スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話803 人生に「失敗」というものはありません

2013-09-25 Wed : 長谷章宏語録 
あなたの選択の基準はひとつだけ
 私の情報を選択するかどうかは、あなた自身に聞いてみてください。あなたの内側の正直な声に従ってすべてを選択してください。自分以外のものに、一切影響されないようにしてください。

 「(他がどうであろうと)じぶんはどうしたいのか?」

 あなたの選択の基準はこの一つだけです。そして、このプロセスの中のすべての場面で、最終的に決断するのはあなたであり、すべての責任は自分自身にあるのだということをしっかりと覚えておいてください。これは、あなたが自分の望む人生を実現していく上で、非常に重要なことなのです。あなたの人生というのは、あなたの創り出した想像上のシナリオを形にして楽しむゲームなのだということをしっかりと理解しておくことが大切です。

この世界では行動することだけが結果を創り出す
 あなたがいるこの世界では、行動することだけが結果を創りだします。考えているだけでは、現実は何も変わりません。良い悪いの議論をしていても、未来をアレコレ心配していても、答えは出ません。誰かの考え方を批判したり、どうしようかと考えたりするヒマがあったら、片っ端から自分の思うところを行動に移すことです。そうすれば、結果の如何に係わらず、あなたが求めていた答えは簡単に得られます。
 「この方法はうまくいくのかな」と考えるよりも、やってみればよいのです。これが人生の面白いところです。時間はたっぷりあります。「行動する時間」をなくすことができるのはあなただけです。「時間がない」と文句を言っているあいだに、行動してください。あなたが持っているシナリオを自由に書き換えながら、それを演じることで、あなたが望むものを一つずつ手に入れていけばよいのです。

すべての出来事は夢に向かう「成功」というステップ
 大事なことは、すぐに結果を出そうとしないことです。あなたのした選択の結果、何が起きようと、何を体験しようと、それは人生という旅のプロセスの一場面に過ぎません。目の前に見えている一つの結果だけを取り出して、価値判断をしないことです。決してそこにとまらないことです。人生に「失敗」というものはありません。大きな視点から見れば、すべての出来事は、夢というゴールに向かって伸びている「成功」というステップの一段なのです。「過去」の階段は、次々に崩れています。あなたという肉体は「過去」という階段を踏みしめることはできないのです。「過去」を見ていても「過去」はありません。「未来」を見ていても「未来」という階段はありません。あなたが踏みしめられる段階は「今この瞬間」だけなのです。

あなたは自分の声だけに耳を傾ければよい
 あなたのしたいこと、あなたの人生を知っているのは「あなた自身」だけなのです。あなたの周りに氾濫しているたくさんの情報の中で、何が真実なのかは、あなたが決めればよいことです。あなたの人生に効果的に作用する情報だけを選べばよいのです。あなたがした選択の結果は、あなたにしか「評価」できないのですから。
 人の形の真似はできても、人のフィーリングの真似はできないのです。あなたに見えるのは形だけです。そして、それには決まった意味はありません。あなたがすることは、自分の声に耳を傾けることだけです。
 あなたの人生は、あなたのものです。あなたは、誰に遠慮することなく、自分がしたいことだけを、正直に、自由に、表現してよいのです。「駄目だ」という自分勝手な発言をする人はほっといてください。言うことを聞いても、その人はどうせ責任は取れませんから。

ナチュラルな人間としていきること
 「最もノーマルな人間」というのは、本当は、「最もナチュラルな人間」のことです。最も正直に自分を表現している人間のことなのです。そして、みんなが何の抵抗もなくそういうことができる社会が、平和な社会なのです。まずは、あなたから始めてください。

あなたは何をしていようと、あなたです。

あなた自身のために「夢」を生きつづけてください。

すべての出来事を、あなたの夢の実現という「大きな視点」で常に見ていてください。

そして、夢を実現してください。

 最後に、「自分とは何か?」ということへの一つの解答として、テレビドラマのナレーションを引用して、筆を置くことにします。


 「僕は今、本当の自分が何なのか分かったような気がする。・・・・・・いや、僕ダケじゃなく人は皆、恐怖も怒りも悲しみもない、・・・・・・まして名誉や、地位や、すべての有形無形のものへの執着もない、ただそこに、たった一人からの、永遠に愛し、愛されることの息吹を感じていたい、・・・・・・そう、ただそれだけの、無邪気な子供に過ぎなかったんだと・・・・・・。」
 (TBS「高校教師」最終回ラスト/羽村隆夫の内なる声より)


 ★あなたの人生を創るのはあなた自身です★

                      アキヒロ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。