スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話723 「悪い」の基準が全く違う

2013-07-07 Sun : 長谷章宏語録 
『私が愛してるのに愛してくれない』とか『あんたのために言ってんのに』とか『俺が世話してやったのに』とか『俺の気持ちも考えないで自分勝手なことをするな』とか『俺の心を傷つけるなんて』とか言ってる奴に「愛」を語る資格はないんだよ。「俺は」を「人は」に置き換えて誤魔化してる奴らが多いな。君たちは、本当の「愛」ってものを知らないんだよ。『人のため』とか何とか言って、結局は、『自分のため』なんだけど、わかってるかな。『人のため』っていう仮面を被って、『自分のため』に生きてる奴ばっかりなんだな。『人のためはいいことだ』って言う表面上の仮面に誤魔化されるから、『自分勝手はよくない』なんて言い出すんだ。『自分のため』の『人のため』ってのは、「自分勝手」以外の何ものでもないんだよ。『人の気持ちを考えて』ってのは、いざとなったら『俺の気持ちを考えろ』に変わっちゃうだろ。本当に「自分ダケ勝手」な話だよなぁ。

君たちは、初めっから「自分勝手」に生きてるんだけど、わかってるかい? 「潜在意識」なんていう、都合のいいものを創って本心を誤魔化したって、見る奴が見れば、全部丸見えなんだよ。「自分が死ぬ」のが怖いんだろ、結局は。「自分の評価がなくなる」のが怖いんだろ。自分が自分を○って評価してりゃ自分は永遠に生き続けるだろ。自分が自分を殺してるから、自分が消えそうになると人を殺すことになるんだよ。人を下にして自分が上を保つ、人の陰口を言って自分は上だと勝ち誇る、人を悪者にして自分は善人のフリをする、自分が勝てる基準を持ち出して相手と比較して自己満足する。なんちゅう勝手な奴らだろうね。そんな奴に『人の気持ちを大事にする』ことなんてできるわけないだろ。人の気持ちがわかってたら、人のすることにチョッカイは出さないんだよ。だって、その人の思考が全部わかる=その人自身なんだからな。完全にわかったら、人間は一人しかいらないぜ。一人一人が微妙に違うから、沢山の人間がお互いが絡み合って遊べるんだよ。

人にペコペコするのは、敬語を使うのは、優しくするのは、お世話するのは、自分が都合がいい時だけ、自分が上にいられる時だけだろ。お情けの「人のため」なんだな。『人の評価がなくなったら自分が消えちゃう』って勝手に思って、一人芝居をやって、人を勝手に殺して当然のような顔をしてる奴ばっかなんだよな。『今の社会じゃ仕方ない』なんて屁にもならない理屈を持ち出して正当化してるけど、『今の社会では~』なんて言ったら、永遠に天国なんてないだろ。自分が自分に騙されてることに気がつかないのかい?

いったい何を基準に『損だ』『被害だ』『犠牲だ』『可哀相だ』『許せん』『認めん』『あいつのせいだ』って言ってんのかね、まったく。いったいどっから勉強したんだい? そんな理屈を。『俺はそんなことしてないよ』『俺は悪いことをしてないぞ』なんて絶対に言わせないぞ。全員がやってることなんだからね。君だけ例外だと思ったら大魔違いだぞ。何を隠そう、そのセリフを吐いてること自体が、Фの証だからね。自分が悪いとわかってる奴は『俺は悪くない』なんて言わないんだよ。「悪い」の基準が全く違うんだ。

『それが人間というものだ』とか『現実はしょうがないだろ』とか『理想論じゃ社会は生きられないからね』なんてバカなこと言ってたら、本当の天国なんていつまでたってもできないんだぞ。こんな簡単なこともわかんなくなっちゃったのか? できない天国をいつまで創ろうとしてるんだい? それとも、『できる』って言うのかい? 何とも矛盾した発言だねぇ。神さまの世界ってのはね、何もしなくたって「平和」なんだよ。わざわざ「平和」だ「自由」だって言わなくたって「平和」で「自由」なんだよ。「当たり前のこと」をわざわざ語るかね。『俺は人間だ』『俺は息を吸ってるんだ』なんてことをさ。

                       ウナム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。