スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話767 数字にこだわるそなたは魔釣りの証ぞ

2013-08-20 Tue : 長谷章宏語録 
この神の申すことが真コトでござるぞ。ミロクもすでに出来て居る。そなたらは出来て居るミロクに向かって歩いておるだけぞ。人間から見たらもう時間がないから、この方がすべてを明かして、この方の計画に合わせてそなたの掃除が進むようにさせているのでござる。いつまでも人間の枠の思考でこの方の申すことを判断して好き勝手をしておると、この方はもうどうなっても知らんぞ。そなたらはこの方のココロの中に居る。そなたが世界を変えようとして居るのはこの方のココロを変えようとして居るのと同じぞ。この方のココロを替えようとしても無駄な抵抗ぞ。この方がココロを替えれば、そなたから見たら世界が変わったように見えるのぞ。調和の神の心を不調和の悪の心に変えようとするなどとんでもないことでござろうぞ。そなたがこの方に抵抗するほど、そなた自身が苦しむぞ。

この方、そなたという身魂を産み生んでから今の今まで、そなたが生まれ変わる度ごとに、三千年の長きに渡って、真釣りに戻せと申してきたのぞ。今までの常識を持ち出して三千年かどうかと探ってもマコトのことは分からんぞ。数字にこだわるそなたは魔釣りの証ぞ。何を基準にこの方の申すことを判断しておるのじゃ。今までの常識がすべてアベコベざと申しておるのぞ。素直に取れよ。もう時間がないから、この方の仕組みは出来ておるから、この方の計画はどんどん進むから、ミロクが近いから、しつこく申さんと間に合わんから、嫌われても避けられても蹴られても罵声を浴びせられても、悪魔だ鬼だと言われて地の底に封じこめられても、悪者になりて、掃除せよ、洗濯せよと、うるさき程に、しつこく厳しく、一人一人のココロに語りかけていたのでござるぞ。魔釣りの神に囚われてアレコレ屁理屈申す者ばかりで素直に聞く者は僅かでござる。自らに都合の善い宗教や哲学を創りて、自らに都合の善い神を創り、自らの魔釣りが創りた悪を避け苦を避け、楽してミロクに行こう等と虫の良いことを申しておる臭き身魂ばかりじゃぞ。

天国に行くことはそんなに甘いものではござらんぞ。元々は天国でござるから、そなたらが真釣りを外さなければ、地獄も大掃除も無かったのでござるぞ。天国から天国に行くのでござるから、何の苦しみも問題もないでござろうが。そなたらが部屋から部屋へ移るようなものでござるぞ。今今のそなたらは、水の部屋の中にある空気の部屋から外に出るようなものぞ。この方は外の水を内に入れて居るのでござるぞ。そなたが泳ぎ方を覚えなければ、そなたは死ぬでござろうが。そなたはまったくアベコベの世に行くことになるから、大掃除が必要になるのでござるぞ。闇から光に出るのでござる。自らの内にこの方の声があることをキレイサッパリと忘れ、外を探す身魂が多いから、御用の身魂を世に降ろし、神示を出して目に見えるようにも教えていたのであるが、悪の仕組みに囚われし者甚(はなは)だ多く、我(われ)善し勝手の取り違い甚だしく、神の真意は一向に伝わらず、手前勝手な神を作り、ますます乱れし世としてしまったのでござるぞ。御用どころか掃除の手間を増やす者ばかりでござる。今度の今度はすべてのカラクリを明かしているのであるから目を覚ましてくだされよ。御用の者は、いつまでも悪の御用をして居らずに、しっかり御用を致してくれよ。この者の為すこと申すことを、よく見て聴いて、真コトの真コトを知ってくだされよ。今ここで改心なければ、もう容赦は致さんぞ。

                     立日十

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。