スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話812 この世のものを見れば神の仕組みが分かる

2013-10-04 Fri : 長谷章宏語録 
そなたらは、運だ不運だと申すが、運とか不運がござれば、公平ではござらんではないか。この神が、偏った、不公平な世を創りたと申すのか。幸運の女神なる神は、何を基準に幸せに致すのでござろうか。そなたの魔釣りがそなたの不運の原因でござるぞ。運不運があることが不運でござるのぞ。運は一〇〇%運でござる。不運は一つもござらんぞ。そなたが運を無くして居るのぞ。運と申すのは「云(うん)」でござる。2(二)つの6(ム)でござる。66でござる。一二三(ヒフミ)を足せば六でござる。ヒフミが神でござるぞ。三の中に一と二があるぞ。霊心体でもあるぞ。一つでござるぞ。霊が体、神が人に現れておるのぞ。体は霊の、人は神の現れでござるぞ。「有」と「無」は同じぞ。「有」の世界は神の現れじゃと申すのと同じでござるぞ。「無」とは響きでござる。裏と表の神を足せば二つの「ム」でござるぞ。神と人で神世を創って居るのぞ。ムからウを有無(産む)のが神でござるぞ。運は神の道そのものでござるぞ。Aを1としてHIFUMI(一二三)を数字に置き換えて加えれば8+9+6+21+13+9=66でござるから、これも「云」でござるぞ。東洋も西洋も世界すべてをこの方が産み生んだと申すことぞ。この世には神の道しかござらんと申すもの。運を不運に変えるのは、そなたが歩む魔釣りの道でござるのぞ。

これをただの理屈と思ったら、語呂合わせと思ったら大きな間違えでござるぞ。この世が神の現れでござるから、この世のものはすべてのすべてが一つでござるぞ。この世のものを見れば神の仕組みが分かるのぞ。眼鏡が曇りて居るから見えんのでござる。見えない世界を創り出しておるのはそなた自身でござるのぞ。この方の申すこと、この者の申すことをただの理屈として片づければそなたには何も見えないのでござるぞ。手を変え品を変え、一つのことを教えて居るのでござるぞ。表面上の違いにこだわっておると大事な大事な一つが見えんぞ。元の一つが見えたら後はどんどん見えてくるぞ。この方はアレコレと申すが、一つのことを語る方便に過ぎないのでござるぞ。一つ一つに一喜一憂して居らずに、全体を見なされよ。森を見なされ。一つ一つにこだわらずに、全体の要点要旨を取りなされ。そなたが分かったことをその通りにやりなされ。この方の申す通りに見れば、別のものが見えてくるぞ。騙し絵、隠し絵のもう一つの答えを見せて差し上げておるのでござる。両方見えればいつでも両方見えるぞ。両面見て初めて全部見たことになるのでござるぞ。裏も表も全部見て、初めて神が見えるのぞ。そなたの神(紙)を全部引っ繰り返して裏を歩いて見なされよ。神が見えればミロクも見えるぞ。取った者は全部返せよ。

こう申しても、そなたは「難しくて分からん」「難しくてできん」「そうは言っても現実は」等々と申すが、魔釣りの世のやり方にどっぷりつかったそなたには、初めからすべては見えんぞ分からんぞ。初めは怖く見えるぞ。不可能に見えるぞ。そなたがそう見て居る限り、いつまでたってもそのままぞ。今のままでは今のまんまぞ。そなたが分かったところから、そなたが取りたいようにとれば宜しいぞ。そなたが分かった通りにそのまま実行してみなされよ。思うだけでは何もならん。分かっただけではまだ半分。分かったら分かったことをすぐやりなされ。元々が幽霊でござるそなたらに、この世では何も怖いことはござらんから、今すぐ魔釣りをやめて真釣りの道に入りなされよ。やればやるほど見えてくるぞ。もう迷っておる時間はござらんぞ。行じることが掃除の鍵でござるのぞ。失敗して気付けよ。怪我して学べよ。やってから考えよ。肉体怪我して穢(けが)したもの清算ぞ。

                    立日十

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。