スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話762 アジアで現れつつあること

2013-08-15 Thu : 神語録 
セイント・ジャーメイン (^&^) 新井信介

アジアは、様々な点で荒廃しました。台風、その他の気候変化や、崩壊した経済が始まろうとしています。これほど人口密度が高く自給自足能力の低いところはありません。中国は、豊富な大陸です。多くがそこにやって来て、近い将来には消費材の不足なしに共有して住むことが出来ます。しかし、米国の崩壊が起こる場合、中国が直面する難題は、彼らを管理に放り込むにはより大きな勢いを必要とするので、先導する彼らの能力が起こりそうもないことです。あべこべに中国は、それ自体に向けて造ったネガティブな姿勢のために、今ある勢いを失うでしょう。中国で起こっていることに、世界は反対しています。そこでの威圧的な方針は、受け入れられません。

北朝鮮は他のどの国をも威圧することはありませんが、米国の影響力が彼らを止めるのに利用できない場合、乗っ取るために韓国を攻撃するかも知れません。北朝鮮に対抗して他の国々が援助に来るので、韓国は破壊されません。

日本は、その新しい選挙民の意志で求められている新しい国体に同意せずに、近いうちにその影響力を減少させます。その軍隊(自衛隊)を管理する米国なしに、この国への攻撃が起こる場合があります。次の新しい官僚達の産出で、多くの気遣いのアイデアを発展させることが出来ます。ソーラー(太陽熱)やその他のエネルギー技術は、意識の一つの実証として、この国が行う次の貢献であり得ます。そのお金と支配の問題を解決することが、軍事活動に先行しなければなりません ー 平和が、今日の風潮なのです。また、天皇崇拝は二度と容認出来るものと考えられそうもありません;この拒否の姿勢は、人々のハートからやって来ます。

  アジアで現れつつあること 


日本の近代国家は、攘夷を言っていた孝明天皇の暗殺から、スタートしています。そして、戦後のスタートも、昭和天皇が、自らが日本の軍部を棄て去るために、あえて負ける戦争にしたことから始まっています。

  日本の「奥の院」


 :::::::::::::::::::::::::::::


元つ真釣りの神世に戻す、新しき世を創る三千世界の大掃除が、いよいよ本番に入ったから今までのやり方は通用せんぞ。いつまでもこの世を人間に任せておりてはこの世が滅びるから、自ら改心する者わずかであるから、このままでは全員が滅びてしまうから、真コト⦿の者も巻き込まれてしまうから、元の元の親神⦿が表に現れて、今度の今度は一点の曇り無きまで、悪も闇も、一つ残らず大掃除するのであるぞ。神幽現、神の世界も人間の世界も、すべてのすべての立替え建て直しであるから、ケガレある者無くなるまで、死しても続く大掃除ぞ。地球上、世界中、たとえ宇宙に逃げようとも、死後の世界に逃げようとも、掃除なければどこに逃げてもご無念ぞ。今度ばかりは掃除なき身魂の居るところはどこにもないものと思えよ。身魂の掃除終われば今ここでも安全ぞ。身魂の掃除無き者には、どこを探しても安全なところはないぞ。いい加減に目を覚ましてくだされよ。現界の大掃除が最期の仕上げじゃ。⦿の者なれば、どんなことが起きようと怖くも何ともないぞ。怖いと申す者、この方信じて早う⦿に戻れよ。天国楽しみに掃除にはげめよ。

                 十日立

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。