スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話763 魔釣りから見れば真釣りは非常識

2013-08-16 Fri : 長谷章宏語録 
悪もって悪祓う仕組み、悪祓って開ける仕組み、死んで生きる仕組みでござる。悪使って悪祓う、開くの仕組みぞ。物質の世を建て替えるのであるから、このまま二十一世紀に進むと思ったら大きなマ違いでござるぞ。物質の世の体のままでは、物質の世界では真釣りの世は創れん。魔釣りで壊した世界はもう戻らん。そなたらが真釣りに生きておりたならば、何の掃除もなくミロクの世界となりたのぞ。神がこ度に世界を変えるのは始めの始めから決まっておったことぞ。神が世界を変えるから、そなたらは身魂を磨けよ。そなたの身魂の掃除、洗濯ぞ。そなたの身魂を神の心にすることぞ。真釣りに戻すことぞ。魔釣りのままではどうにもならんぞ。魔釣りでは世が滅びるばかりであるから、キレイサッパリ真釣りの世に取り替えるのであるぞ。真釣りの身魂でなければ生き返れん世界であるぞ。真釣りに生きればそなたの掃除が進むぞ。そなたがミロクに生き返れば、そなたから見ればミロクの世界が目の前に広がるぞ。そなたが世界を変えるのではないぞ。この方の創った世界にそなたが来るのでござるぞ。そなたから見れば世界が変わったのと同じでござるぞ。そなたが外を変えようなどと申すのは、神を変えよう操作しようとして居るのと同じでござるぞ。世紀の大魔違いでござるぞ。

今の世は、すべてのすべてがコントロールの世となりておるではござらぬか。いい加減にその態度を改めてくだされよ。この方が変えた世界にそなたが行くのでござるぞ。くれぐれも取り違いなさらないでくだされよ。魔釣りのままでミロクを想像して今の世でミロクを創ろうとしてもミロクはできんぞ。ミロクの型を出すのではないぞ。真釣りに生きればミロクの型が出るのぞ。ミロクを出そうとするその心をやめよ。そなたが想像した世界は魔釣りの世界ぞ。相対的善悪の善の世界ぞ。世界を変えようとする態度が、そなたが魔釣りの証であるぞ。至善を知らずに自然を戻そうとなさるからますます壊れていくのでござるのぞ。エコロジーなるまやかしに囚われて居らず、自らの掃除をしてくだされよ。そなたが世界を変えるならばそなたが神でござるぞ。そなたが神ならば、できないことがあることがオカシキことでござるのぞ。そなたは神の中で生かされておるのでござる。この方の申す通りにやれば何の不都合もござらん。今今のそなたが壊した世界は、そなたの今の態度が創りだした世界でござるぞ。そなたの態度をそのままで、外を善くしようとしても善くならん。善悪の善を形にしようとしておるから、ますます悪くするばかりでござるぞ。悪排除して善を創ろうとしてきたから、偏った破壊の世と成ったのでござるぞ。ここに来てまだ続けるお積りなのか。そなたは自殺したいのか。いい加減に目を覚ませよ。

そなたの生き方を魔釣りから真釣りに変えることがそなたがミロクに生き返るただ一つの手段でござるぞ。魔釣りと真釣りは裏表でござる。アベコベでござる。魔釣りから見れば真釣りは非常識ぞ。鬼でござるぞ。悪魔に見えるぞ。冷たく見えるぞ。愛がないように見えるぞ。苦しいぞ。辛いぞ。怖いぞ。痛いぞ。損するぞ。勇気がいるぞ。すべてはそなたが魔釣りに生きてアベコベにしたからぞ。ツベコベ申す者は魔釣りのままでござるぞ。そなたが魔釣りに居るから、取った自分を自分じゃと思って居るから、取られたやられた傷つけられた騙されたと被害者を演じることになるのでござるぞ。そなたがこの方のものを壊しておいて、不平不満を申すとは自分勝手な話でござるぞ。最後の最後は全部お返し頂くぞ。身魂になって責任を取って頂くぞ。そなた自ら掃除をすれば、そなたがしただけこの方はそなたを助けるぞ。そなたが掃除しただけ楽にして差し上げるぞ。

                     立日十

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。