スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元つ話1000 ニビルっち 「私は宇宙人」より

2014-04-10 Thu : 神語録 
   「ニビルっち」 私は宇宙人より

宇宙の地球ステーションでミッション遂行中のライトワーカー、ウェイショウアー等の皆さんにシリウス系宇宙人現地球人のティアランさんから励ましのメッセージが届きました。

今地球はアセンションに向けての最終局面を迎えているのですが、ずっと待たされているという気持ちになり、若干テンションが落ち気味の方が散見されるという事です。今こそ皆さんが最大に活躍できる時ですよ!!

そこで、改めてアセンションに向けて気合を入れるために役立つかもしれない情報をシェアして頂けるとの事です。
その情報とは人間のルーツ、何故地球は今こうなっているかという根本に迫る情報で、あまり公には出回っていない情報になります。“何で待たされているのか”という根本原因を解説してもらいますので、何だかモヤモヤしている方には一種のブレイクスルーになるかも? 

私個人としては、人間のルーツが分かったからといってアセンションに向かう気合が変わってくるかどうかは不明です。私はもう既に気合十分の気でいたのですが…違ったのかな?まあ、とにかく人によってはきっと何か響くものがあるから、ティアランさんはシェアしてくれたのでしょう。今ピンとこなくても、もしかしたら明日ズキュンとくるかもしれないし…笑。

では、始めます…。


まず宇宙にはたくさんの星があり、それぞれが宇宙連合という愛を基本方針とした連合に属している。
宇宙連合の最終目標は進化をして神(aka:アカシックレコード・クラウドコンピューター・全ての叡智が入った愛のエネルギー)と統合する事である。いわゆる神と呼ばれるこの知識の集まりは全てと繋がっていて、情報を流したり、吸収したり個々とエネルギーの交換をしながら、そして拡大しながら存続している。宇宙連合はそのあまりの素晴らしさを知っているために神に憧れ、神との統合を目指しているのだ。

しかし、たくさんある星の中でも宇宙連合に属していない星もある、その星はニビル星という。そこに住む種は愛の送受信機が身体に組み込まれていないという特徴を持っていた。彼らの技術力はかなり高く、宇宙船なども作れるレベルなのに愛が無いので、覇権争いなどで星自体が破壊されまくって、自滅に向かっていた。その破壊っぷりはニビル星の軌道が変わってしまうほどで、どんどんと軌道を外れて変な方向へ暴走していってしまったのだ。

宇宙連合としては、そのような星が宇宙をさ迷っていては迷惑なのだが、だからといって”ニビル星を排除しよう”などとはならない。
あくまで宇宙連合の基本方針は”愛”なのでニビル星を更正させる方向で話は進められた。どう更正させるかというと、それはニビル星人に”愛の送受信機”を組み込むしかないという事になった。
宇宙連合が作った愛の送受信機を搭載した地球人と交配させ、ハイブリッドにするという作戦だ。

そこで崩壊寸前のニビル星が“もう住めない状態”になった頃を見計らって近くに“地球”という、住むのに丁度良い星を漂わせる事にしたのだ。その為に地球には自然や食べ物、水、様々な次元など・・・宇宙連合の科学者たちは地球にしばらく滞在し、親のような愛情をかけて完璧な環境を育てて準備しておいた。

いよいよ住めなくなったニビル星から慌てて宇宙船で抜け出したニビル星人たちはしばらく宇宙船上で過ごしていたものの、永遠に宇宙船で過ごす訳にもいかず、手頃な着地地点を探していた、するとな~んと丁度良い所に星が!!! 
それが宇宙連合が用意した“地球”だったのだ。

何も知らないニビル星人(以下:ニビルっち)たちは、地球に着地した。そこはニビルっちが大好きなビル群とか都会な感じは全く無く、自然がいっぱいあって何だか田舎くさい星だったが、他に行くところもないし仕方なく地球に留まる事にした。

するとある日、ニビルっちの宇宙船に訪問者が訪れる。なんと! 地球を用意して育ててきた宇宙連合の科学者の方たちだった。その時始めて到着した地球は宇宙連合の管轄であるとニビルっちは知る。
ニビルっちたちは宇宙連合さんの存在自体は前から知っていた。何だか愛だのワンネスだのダサい事を謳っていて、ニビルっちが持っていない愛の送受信機というのを皆さん搭載しているらしいという事も知っている。自分たちには関係ないやと思いつつも、何だか宇宙連合の皆さんに対しては常に劣等感を感じてしまうのであった。
そんな宇宙連合さんたちが来たって事は、きっと自分たちを追い出す為であろうとニビルっちは思ったのだが、予想に反してそういった話ではなかった。

宇宙連合の科学者さんたちの話というのはなんと・・・地球に住んでもイイよという話だった。

でも、しばらくは地球に住む事は出来るけど、地球の環境が完全にニビルの体質に合うわけではないので純正のニビルっちだと二世代くらいが限界で滅んでしまうとの事。地球に半永久的に住むには、宇宙連合が用意したクローンのような技術で作った原始地球人と交配する必要があるという事だ。

そして地球に住む条件として以下の契約条件が交わされる・・・

宇宙連合が用意した原始地球人には、実は”愛の送受信機”が搭載されているので、ニビルっちが元々持っている技術力と原始地球人の愛をそれぞれ混合して、期限内に宇宙連合の仲間入りができるくらいに、双方の愛と技術両方の水準を高めておく事。

ニビルっちは宇宙連合に対して対抗意識を持っているが、何となく宇宙連合に対する羨ましさもあるし、嬉し恥ずかしい気持ちを隠しつつ、他に行くところもないので、嫌々ながら原始地球人との交配及び愛と技術力の向上の条件に合意をして、地球に住まわしてもらう事になった。

条件の中には、宇宙連合は介入しないという項目もあったのでニビルっちたちは地球に住み、原始地球人たちを育て、自由にやって良いという事だった。

しかし、それまで地球を育成し、親として地球を創造してきた宇宙連合の科学者たちは愛の無い暴力的なニビルっちに地球と地球人たちを託すのが実際とても心配であった。
そんな中、不介入の約束を破って数人の科学者たちが地球人に紛れて地球に残ったのであった。

こうして、地球は3タイプの宇宙人で始まった。
1.宇宙連合の科学者たちが作った宇宙人のクローンのような原始地球人
2.ニビルっち
3.内緒で地球に紛れ込んだ宇宙連合の科学者数人

そうやって地球は始まるが、ニビルっちはそもそも愛がないので原始地球人を馬鹿にして奴隷にして働かせるという始末になる。
でも純正ニビルっちだと子孫繁栄が二代くらいまでが限界と言われたので、最低限度で原始地球人と交配する事にして、後は奴隷として働かせ自分たちは技術力や知識を活かして王族となった。

宇宙連合は介入はしないと約束したものの、視察隊を送り込む事はあった。
その一人が、かの有名なイエスキリストである。キリストは原始地球人が奴隷として働かされている現状を見て驚く、しかも交配は最低限しかされていない、酷すぎるし約束が守られていない。むしろニビルっちは自らのアイデンティティーである残虐性が愛との交配によって失われないよう、残虐な儀式を密かに秘密の神殿で行なっていた。キリストはその秘密の神殿を破壊して抗議した。
その状況を見て自分たちも“殺される~”と恐れたニビルっちたちはキリストを処刑してしまう。

一方、密かに地球人に紛れて残った宇宙連合の科学者たちは身を隠しながら、古代ヘブライ地方で12支族として着々と子孫を増やしていった。彼らは元々宇宙連合の技術者でかなりの知識とサイキックなどの能力を持っていたために権力者側から弾圧されるようになる。
いよいよ弾圧が激しくなるという時に彼らはそれを予知して、約束の地(実は:日本)へと逃げていった。この時、12支族の中で2支族が逃げ遅れた。この2支族は結果的に弾圧され潰され、奴隷や娼婦などにさせられてしまう。(バビロン捕囚)

でも、この逃げ遅れて潰された2支族も、もとはと言えば宇宙連合の科学者たちの子孫、それ故に大変頭が良かったのです。弾圧されて辛酸を舐めさせられた彼らは、今度は悪知恵を働かせてお金儲けに走って行く事になる。その手掛かりとして、まず村などを襲い略奪した金で貸金業を営み始める。そして、資金力を増やしていき、やがて諸国の王族などに対して資金を調達できるまでになり、金を条件に支族の身内を王族と婚姻関係にしたりしながら権力層に食い込んでいった。やがて彼らは領土を持たないけれども、王族や政治に入っていき、国などを影で支配するようになる。そして自分たちだけが優秀な血統であると謳うユダヤ教を作った。
彼らの最終目標は失われた10支族と合流し12支族で自分たちだけの国を建国する事である。この2支族が現在、欧州のユダヤ人(Jews)と呼ばれる人々である。

このように王族となったニビルっちと、元科学者の血を引く、逃げ遅れて潰された後、金融業でのし上がった2支族の子孫たちはどんどん交わっていき、世界の中枢を担う権力を裏で牛耳るようになる。
自分の国を建国したい2支族、自分の星が欲しいニビルっち・・・それぞれ似たような目標を持ったこの混合体がイスラエルを建国した張本人であり、エルサレムを奪還し、ユダヤの神殿の再建を虎視眈々と目論んでいる人たちなのである。

放っておけば、この権力によってその他の人類は抹消される運命である。ここまで来たら宇宙連合との約束なんて知らん。何だかんだ、いちゃもんをつけて約束なんか破ってしまえと彼らは考えている。それで宇宙連合に罰せられる事はない、なんせ”愛”が基本方針の宇宙連合だ。原始地球人の世話を押し付けといて、期限までに人類の技術の水準を高めろなんて冗談じゃないと主張するつもりでいるのだ。

ニビルっちの子孫らは知らないがこの“期限”というのは、軌道を外れたニビル星が地球と再接近する頃に設定されている。宇宙連合はニビル星が再接近する頃までにニビル星人たちが愛の送受信機を搭載し、晴れて自分の星に戻り自分たちの星を再建できたら良いのではないかと考えて敢えてこの時期を設定したのである。

注:ニビルっちたちの歴史認識というのは何か情報源があるのか、なんでそんな昔の事を覚えていられるのか? その情報源は肉体を持たないいわゆる悪魔と表現されるような非物質のミニクラウドライブラリーの状態で存在している。ニビルっちたちはそこにアクセスできる為、過去の歴史は忘れ去られる事無く鮮明なまま、今まで受け継がれてきているのだ。

また、宇宙連合の科学者たちの子孫は知らないのだが、12支族の内の失われた10支族のほとんどはお告げにより日本にたどり着いている。科学者たちの子孫の多くは実は日本人になっている。でも、それを知らない2支族の末裔は金融業から始まって、着々と蓄えた資金力を使ってアメリカを裏で支配している。
そして有能で気に食わないと思った日本に原爆を落としたり、311の人工地震を起こして日本を潰そうとしている。でも、彼らの目標は12支族が再会して共に国を建国する事ではなかったのか・・・。潰そうとしている日本に実は探し求めていた“失われた10支族”の末裔がいるとは知らないのだ。

注:宇宙連合の科学者たちの子孫の末裔はどうやって歴史を認識しているのか、12支族の事は知っているのか、何故そんな昔の事を知っているのか?それは彼らの宗教にもなっているユダヤ教の教えに隠されているからだ。その為に情報は失われずにここまで受け継がれてきているのだ。

ではそれと今の地球のアセンションはどう関係してくるのか?

ようするに・・・ニビルっちたちと科学者の末裔である弾圧された2支族の人々が愛に気付けばアセンションになるのだ。彼らの目覚めを待っている状態が今。

ニビルっちの末裔といっても、相当地球人と交配されているのでもちろん彼らにも“愛の送受信機”が搭載されている。それが着々と作動してきているために、彼らは焦って自暴自棄になっている。どうにか“愛”を打ち消そうとするがもがけばもがくほど苦しくなるのが現状。地球がカオスに見えるのは彼らが愛の中で激しく最後の抵抗をしているからである。

このように人間のルーツは3種類の宇宙人である事が分かったが、結局はそれぞれのDNAは長年をかけて混ざっている。
私たちには原始地球人のDNA、ニビルのDNA、宇宙連合の科学者のDNAそれぞれが様々な比率であるものの、入っているというのが事実だ。
私たちはみんな地球という特別な星を選んで生まれてきた、いわば同胞であり、DNAを分けた兄弟姉妹であるという事だ。その中で今ニビルっち&元科学者側の悪役の方々とライトワーカーのように目覚めている側の方々と、何も気付いていない一般の方々とが混在している。

では、どうしたら良いのか?? 

今目覚めている私たちライトワーカー側の人々は、大多数の何も気が付いていない一般の方々に働きかける事ができる。より多くの方に目覚めてもらう事で地球における愛のエネルギーを大幅に上昇させる事が出来るのだ。その結果ニビルっち&元科学者の方々の目覚めが大いに促されるし、それによってアセンションが早まるという事。

しかし、この肝心要の時期にライトワーカーたちの中には待ちくたびれたと弱音を吐いてみたり、地球のカオスの状態を見てテンションガタ落ちの方もいるようなので、そもそも地球と人類は何故こんな状態になったのかを解説する事で何かのヒントになればと思ったわけです。

ですからライトワーカーのみなさん~!!
今はテンションを下げている場合ではないのです!

“今が皆さんの出番です!!!”

“今こそ自覚のない一般ピーポーの目覚めのスイッチをONにしてあげてください”

”あなたにしかできない方法で地球の眠っている方々を揺り起こしてあげてください”

“これ以上地球に刺激を与えながら人々を起こし続けるのをしていたら地球が壊れてしまいます”

“あなたは何が得意ですか? そのあなたのツールで地球の皆さんを優しく起こしてあげてください”

“思い出してください、そのために地球に来たのではないのですか???”

“出来ないと思わずに、好きなことに飛び込んでいってください、それが直接地球と人類を救います”

“みんなが愛に気が付けば、ニビルっちや、堕落した科学者たちの子孫も劇的に愛の影響を受けますから”

” ニビルっちや、堕落した科学者たちと私たちが歩み寄った融合地点、0ポイント地点がアセンションです”

“アセンションの鍵を握っているのは私たち一人一人の愛のエネルギーです、愛が愛を呼んでどこまでも広がるのです”

どうかこのメッセージが何かしらのお役に立つことを願っています。


ティアラン&じゅん***

「私は宇宙人」についてはこちら

http://japonese.despertando.me/「私は宇宙人」%E3%80%80のご紹介/

深刻な社会問題

2014-03-27 Thu : 神語録 
「ソウルカメラのブログ」より

働かざるもの喰うべからず????
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「働かざるもの喰うべからず」

これ、「誰」が言ったことなのでしょうね?

「神」は言っています。
「そんなこと、ひとつも言った憶えは無い」と。

では誰が最初に言ったのか。
「奴隷の主人」に決まっているではないですか。

    深刻な社会問題



新年の始まり

2014-03-07 Fri : 神語録 
2014年03月07日

日本時間3月6日11時22分〜セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン) 2014年3月6日


日本時間3月6日11時22分〜セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)

2014年3月6日

こんばんは、私はセイント・ジャーメインです。

この日が完了するとともに「新地球」が始まることが出来ます。詳細は語られることになっていません。

ある人達は新しい意識を感じているか、体がそれとの同期に入っているのを感じています。他のある人達はアセンションの新定義を共同創造しています。アセンションは事前の警告なしでやって来ます。用意周到でいてください。しかしこの日付は集団アセンションについてのことではありません、もっともある人にはアセンションである場合はありますが。集団アセンションが起こるその時は、私の名のもとに呼びかけを受けていることはないでしょう。

明日、さらに。

I AM THAT I AM (私は私である者/在りて在るもの)

高次元マスター セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)

*** アルーナからの注。私のこの体は今日、エネルギーに満ちていました。なんというか、振動数が2〜3桁上がったような感じです。浮いているようであり、頭の先から爪先まで、強い疼いている感覚がある感じです。

http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.jp/2014/03/march-6-message-1122-japan-time.html

翻訳 ソウルカメラ

  「新地球」が始まることが出来ます


緊急メッセージ

2014-03-05 Wed : 神語録 
 こんばんは、私はセイント・ジャーメインです。

私達は今、もう一つ別の統制権の交付をもって「地球」にエネルギーを与えるつもりです。詳細をお伝えすることはしません。3月6日木曜日に、私達はあなた方の注意を必要としているでしょう。心を澄み切らせて注意を払ってください。私達の呼びかけを聞くことが出来る人達は、答えるように求められます。私達の呼びかけを前もって告げられている人は誰もいません。私達が呼びかける時には、一刻も無駄に出来ません。すぐに答えてください。


これは、あなた方の集合意識を変えることでしょう。

どうか共有してください。

I AM THAT I AM (私は私である者/在りて在るもの)

高次元マスター セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)

*** アルーナからの注:非常に長い中断の後、セイント・ジャーメインが今日私のところにやって来まして、このメッセージを出来るだけ目につくようにするよう頼まれました。何が意味されているのか私には分りませんし、3月6日に何を聞いていることになるのかも分りません。

http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.jp/2014/03/urgent-message.html

翻訳 ソウルカメラ

    緊急メッセージ



元つ話948 バーソロミュー(悟りを開いた人というのは・・・)

2014-02-17 Mon : 神語録 
 バーソロミュー(チャネル/メアリーマーガレット・ムーア)
   大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ 
                (訳)ヒューイ陽子

(P39-40)
 悟りを開いた人が高徳であることはとてもまれです。むしろ、悟りを開いた人というのは、良識からはずれた変わり者のことが多く、気が狂っていると思われたりします。なぜ悟りを開いた人が気が狂っている人に見えたりするのかというと、悟りを開いた人は、自分の心のおもむくままに行動し、まわりの人の反応にこだわらないからです。人間そのものになりきる能力を持っているのです。自分が悟りの境地にどれくらい近づいたかどうか、次のように自問するとわかります。「状況がどうであっても、どう見えても、自分のまわりの人間が本人が望むがままでいることを、私はゆるしているだろうか?」
 悟りというのは、すべてはただ「一つ」であるということを、理解することにほかなりません。ここでは善とか悪とかは何の意味も持ちません。自分のほうがすぐれているとか、自分のほうが精神性が高いからといって、まわりの人間を拒否する人は、“大いなる一(いつ)”(すべてであり唯一である存在)の一部から自分を切り離しているのです。まわりの人も出来事も、自分の一部であることを認め、受け入れることができますか。あなたは「高徳」な人格から抜けだして、怒ったり、いきどおったり、やきもちをやいたり、そのほかの醜い感情を感じることができますか。成熟した存在というのは、自分のなかにあらゆる感情エネルギーの引力を感じとりながら、特定の感情エネルギーに従うかどうかの選択ができる人です。そこに選択肢を見ることができる人です。
 何かに怒る、などという否定的な反応をすることができない人は、人生を生きていないと私は断言します。そういう人は、まやかしの人生観を持つことによって、自分のエネルギーがずいぶん失われていることがわかっていないのです。自分はこうあらねばならないとか、こうしてはいけないとか、こういう生き方しかしてはいけないと言ったりすると、その人の命は止まってしまいます。肉体は時間と空間のなかを動いているかもしれませんが、その人のエネルギーは止まり、エネルギーの流れを感じることができなくなってしまいます。どんな感情も起こらなくなります。その人が自分のなかの振り子が左右に揺れるのを受け入れたときに、ようやくその状態から抜けだせるのです。
 両極のあいだを、自由に行ったり来たりできるようになると、人生のすばらしさはまさにその動きそのものにある、ということがわかります。人生の喜びやすばらしさやパワーは、人生の出来事によってもたらされるものではありません。人生に起こる様々なことすべての動きのなかに、移り変わりのなかに、一瞬として同じではないその変化のなかにこそ、人生のすばらしさがあるのです。感動と驚きに満ちた「命の躍動」のなかに、喜びはあります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。