スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話706 他人の責任を負わず自分の責任は着せない

2013-06-20 Thu : 長谷章宏語録 
誰かの期待を満たしてあげようとしても、それは無理である。それをするならば、あなたは、その誰かの奴隷になってしまう。あなたは自ら誰かの人形になる人生を選ぶことになる。誰かの期待を満たすことであなたが満足ならば、それは、誰かの期待を満たしたいという自分の選んだ道であるから、好きにすればよい。しかし、誰かを完全に満足させられないならば、あなたはその誰かの奴隷からは解放されない。『人を困らせてもいいのか』『期待してるぞ』『期待を裏切らないで欲しい』は、期待を満たせば喜び、裏切れば非難する、自分でできないくせに他人にアレコレさせて楽をしようとする、自らの喜びを他人から奪って得ようとしている者の自分勝手な支配言葉であり、あなたがそれに答えようと頑張ったとしても、あなたが疲れるだけである。社会の期待、家族の期待も同じことであり、誰かが誰かの期待を満たすゲームでは、全員がストレスの塊になってしまう。いつか誰かが何とかしてくれる、と勝手に期待したとしても、その期待は満たされない。あなたの完全なる期待を満たせるのは自分だけであり、自分自身が自由になれば、期待は裏切られない。

あなたが持っている思想、常識、習慣は、すべて、あなたが選択したものである。あなたが、あなたに都合のよいものだけを集め、実践を通して訓練し、癖になるまでに見事に完成したのである。自己選択の自動操縦である。あなたは、おかしいと気づいても修正できないほど、どっぷりと漬かっている。間違っているとわかってもやめられない麻薬中毒患者と化しているのである。自らに都合がよい快楽を得るために、脈絡無く右往左往している、酔っ払いである。あなたは、都合のよい眼鏡をかけている事さえ忘れ去っていて、自分の不都合がなぜなくならないのかが全くわからなくなってしまったのである。眼鏡をかけている事に気づかなければ眼鏡を外す事はできず、永遠に真実を見ることはできない。

眼鏡を外して真実を見て、その生き様を自動操縦になるまで訓練すれば、あなたは本当に楽になることができる。抵抗には力がいるが、自然には力はいらない。あなたが真コトの道に乗れば、癖を直す始めの内は苦しいが、慣れてくればくるほど楽に物事が進むようになり、迷いは消えていき、あなた自身の天国の一本道を道草をしながら散歩できるようになる。そして、真釣りのミロクになるまでゆっくりとお茶を飲みながら、魔釣りの奇(危)劇の結末まで過ごし、真釣りのミロクが開いたら、本当の天国を自由に楽しめばよい。その時が来るまで、真釣り戻しながら、最後の晩餐までの時間を遊んでいればよいのである。真釣り戻しは各自のすることであり、他人の苦しみ悲しみを引き受けることはない。あなたが真釣り戻しの苦労を終えたなら、もう魔釣りの罠にはまることはありえない。

あなたは、いつでも、どこでも、すべてを拒否することができる。すべてに同意することができる。あなたがあなたへの自己責任を完全にとっているならば、迷うことはありえない。あなたが苦を避け、損を避けている限り、迷いから抜け出ることはできない。あなたはアメとムチの世界で右往左往することになり、混乱の中で、全く動けなくなる。自分で考えることができなくなり、誰かの言うことに流され、行き着いた先が自分の望みと違っても、自分で直すことはできないから、その誰かを責める事で、不快を解消することになる。しかし、それをしても何の解決にもならず、ますます、ロボット化していくだけである。あなたが本当に自由になりたいなら、自分で自分の責任をとることである。他人の責任を負わず、自分の責任は着せない。この、矛盾のない態度を貫き通すことが肝要である。

              【実践・日本真道】 長谷章宏著より
                          
  :::::::::::::::::::::::::
自費出版【実践・日本真道】の購入をご希望の方はリンク先〝長谷章宏氏の著書の紹介”をクリックしてください。
問合せ先「都の風」が表示されます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。