コトを魔コトと教え込み、調和を創る真コトを悪と教え込み、この方を悪魔と断じて鬼門に封じ込め、真コトを避けさせ批判させ、破壊を進歩と置き換えて、誰も真コトに気づかん仕組みを造り上げてきたのでござる。

そなたらがどんなにうまく隠したつもりでいても、この方からはすべて丸見えでござるぞ。悪神生んで悪心映し、悪を使って悪を和す、情けと花の仕組みにすべてを託し、最後の最後にはすべてをグレンと引っ繰り返し、真コト渡してミロクを創る、タテカエタテナオシの仕組みを構えありたから、そなた自らが気づくことを願って、今まで黙って見ておったのぞ。この方が表に現れた今今は、魔コトの世も後わずかの間でござる。いつまでも続けられると思ったら大きなマ違いでござるぞ。

この方の申すことを素直にきかぬと、本当に取り返しのつかんことになるから、この方のミロクを開く仕組みは見事に出来て居るから、そなたらがどんなに抵抗しても邪魔してもミロクの仕組みは動かんから、後になって気づいても遅いから、間に合わんと気の毒ざから、今ここから申すのでござるぞ。真コトの親の申すことをマコト素直に聴きなされ。そなたは今まで騙され騙されして来たから、信じられんかも知れんが、この方の申すことにウソはござらん。そなたの最後の人生、もう一回だけこの方に賭けてくだされよ。

                          立日十

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。