スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話711 日本は遺伝子実験場に指定された

2013-06-25 Tue : 神語録 
  宇宙大出産で宇宙ごと生まれ変わる!
元つ神の「光ひとつ上ぐる」仕組み
  火水伝文+日月神示+竹内文書が伝える《岩戸開きアセンション》の超真相
             白山大地 著より(P231-234)

統合のための新人種創造で生まれたアジア人/日本は遺伝子実験場に指定された

 地球人創造に関わった宇宙人たちの一部は、その種族がたどる未来の可能性について、見てみることにした。その頃は時空を超えることができるほど彼らは進化を遂げていた。すると、誕生していた種族は、あまりにも多様性に富み、望むような統合を果たすことが難しいことがわかった。未来はこのままでは彼らの計画が失敗する可能性が高いことを告げたのだ。
 彼らは未来の宇宙人に助言を求めた。そして得た答えが、「将来、地球の各種族の統合を促すような新種の人類を創ること」だった。そこで、それまでのプレアデス星人やシリウス星人の遺伝子に加え、グループ意識を強くもつ宇宙人の遺伝子をさらに組み込んだ新人類を創造した。
 そうして誕生したのがアジア人だ。これまで、環境に合わせて、白人種や黒人種などは創られていたが、黄色人種はこのときに生まれたのだ。ただし、地球人をあくまで宇宙人に隷属させたい宇宙人のグループには、この計画は内密にされた。そのため、このプロジェクトは、隔離された場所で秘密裏に行われた。
 その場所は、日本。遺伝子実験場(創世期にあるエデンの園)や特別に行なわれた教育は、安芸の宮島や東北の十和田湖近くの「迷ケ平(まゆがたい)」などが選ばれた。これは、いまからおよそ十万年前から十五万年前のことだそうで、日本はその頃、ム―文化圏に属していたという。どうやらその頃日本に住んでいたのは、黄色人種ではなく、黒人種だったようだ。 
 さて、迷ケ平と聞いて、山根キクを思い出した人もいるかもしれない。山根キクは、竹内文書を研究し、実地踏査を行ったうえで、昭和十二年に『光は東方より』という書を著して、「キリストが日本に来て死んでいる」ことを証明しようとした。竹内文書にはそう書かれているのだ。
 竹内文書によると、イエスは、岩手県の八戸に上陸し、青森県の戸来(へらい)村そして迷ケ平まで足を延ばしている。その後、迷ケ平に永住したというのだ。ゴルゴダの丘で磔になったのは、イエスの弟のイスキリだったという。ではなぜ、イエスは日本に来たのだろうか。竹内文書によれば、イエスは青年の頃日本を訪れ、ここで修行し、バテレンの法を会得したという。つまり、キリスト教の原点は日本にあり、そのため、再び日本に戻ったということだ。戸来村には、太古に戸来神宮があり、皇祖皇大神宮の分霊を祀っていた。そこでイエスはここを訪れたのだ。この話をもとに、現在では、キリストの墓が三戸郡新郷村に作られ、村おこしに一役買っている。
 その山根キクが迷ケ平を「エデンの花園」と命名したのだ。山根は古事記の「高天原」は「エデンの花園」のことだという。山根の指摘は当っていた。つまり、竹内文書に書かれていることはそれなりに根拠があったということかもしれない。
 学界では、当然、あり得ない話としてこれも偽書の根拠にしているが、ジャーメインのチャネリングを行なっているリサ・ロイヤル氏は、プレアデス人サーシャのチャネリングもしており、そのサーシャが次のように説明する。
 「キリストの誕生は人類を進化の新たな段階に引き上げるものだった。聖母マリアにコンタクトした天使は、宇宙人で、彼女の『処女懐胎』は、いまでいう『アブダクション』(宇宙人による人間の『誘拐』)による妊娠だった。キリストの誕生に関係した宇宙人は地球上に新しい種族を誕生させてそれを広めたいという願望があり、それゆえ、キリストのもっていた遺伝子は黄金よりも貴重なものだった。だから、キリストは十字架の上では死なず、彼は多くの子孫を残した。磔のあと、キリストは南欧、インド、日本を訪れてそこで子孫を残した。東北にある『キリストの墓』には、キリスト自身ではなく、彼の子孫の一人が埋められている」(『宇宙人遭遇への扉』徳間書店より抜粋)
 アメリカ人によるチャネリングと古文書。まったく接点のない二つの証言に共通点があることは大変に興味深い。
 また、プレアデス人サーシャは、キリスト教徒が聞いたら卒倒しそうなことを述べている。イエスの誕生が、宇宙人のアブダクションによる妊娠だったという点だ。確かに、聖母マリアによる「処女懐胎」は生物学的にはあり得ない話だ。自然界には、メスだけで子を産む「単為生殖」が行われることは珍しくない。しかし、その場合、遺伝子は親と同じになる。ヒトの場合、男はXYという性染色体をもち、女はXXという染色体をもつ。つまりY染色体をもっているということが男の条件だ。当然、聖母マリアはY染色体をもっていなかった。イエスは男性。Y染色体が外部から持ち込まれなければ男性が生まれる可能性はゼロなのだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。