スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話770 開くの仕組みがミロクの仕組み

2013-08-23 Fri : 長谷章宏語録 
損も得も怪我も病気もお金も食べ物も考え方も音楽も騒音も文句も暴力も殺人事件も地震も台風も火事も喧嘩も、そなたの回りにあるものはすべて、そなたのメグリ相応にこの方がそなたに渡しておるものぞ。そなたの身魂の掃除相応にこの方が渡して居るものでござるぞ。お陰が欲しければ、自らのしたことの結果から逃げるのをやめることでござるぞ。損や怪我や病気やトラブルを避けないことぞ。そなたがこの方の世界を傷つけただけは返して頂かんとそなたはゼロ(調和)には戻れんぞ。そなたが掃除終えればお陰だけになるぞ。お陰が当たり前でござる。お陰に戻るための怪我もお陰でござるぞ。そなたが心に曇った眼鏡をかけて居るから、都合の良いものだけをお陰と申し、嫌なものを排除しておるだけぞ。すべてのすべてがこの方からのプレゼントでござるぞ。感謝感謝でござろうが。

そなたが真コトを無視して魔コトを生きるから、そなたの想うようにうまく行かんのでござるぞ。魔コトで生きればそなたの回りは怖いものが多くなるから、そなたは動けなくなるから、何もできなくなるから、人をコントロールするしかないのでござるぞ。自らが自らに制限をはめて、動けなくして、人を操作するとは、人の責任にするとは、何事でござるのか。魔コトは不調和、真コトは調和。殺人が、泥棒が、横領が、違法駐車が、恐喝が、犯罪が悪なのではござらんぞ。調和乱すのが悪でござる。悪を裁くのが悪でござるぞ。悪くした者を悪く申すのが悪でござるぞ。そなたにメグリなければそなたは悪くはならんぞ。悪くなるのはそなたのルール違反の結果でござるぞ。掟破りのツケでござる。真コトの神の世のルール違反でござる。掟違反ある者は天国に居ることあたわず。掟違反を清算した者から、天国のドアをくぐれるのでござるぞ。

人が人をコントロールすれば調和などござらんぞ。自由などござらんぞ。自分だけ勝手な自由でござる。そなたがルール違反をしたままでは、そなたに天国はないから、調和に戻す仕組みを構えあるのぞ。そなたが不調和を続ければ続けるほどうまくいかんようにして、調和を乱しておることを知らせる仕組みでござる。そなたの不都合は、誰のせいでもなく、そなたが今までしてきたルール違反の結果でござるぞ。そなたが不調和続けるならば、ますます行き詰まっていくぞ。そなたが我欲で、どうあっても、不調和のままで、人をコントロールして手に入れようとするならば、どんどんうまくいかなくなるぞ。そなたが魔コトに生きるならば、真コトから外れるならば、この方は容赦は致さんぞ。この世界のどこへにげようともそなたの身魂はこの方の中ぞ。警察からはにげられるが、この方から隠れることはできんのぞ。そなたは身魂であることを夢々お忘れなさるなよ。悪くなって善くなる仕組み。壊して創る仕組み。開くの仕組みがミロクの仕組みでござるのぞ。いつまでもそなたらの相対二元の善悪の眼鏡で見ておるとどんでん返しを食らうぞ。

                      立日十

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。