スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話739 オカネと申す紙や金属

2013-07-23 Tue : 長谷章宏語録 
この方の申すことを、何でもかんでも形の世界で考えるそなたの癖を無くさねば、この方の神示はすべて取り違えるぞ。日本人、外国人、黒人、白人、男、女、子供、肉食、菜食、親子、善悪、法律、食べ物、音読、家系、戦争、損得、被害、障害、病気、事故、怪我、犯罪、死、危険、責任、借金、秘密等々、すべては一旦身魂の世界に上げて、置き換えて、その後に、体の世界に戻せば、取り違いも矛盾も無くなるのでござるぞ。形の表現は型示し、霊の仕組みを人間に教えるための「例え」でござるのぞ。形の世界で文字通り取れば、見事に取り違えるぞ。この方は神の響きから、「ム」からすべてを創りだしたのでござるぞ。体の初めは、元は、霊でござる。霊を基に体を見よ。何でもかんでも形だけで考える癖をやめなされ。体の立体の仕組みは霊の立体の映しでござるぞ。体の立体だけで考えるから相対二元の善悪になるのでござる。魂が肉体の付属物になって仕舞うのでござるぞ。体の世だけで考えるから、問題ばかり創るのでござるぞ。いつまでたっても問題が解結せんのでござるぞ。霊を忘れて居るから、体の世界だけでこの方の神示を取りて、ますますわけが分からなくなって居るのでござるぞ。

この世でそなたらがしておることは全部遊びでござるぞ。そなたらが神にして居るオカネと申す紙や金属は、この方の資源から加工して、そなたらが価値を付けて居る、⦿の子ども銀行のオカネでござるぞ。本物、偽物と申すのは基準を変えれば変わるのぞ。先に創りたものを本物と申せば、後から創りたものは偽物でござる。大蔵省しか創ってはならんと決めれば、そなたが勝手に創ればニセ札じゃ。偽造が犯罪じゃと申すが、窃盗が犯罪じゃと申すが、そなたらはこの方のものを勝手に荒らして、魔釣りでニセの天国を創りて居るのぞ。いったいどうしてくれるお積もりか。人間の目だけで見るから、真コトの元の世界が分からなくなって仕舞うのでござるぞ。ミスやエラーや事故や犯罪を哲学や脅しや道徳を使ってゼロにしようと思っても無駄なことでござるぞ。そなたらが神の掟の違反をしておいて、何も無しでは済まんのぞ。事故や病気や犯罪が無いのはミロクの世になってからでござるぞ。事故がゼロになるのは身魂がゼロになってからぞ。

元の神を忘れた、自らのオオモトを忘れた者たちがつくり出した物を「偽物」と申すのぞ。神をムシした人間が為したことどもを「ニセ」と申すのぞ。神に「似せ」てはおるが、そなたらが為して居ることは全く逆でござるぞ。真コトを疑っておるからメチャクチャな世となるのじゃ。疑(ギ)は偽(ギ)の元なり。真偽に分ける知は真コトなき地獄の世を進め、末(すえ)はすべてが滅ぶなり。神の「キ」を曇らせる「ギ」となるのぞ。心の曇りをとれば元の「キ」の⦿世となる(戻る)のじゃ。

                      十日立

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。