スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話721 世界のオヤと世界の子ドモの役割

2013-07-05 Fri : 長谷章宏語録 
神棚や仏壇に毎日のようにお参りしたって、やることなすこと、神さまに仇をなすことばっかしじゃないか。本当に感謝しかない奴ってのは、わざわざ『感謝してます』なんて言わないんだぜ。本当の感謝をわかってる奴ってのは『感謝しなくては』なんて思わないんだぜ。君は本当の感謝の意味がわかってるかい? 当たり前のことはわざわざ語らないよな。平和や自由や平等も同じことさ。空気があるのは当たり前だろ。空気の有無を議論するかい? 君が神さまに感謝してるって言うなら文句を言わないことがその証だよ。

さぁて、君はどうだい? 本当の日本人してるかい? 今の「日本人」ってのは、元は神さまの種を持ってながら、目に見える形の世界だけで『楽しよう、得しよう』ってしてるよな。モノやお金に目が眩んで、肉眼では目が見えていても、「本当のこと」は何にも見えなくなった「明き盲(メクラ)」ばかりなんじゃないか? 『「メクラ」って差別用語だぞ』だって? バカ言ってんじゃないよ。「言葉(の形)」だけ見て『○だ×だ』『上だ下だ』って分類して、『×だから使うのは良くない』『下を差別するのは良くない』なんて言うのが「幽界人」の証拠じゃないか。真実はな~んにもわかんない癖してよ! 「メクラ」って言葉さんを他の言葉と「差別」してるのは君の方だろ。使ってもらえなくて泣いてるかもョ。

「区別」と「差別」の違いがわかるかい? 「差別」ってのはね、形の上で『上だ下だ』って決めて、『下をバカにするのは許せん』ってやることじゃないんだぞ。「区別タテワケ」しないことを「差別」って言うんだよ。世界のオヤと世界の子ドモの役割をちゃんと認識していなくっちゃ、「差別」と「区別」の「区別タテワケ」なんてできる筈はないよな。「神さま」と「神サマ」の区別ができてなくっちゃ、「神様」と「人間」や、「魂」と「肉体」や、「心」と「精神」や、「日本人」と「外国人」や、「人間」と「人」や、その他もろもろの言葉を「いい加減に」使ってるようじゃ、真実はわからないよな。

言霊(ことだま)を大切にしろってか? 言霊って何だい? 「いい響き」って何だい? 文句を言わない⦿の心のことだよ。Фしてて敬語を使ったって嘘だぜ。自由な奴に「神様」なんて言葉はないんだよ。一体だからな。長谷先生が荒っぽい表現ができるのは神さまと一体だからだよ。神道の信者が敬語や感謝云々って言っても、やってることは神さまに仇なすことばっかしじゃないかよ。神社って何だい? 区別タテワケが出来てないから、君自身の声と誰かに教わった声の見分けがつかなくなったんだよ。『どれが本当の自分の声かわからない』ってのはオカシイことだぞ。初めに出たのが自分の声、神さまの声だよ。裁く言葉、価値判断する心が偽物の君の声だよ。本当の君には判断はないんだ。

神さまのことをすっかり忘れてちゃっ、平等も公平もあったもんじゃないよ。『差別は許さない』なんていってる奴が、一番「差別」してんだぞ。元々は上も下もないのに、上と下を創って、自分は下にいて、『俺は下にいたくない』って思って、『下の奴を仲間外れにするのは許せない』ってね。自分は上にいて、『下の奴を仲間外れにする奴は俺が許さん』なんて、善人ズラしてたりね。「人種差別」や「部落差別」や「女性差別」や「障害者差別」や「貧富の差」や「被害者意識」などなど、みんな同じメカニズムなんだよ。

                      ウナム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。