スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話727 「学校教育」の目的

2013-07-11 Thu : 長谷章宏語録 
君は肉体の視点でしか見てないから『俺は悪いことなんかしてないのに』なんて平気で言ってるけど、神さまを無視してる証拠さ。君は何回も生まれ変わってるんだぜ。君っていう魂が生まれてから3000年、どっかで、何かをしたから、今何かされてるってわけだ。『そんな迷信なんて』って言ってるから、何にも見えないんだよ。神さまの仕組みを迷信に見せるのが「学校教育」の目的だったんだぞ。科学教育を受けるほど、神さまは迷信になるんだぜ。黒を白だって教え続けられれば『黒は黒だ』って言えば『嘘だ』って言うのは道理だろ。どっちが黒でどっちが白なのか、よ~く考えろよ。君がそのまま続ければ、誰かに迷惑を渡し続けることになるんだぞ。最期は君がしたことが君自身に全部返って来るんだけどね。「私」ってのは「渡し」だぜ。俗に言う「過去生」のどっかで君が誰かに渡したものが、今世の誰かを通して返って来てる、渡されてるってわけだ。いいことも悪いこともだ。君にその状況を渡した奴は、何にも悪くないんだぜ。ま、いいことを貰ったら感謝だからそのままでいいけど、「都合が悪いこと」をもらった時が問題なんだよ。

君が誰かを殺したら、刑務所でも仕方ないだろ。当然だよな。ルール違反だから。脱走しようとか、罪を逃げようとすれば、ますます罪が重くなるよな。君が誰かを殺したら、君が刑務所という不自由なところで罪を償ってチャラだ。人間の刑務所ってのは誰かが仕切ってるところだから、そいつの気分次第でどうにでもなるけど、神さまの形務所ってのは、君のしただけを償えばそれでいいんだよ。逆に言えば、君が罪を逃げれば逃げるほど、自分で自分の首を締めていくっていう寸法さ。君がいつか誰かにしたことが今の君に返ってきてるのに、その状況を誰かのせいにすれば、責任転嫁、罪のなすり付け、脱走、になるだろ。そういうことを魂の次元でやってんだよ。「心=形」だから同じ仕組みさ。

形の上での不都合を誰かのせいにすれば、君はどんどん死形台に向かってることになるんだよ。天国からどんどん離れてることになるんだ。君が天国になるために誰かが地獄になるとしたら君の天国は本物じゃないんだぜ。君が地獄を避けるほど、自分の地獄を進めてるんだよ。全くアベコベなんだな、やってることが。問題がどんどん山積みになるのはアベコベの証拠だろ。問題解決ってのは、今やってることを一度解いて結び直すことなんだよ。問題解結だよ。一番初めのボタンのカケ違いをそのままにしてたって直らないだろ。全部外して初めからだよ。ズレたとわかったところで直せば楽に直せるんだけどね。

神さまの世界に「福祉」なんてあること自体が、「障害者」がいること自体がオカシイんだぞ。「貧乏人」(裏を返せば、「金持ち」)がいること自体がオカシイんだぞ。神さまが君たちの心得違いを教えるためにそういう状況を形にしてるんだぞ。君たちだって障害や損や破壊は嫌いだろ。神さまはわざわざ自分の創った世界を壊して、花を散らして、地球環境を壊して、我が子を障害者にして、今の君たちの姿(態度)を教えてるんだぜ。君たちの心得違いはそのままにして、ボランティアだ、保険だ、って形で何とかしようとするから何にも変わらないんだぞ。「平等」「公平」の世界に、何でお金が余ってる奴らがいるんだ? 損得を考えてる奴らが何で何の交換も無しで何かできるんだ? 奉仕っていう意味を履き違ってるぞ。ぜんぶ自分でできて当たり前なんだぞ。誰かに何かしてもらったら、誰かに何かしてあげたらサービスじゃないか。自分でやる分を誰かにしてもらったら楽だろ。誰かにしてあげたらそいつが楽だろ。「お互いに楽」が本当の奉仕だよ。

できることを交換して楽し合うなら結構なことだよ。自分が出来ることを相手が出来ることと交換してお互いにやってもらうんだよ。他(はた)の奴を楽にすることが「はたらく」ってことなんだぞ。君たちのハタラクってのは、自分ダケ楽になろうとして、他人を苦しめてる「他等苦」じゃないか。『面白いシャレだ』なんて言ってる奴は大バカ者の証だぞ。君たちは自分だけ楽して相手に苦労させて脅してやらせてるだろ。自分は楽なところをやって相手にはきついところを押しつけてるだろ。同意も話合いもあったもんじゃないよな。自分がやりたくないことを「お金のため」にやってるから『ありがとうございました』って心から言ってないだろが。100%じゃないだろ。さぼろうとするだろ。

                     ウナム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。